車オーナーには、車検のときに自賠責保険が強制されます。

 

車検を受けていない車は公道を走ることが出来ませんから、言い換えれば公道を走るためには必ず車検が必要=自賠責保険を取得しなければいけません。

 

このことが、自賠責保険を強制保険といわれている所以でしょう。

 

ただ、この自賠責保険だけでは、有事のときには不十分なのをあなたはご存知ですか?

 

知っているという方も数字の確認をしてもらえたらと思います。

自賠責保険は対人補償3000万円まで

最近は数億円という賠償規模が珍しくありません。

 

そのため、自賠責保険の保証金額は3000万円までで、これでは不十分なケースがほとんどです。

 

そして自賠責保険では対人補償だけしかありませんので、対物補償に関しては自腹での支払いとなります。

 

対人の補償となった場合には高額になりますが、実際によく発生する賠償は対物が多いのも事実。

 

このときに自賠責保険では出費に備えることが出来ませんね。

自動車保険は必ず加入したほうが良い

残念ながら公道で車を運転して何か有った場合の責任というのは重く規定されています。

 

例えば自転車や人が悪くても弱者優先の倫理で、多くの場合には車運転者は何かしらの賠償をすることが多いです。

 

明らかに故意で無いのなら、このようなことは普通に起こります。

 

弱者優先は何も車と歩行者だけではありません。

 

車とミニバイクの場合にも当然、なぜか分かりませんが車のほうが何かと重くなりやすいようです。

 

実際に私もミニバイク運転中に一時不停止の2tトラックにバイク前輪を踏み潰されましたが、警察などの対応は私寄りだったことを覚えています。(もちろん、トラックの一時不停止が明らかだったこともある)

 

このように、車を運転するとあなたは被害者であるのに、加害者のような扱いを受けることが少なくありませんので自動車保険は必須といえるでしょう。

 

コラム:保険に入るは間違えだった!?

ところで、保険に入るという表現を多々見ますが、実際は保険商品を買うということを意識したほうが良いでしょう。

 

入るというと何かの団体に加入しそうですが、実際のところは何かのイベント(自動車保険については交通事故)によってお金が支払われる商品、遠からず近からず宝くじみたいなものです。

 

そのため、別に保険商品が気に入らなかったら他を買えばよいので、必ず用意されたものに「入る」必要はありません。

自動車保険は安いことに越したことは無い

先に誤解されると困るので申し上げておくと、同じ補償内容であるならば安いほうが良いということです。

 

つまり、補償内容はあなたが必要な分だけ必要です。

 

多くの方は対人無制限補償で、対物は1億~3000万円ほどという方が多いのではないでしょうか?

 

これら同じ条件で比べたときには、安い保険を選ぶのは大切です。

 

先ほども申し上げたように自賠責保険だけで足りないのでは、任意保険を買う必要があります。

 

毎月決まった額が支出しますから、少しの違いが生涯においてかなりの違いを生むでしょう。

 

そのため、自動車保険をどうするのか、つまりは代理店を通すのか、それともインターネットで直契約するかどうかは最初の時点で決めておいたほうが良いでしょう。

 

前者は高いが何かとアドバイスを受けられる、後者は安いが自分で保険設計をしなければならないという点があります。

 

ただ、保険設計をするといってもただ補償内容などの条件を入力した後で金額が勝手に試算されますので、それほど難しいものではありません。

 

車の出費についてどうでも良いという方以外は、保険商品の比較については絶対に行ってください。

 

最近はロードサービスなどをつけている保険業者も増えてきて差別化しているはずがただ複雑化していて選ぶのが大変ですが、最終的には価格で選べばよいと思います。

 

以上、「【自賠責だけでは足りない!】任意自動車保険に加入する理由」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<