自動車任意保険をサービス内容で比較しました

自動車保険はどれも同じなんて思っていませんか?

 

実は私、そうおもっていました。

 

どれも同じなら安いほうがよいでしょうということですね。

 

しかしながら安いのも大切なのですが、ぜひ皆様には特徴ある保険を知って欲しいのです。

 

他ページでチューリッヒの充実無料ロードサービスについて説明させていただきました。

 

⇒当サイト別ページ:チューリッヒの自動車保険がすごいへリンク

 

今回はチューリッヒ以外の特徴ある自動車保険の比較となります。

事故対応の良さで高い満足度:日新火災「ユーサイド」

事故があると当事者同士、なにかとギクシャクしますけどそんなときに頼れるのが保険屋ですね。

 

しかしながら、保険会社によってその対応はかなり違いがあります。

 

私が相手一時不停止でバイクをトラックでひかれたときの保険会社の対応は最悪でした。

 

そんななか、満足度が高い対応をとっているということで人気を博しているのが日新火災のユーサイドです。

 

事故対応はもちろんのこと、日常的にも対応が良いということで評判ですね。

 

対応がよいことが必ずしも良い保険会社とは限りませんが、対応が悪い会社は悪い保険会社と思われても仕方ないでしょう。

 

先ほど申し上げたように事故があると当事者同士、ギクシャクしたものになりますからそんなときにしっかり対応してくれる保険会社が間に入ってくれればお互いにとって良い結果になる場合も少なくないでしょう。

 

保険会社の事故対応の満足度は軽視できないものだと思います。

ユーサイド保険詳細

年間保険料:各種条件による

 

主な特約:交通弱者補償特約・対物超過修理費特約・車両新価保険特約・代車特約・ファミリーバイク特約など

走る分だけの保険料:ソニー損保「自動車保険」

最近は車に乗るのは限られた時間だけという人も少なくないでしょう。

 

それに対して、自動車保険というものは月単位や年単位で必要なものです。

 

使う時間や距離は限られているのに車庫で動いていない時間も保険料が取られるのは合理的とはいえませんよね。

 

そういったことを解決してくれるのがソニー損保の自動車保険となります。

 

この保険は走る分だけ保険料を徴収するという画期的な保険となっています。

 

車がリスクにさらされていない時間をしっかり削減してくれるというのは保険会社の利得を放棄しているようなものです。

 

しかし最近のライフスタイルの変化にしっかり対応してくれるのは非常にありがたいところですね。

 

会社の名前自体が保険のブランドとなっているのでしょうか。

 

ソニー損保の自動車保険は価格的に有利なものが多いです。

 

またロードサービスも充実しています。

チューリッヒとあわせてオススメしたい保険ですね。車を使うのが限定的ならこちらもとてもオススメです。

ソニー損保自動車保険詳細

年間保険料:各種条件による

 

主な特約:搭乗者傷害特約・おりても特約・自動車事故弁護士費用特約・新車買換特約など

割引:インターネットからの申し込みで初年度8000円引き

自動車保険の老舗ブランド:損保ジャパン「ONE-Step」

自動車保険といえば損保ジャパンというほどの知名度です。

 

もちろん、知名度が高いだけでなくそのサービスは熟練されたものとなっています。

 

というのも拠点数が日本トップクラスなのでスピーディーな対応が期待できるのです。

 

特約では、日常の損害賠償義務を負った場合の保証など出来るものもあります。これがなんと示談交渉までついています。

 

とりあえず自動車保険を選びたいけど、どこにするか決めてないという方なんてオススメかもしれませんね。

 

まずは・・・で選んでしまっても良いといえる内容でしょう。

ONE-Step詳細

年間保険料:各種条件による

 

主な特約:車両無過失事故に関する特約・搭乗者損害特約など

 

割引:福祉車両割引・エコカー割引・新車割引など

40代から50代専門自動車保険:セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」

この保険について特徴は2つあります。

 

まず40代~50代の事故率は低いので保険料が比較的安く済むところに着眼してそれ専用の保険を作っている点ですね。

 

さらにこれだけではありません。

なんと子供などの家族が運転しても極端な負担がないということです。

 

なんとも理由はわかりません。子供が運転するというのは保険会社にとって非常にリスクのある行為ですから、ここは価格をあげたいところですが、あまり変動がないということですね。

 

他のページで紹介している等級引継ぎみたいなものなのでしょうか。

 

とにかくは、40代から50代の方にはぜひ一度考えて欲しい保険であることは間違えありませんね。

 

子供も運転する場合にも考慮されていますので安心して使うことが出来そうです。

おとなの自動車保険詳細

年間保険料:各種条件による

 

主な特約:搭乗者傷害特約・個人賠償責任特約・弁護士費用特約

 

割引:インターネットからの申し込みで初年度1万円引き

保険業界最大手:東京海上日動「トータルアシスト」

東京海上日動といえば保険業界の最大手ですね。

 

そんな大手の自動車保険、最大の特徴は車両無過失事故に関する特約でしょう。

 

これは過失がない事故で相手が分かっているものなら等級が下がらないノーカウント事故にするというものです。

 

保険は性質上、過失が少なかったりなかったりしても等級が下がってしまうという性格があります。

 

ただし、事故としては過失がないのになぜか損をするという状態はどうしても保険の満足度を下げる原因となっていますね。

 

対して、トータルアシストの特約ではそれを解決しています。

 

さすが、業界大手だと思わされる特約だと思います。

トータルアシスト詳細

年間保険料:各種条件による

 

主な特約:車両無過失事故に関する特約・個人賠償責任特約・レンタカー費用補償特約

 

割引:他ジャンルの補償加入で割引

驚きの1日単位ワンコイン保険:東京海上日動「ちょいのり保険」

最近は車に乗る機会も減ってきた、そういう方にオススメなのはソニー損保でしたが、こちらはさらに少ない期間で有利です。

 

ケースとしては友人に車を借りて、1日だけ保険に入りたいという要望は少なくないでしょうがなかなかそういったことは難しかったのです。

 

そのため、保険が付かない車はどうかと思って結局レンタカーにするという場面も少なくありませんでした。

 

そういったことを解決できるのが東京海上日動のちょうのり保険ですね。

 

この自動車保険の特徴は2つです。

 

まず1日500円の保険となっています。これで1ヶ月となると割高なところですが、1日ピンポイントで保険が買えるのは非常にありがたいですね。

 

それでも対人対物は無制限補償となっていますからしっかりとした保険であることは間違えありません。

 

1日1000円のものであれば車両保険もつけられます。

 

これで友人から借りた車もある程度ではありますが気軽に運転できるというものですね。

 

そして2つ目の特徴はなんと携帯電話から簡単に申し込める点です。

 

これってすごくないでしょうか?まさしく保険革命といえるでしょう。

 

ところでどうでもよいことなのですがこの保険のネーミングセンスはどうなのでしょうか。

 

ちょいのりというのは二輪車製造販売メーカーのスズキから原動付自転車としてそんなバイクは発売していたのですが・・・

 

その名前に感化されてつけたのでしょうか。

ちょいのり保険詳細

保険料:1日500円(車両保険付きは1日1000円)対人対物補償は無制限

 

特約:搭乗者傷害特約(一時金1000万円)・自損事故傷害特約

 

※ロードアシストと事故現場アシスト付

東京海上日動グループのダイレクト型:イーデザイン損保「自動車保険」

実は東京海上グループのイーデザイン損保ですが、この自動車保険はダイレクト型となっています。

 

業界大手のダイレクト型ということで、価格が安いながらも対応はしっかりしているというなかなか内容です。

 

こちらも保険名は自動車保険とシンプルですね。

 

イーデザイン損保という会社名とあわせてのブランドなのでしょう。

イーデザイン損保自動車保険詳細

年間保険料:各種条件による

 

主な特約:育英費用特約・ファミリーバイク特約・車両新価保険特約・対物超過修理費用特約

 

割引:インターネットからの申し込みで初年度1万円引きなど

特徴のある自動車保険を比較まとめ

長々と書いてきましたが、最後に簡単におさらいをしますね。

 

まず事故対応がすばらしいのは日新火災のユーサイドです。

 

私は酷い対応を受けたことがありますので、対応が良い保険会社というとちょっと安心できるイメージです。

 

保険会社には2回お世話になりましたが、損保ジャパンの対応はすばらしかったのでこちらも書いておきます。

 

車を使う機会が少なく、特に距離が短いならソニー損保がオススメですね。

 

合理的な保険料徴収は好感が持てますし、安価で済ますことが出来るでしょう。

 

ロードサービス充実も嬉しいですね。

 

損保ジャパンは老舗だけあって、なにかと頼れます。

 

先ほども申し上げましたが私がお世話になったときの事故対応はすばらしかったです。

 

安心してお付き合いできる保険会社でしょう。

 

おとなの自動車保険については40代から50代の方は絶対他の会社と比較してみましょう。

 

リスクの低い世代のために作っている商品ですから他よりもお得なことが多いと思います。

 

トータルアシストは大手保険会社の東京海上日動のものですので安心して加入できますね。

 

特に他の保険との兼ね合いで割引などがある場合には積極的に使っていけばよいと思います。

 

ちょいのり保険は画期的な保険です。

 

友人から車を借りるというのはよくある話ですがそのときの保険というものは気になるものですね。携帯電話から簡単に加入できるので、ドライブも安心していけるでしょう。

 

イーデザイン損保自動車保険はダイレクト型なので業界大手の保険に加入したいということでしたらよいと思います。軒並みに高い評価の保険です。

 

以上、「自動車任意保険をサービス内容で比較しました」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • チューリッヒのスーパー自動車保険はロードサービスが無料!
    保険のジャーナリストも納得の内容、それがチューリッヒの自動車保険です。   この保険はダイレクト型であり、外資系なのに日本でも知名度は非常に高いものですね。   テレビCMでなにか…
  • 自動車保険を安くしたいときの小技
    自動車保険といえば、一般に人身事故の賠償金額を考えると車を保有するならば加入することが勧められているもので、保険会社のセールストークであるとしてもあながち無視できない現実でしょう。   とは…
  • 自動車保険の相場はあなた次第の理由
    自動車保険の相場といえば、年齢で決まっているような気がしますよね?   ただ、実際にこれは要素であってすべてではありません。   つまり、保険料の相場はさまざまな要素で決まるわけで…
  • 車の保険料が高いなら車を売ることを検討する
    自動車保険料は車維持費の中でも3本の指に入る高額支出です。 最近ではダイレクト型のテレビCMが良く流れていますね。 代理店型の方は少しでも安くなるのではないかと考えていると思います。 今回は根本的に保…
  • 【自賠責だけでは足りない!】任意自動車保険に加入する理由
    車オーナーには、車検のときに自賠責保険が強制されます。   車検を受けていない車は公道を走ることが出来ませんから、言い換えれば公道を走るためには必ず車検が必要=自賠責保険を取得しなければいけ…