車の買い替えたときには、古い車で使っていたETC関連のアイテムを使うことはできるのでしょうか?

 

高速道路の料金所では、自動でゲートが開くものですからなにかエラーがあって開かないとあっては大変です。

 

今回は、車を買い替えたときのETC関連について確認していきたいと思います。

車を買い替えてもETCは使える

せっかく買ったETCの車載機やETCカードなどは新しい車でも使うことができます。

 

ただし、ETC車載機に関してはセットアップが必要になります。

 

セットアップとは何かといえば、車種など車情報の登録です。

 

実質的には乗用車はそれほどサイズが変わりませんから、セットアップしなくても致命的な問題にはなりませんが、形式上や管理上しなければいけない状況になっています。

 

実質的な問題が起こる極端な例としては、大型トラックについていたものを乗用車につけることや、その逆も問題が生じるということになります。

 

また、これはちょっと考えすぎかもしれませんが、セットアップは出来る業者が限られているので、もしかすると利権などもかかわってくる話かもしれません。

 

そのため、基本的には車買い替えでETC車載機はセットアップ作業を必要とするのです。

 

なお、ETCカードについてはそのまま利用することができますので問題ありません。

セットアップ方法

車載機のセットアップは、自分ですることができません。

 

そのため、セットアップを行うには許可された業者に依頼することになります。

 

セットアップは2500円~3000円前後で行うことができ、ディーラーや大手カー用品店などで依頼することができます。

 

なお、セットアップには主に車体の寸法などが記録されるため、似たような大きさの車なら特に大きな問題にはなりませんが、料金所の性質上や今後高速道路の料金徴収がどのようになるのかわかりません。

 

日本の高速道路があまりにも高額すぎて、不正をする人が増えたことからセキュリティー強化の名目でこのような構造になっているのでしょう。

 

安全面や法的安定を考えるなら絶対にセットアップはしておくべきです。

ETCカードはそのままでOK

車載機についてはセットアップを必要としましたが、ETCカードはそのまま使うことができます。

 

車を買い替えても特になにかする必要がなく、ただどこから料金を徴収するのかというところで必要になるのがETCカードです。

 

そのため、盗難などされると大変なことになりますから、ETCカードを車内に残してしまうようなことは無いようにしましょう。

旧車載機は売っても大丈夫?

ETCの車載機が余った場合にはネットオークションなどで売ってしまっても大丈夫なのかは難しいところです。

 

車載機のセットアップには、主に車検証の情報が使われているために自動車登録番号(ナンバープレートの番号)などが記録されています。

 

正直、ETC車載機に残った情報を不正利用すると言う人は少ないでしょうけど、料金徴収のたびに旧使用者のナンバー情報を取得されるのはどうかと思います。

 

国家防衛として、ETCの情報が利用されるのならば、なにか面倒なことに巻き込まれるケースも否定できません。

 

現状、見る限りだとそういった問題は発生しているように見えませんし、車載機販売側もなにか制限を加えているわけではありませんが、ETC車載機を売るのならこのようなリスクがあるということを知った上で行うようにしましょう。

 

以上、「車を売ったときのETCはどうすればよい?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス