最近は自動車保険にロードサービスを付帯したものが多くなっています。

 

チューリッヒやソニー損保など顧客満足度が高いといわれている保険ではロードサービスが付帯しています。

 

今までロードサービスといえばJAFでしたが、保険で済むならJAFに加入しなくて良いと考えている方も多いのでしょう。

 

ただし、JAFにも良いところがあります!

 

今回は最近は保険のロードサービスで済ませる場合が多いこのサービス、本家のJAFはどうなのかというところをみていきたいと思います。

まずはJAFの料金など基本情報

JAFといえば日本におけるロードサービスのパイオニア(先駆者)で50年以上の歴史があります。

 

入会金2000円の年会費4000円でクレジットカードによる支払いも可能です。

 

あまり手の掛からないパンクであったりバッテリーであったり、山奥離島でなければ無料のサービスも多いのが特徴です。

 

近年、自動車保険がロードサービス付帯を始めたことで競合が始まっています。

 

後に書きますが、JAFの車は非常にぼろいのでそれを入れ替える機会を逃したかもしれません(笑)。

自動車保険は車両に対して適用、JAFは?

自動車保険の場合は対象となっている車にロードサービスの適用があります。

 

対して、JAFの場合にはその人が加入しているものですから、他人の車に乗っていても家のセカンドカーに乗っていてもロードサービスを使うことが出来ます。

 

保険のロードサービスで足りるというのは当然ですが、JAFは入っていると適用範囲が広いのでいざというときに役にたつ・・・かもしれません。

 

どうでもよいことですが、「猫は家に、犬は人に懐く」とかいわれていますが、この場合JAFは犬になるのでしょうか(笑)。

JAFは年間利用回数が無制限

正直これって差別化になるのでしょうかね。

 

年中車が故障してロードサービスを受けているというのは、オーバースペックな気がします。

 

もちろん、降雪が多い地区ならかなり使えるでしょうけど、たいてい面倒な作業は無料ではなく有料になるケースがあります。

 

それでも、何度もロードサービスを利用しなければいけない地区に住んでいる方なら自動車保険のロードサービスよりもJAFなのかもしれません。

 

都市圏に住んでいる方は、人の車に乗ってもロードサービスを使うお人よし以外はあまり良い特徴ではないでしょう。

 

ちなみに保険では何かと利用回数が制限されたりレッカーの移動距離に制限があったりと、ここがロードサービスをメインで提供しているJAFと違うところですね。

 

しかしながら、たとえば多くの保険会社ロードサービスはレッカーの距離100kmまで無料などの制限がありますが、果たして100kmを超える距離をレッカーでお世話になるような状況が日常に存在するでしょうか。

 

日ごろから中長距離の移動をしていなければまず無料の範囲内で収まります。

 

つまりは、JAFのサービスは悪いものではありませんが、実質的な問題としては車のヘビーユーザー以外は気にする必要もないほどの制限なのかもしれません。

 

JAFの不思議:なぜ車が古いのか

先にいっておきますが、このコラムに結論はありません^^;

 

JAFのロードサービスを呼ぶと、なんでこんな古い車が来るんだ!と思うことありませんか?

 

世代的なところでいえば3世代前、つまりは20年以上前の車をよく見ます。

 

車を大事に乗っていますよという主張なのか単純に予算が無いのか・・・

 

JAFの車を見るといつもなぜという疑問に駆られます。

JAFを使ったほうが良い方・保険でも良い方

JAFを使ったほうが良い方は、ロードサービス利用回数が無制限というところで保険との違いがあります。

 

  • 車に詳しくない方
  • 積雪が多い地区の方
  • 故障し易い外車に乗っている方
  • 人の車に乗ってJAFを使いたいお人よしな方

 

自動車保険のロードサービスは利用回数が制限されますので、何度もロードサービスを使う可能性がある方は、JAFのほうがよいということになります。

 

特に最初のうちは脱輪や、車がとまってしまったら何かと不安になるもの。

 

そんなときに回数無制限であれば気前よく使うことが出来ますね。

 

車を乗り始めて「あれ!?エンジンが掛からないぞ!」なんてときに困るときがありますが、たいていオートマトランスミッションの「P」にギアを入れていないなんていうようなことばかりです。

 

これでロードサービスを呼ぶのも来るほうは大変かもしれませんが、当事者としては非常に困ったことになります。

 

多分JAF側でも電話だけで解決できる案件でしょうけど、電話で相談できるのは非常にありがたいですよね。

 

逆に保険でも良い方は車に詳しいというよりは、止まったとしてもそれなりに解決策を探すことが出来るような方で、何度もロードサービスを使う可能性が少ない方でしょう。

 

ここ数年間で、ロードサービスを使ったことが無く、ロードサービスの利用がこれから増えるわけでもない方は保険で大丈夫でしょう。

 

JAFに入っていれば安心ですけれども、自動車保険でも賄えるならわざわざ使う必要はありません。

 

ちなみに、自動車保険のロードサービスは会社によってサービス内容が異なります。

 

嬉しいことにチューリッヒが比較表を作ってくれていますので、こちらを参考にしてもらえたら分かり易いでしょう。

 

もちろん、チューリッヒが作っているだけあって、同社よりな内容にはなっていると思います^^;

 

⇒チューリッヒ公式:他者とのロードサービス比較表

 

以上、「【JAF?保険?】ロードサービスはどちらが良いか」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

あなたは、毎月余計にお金を払って
損をしているかもしれません!

自動車保険は、補償内容は同じでも会社やタイミングによって保険料が異なることをご存知でしょうか?

 

払いすぎている保険料は、見直しすることで節約することができ、平均3万円ほど、また5万円以上節約できる場合もあるから驚きですよね!

 

あなたが自動車保険料について節約したいと考えるならば、定期的な試算をすることをオススメします。

 

試算方法を確認する【利用無料】

自動車保険バナー

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】