オニキス(ONIX)といえば、どちらかというと車を販売するときの融資などで有名ですね。

 

おそらくは金貸しというよりもリース業者といったほうがしっくりくるかもしれません。

 

そんなオニキスも車買取をしていますので、こちらではオニキスの評判について3つにまとめました。

 

  • 販売にも強い業者は特定の条件で買取金額が良い場合あり
  • 大手ほど買取実績はないのでサービスについては未知数
  • ほとんどは看板を借りているフランチャイズ

 

一番最後に書いたフランチャイズであることは、オニキスの評判を考える上でとても重要です。

 

車買取業者オニキススクリーンショット

 

これらの要素を考えながら、オニキスの評判を詳しく見ていきましょう。

オニキスは店舗間でサービスにばらつきがある

オニキスはフランチャイズであり、看板を借りているような状態ですから、その実態は中小の車屋であることを考えると、オニキスの評判を考えても意味がないかもしれません。

 

もちろんアップルのようにフランチャイズであっても、サービスについて徹底して管理している場合は話は別です。

 

しかしながら、後にも話しますが取引数が少ないのでそれすらも確認が難しい状況です。

 

ただ、車買取業者はサービスが良いことが良い業者の条件ではありません。

 

車を売るわけですからできれば高く買ってほしいですよね?

 

次にお話しするのは車を高く買う業者なのかということです。

中間マージンカットはどういうときに役立つ?

中間マージンのカットは、ある程度大きな業者であればどこも言っていますが、実際のところユーザー側からすればなんとも言えないのが現状です。

 

というのも、車を売るときには質が良い車を常に売れるとは限らないからです。

 

この中間マージンカットについて少しお話ししましょう。

 

車買取業者は車を買い取った後にすぐに業者オークションで車を換金しますが、中間マージンをカットするというのは、このまま自分の店でその車を売ることです。

 

実は業者オークションで車を買うのは中古車屋であり、ここで流通させる手間や経費、ほかの業者がとる利益分をカットできるというのが、「中間マージンのカット」というわけです。

 

ここで賢い方なら気が付いたと思いますが、そもそも自分の店で売ろうとする中古車が、多くの場合に売られる中古車の質でマッチするかどうかです。

 

基本的に買い取った車をそのまま店で売るような場合には、相当状態が良い車でなければいけないのです。

 

誰も7年落ちや走行距離10万㎞の車を喜んで買いませんよね?

 

こういうことですから、多くのケースでは基本的な流れである業者オークションで換金される運命となるわけで、このことは売る車を選べないということに直接かかわってきます。

 

結論として、良い車を売るならば査定額は期待できるかもしれませんが、普通の質では大して期待できないでしょう。

 

つまり、高い査定額が付くかどうかは、確かに質が高い車ならば直販で高く買うかもしれませんが、普通はそうでもないといえますね。

オリコンの満足度では番外だが点数は良い

車買取業者の評判で中立的な意見が見れるのはオリコンの満足度ランキングです。

 

オリコンといえば多くの方はCDの売り上げランキングでおなじみかもしれませんが、実は売り上げを見るだけの会社ではなく、それらの情報を調査する会社なのです。

 

車買取業者についても調査がされていて、オニキスの評判を見てみるとなんと・・・番外でした^^;

 

しかしながら、これは取引数が大手業者ほどではないために番外になりましたが、満足度の点数としては大手業者の中間ぐらいに位置しています。

 

初めのほうでお話ししたようにフランチャイズですから、店や担当者によってかなり変わってくるわけですが、満足度が高かったという報告については素直に受け止めてもよいものです。

オニキスの会社情報

オニキスの会社情報です。

 

特に事業内容と運営ブランド、加入団体については見てほしいと思います。

 

名 称 株式会社オートコミュニケーションズ
本 社 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-3-1 損保ジャパン日本興亜五反田ビル5階
TEL 03-5475-7131
FAX 03-5475-7135
設 立 1991年(平成3年)2月
資本金 2,500万円
事業内容 自動車販売店の加盟店「オニキス」募集、及び加盟店の販売促進支援、ソフトバンク移動体通信機器販売業務
運営ブランド
  • 新車に半額で乗れるオートローン「新車半額 ワンナップシステム」
  • 新車に月々1万円から乗れるマイカーリース「新車1万円 フラット7」
  • 車検が最短45分で完了する「High Speed & Low Price ウルトラ車検」
取引銀行 みずほ銀行 世田谷支店、東京三菱UFJ 銀行三軒茶屋支店、三井住友銀行 渋谷駅前支店、りそな銀行 日本橋支店
関連会社 日昇自動車販売株式会社
加盟店数 グループ全体 237店舗(2017年12月現在)
加盟団体
  • 社団法人自動車公正取引協議会
  • 一般社団法人日本自動車流通研究所(JADRI)
  • 一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)

 

オニキスの運営については、当然といえば当然でしたがソフトバンク関連の事業も運営しているようです。

 

運営ブランドはおなじみのローン関連のものから、ほかにも車系のブランドが確認できます。

 

加盟団体についてもJADRIに加入もしていますし、この辺りを見てわかるようにオニキスは一般的な車買取業者と判断できますね。

オニキスで車を売るのはあり?なし?

最後に結論としてオニキスで車を売るのはありかなしか、という点ですが十分にありです。

 

ただし、中間マージンカットの話は途中でしたと思いますが、そのことをよく考えたうえで選ぶ必要があります。

 

つまり、市場で価値があるような車の場合、そして質が高い場合には直販する可能性があるので強気に査定交渉をするとよいでしょう。

 

また、そうでない車の場合には査定額が伸びにくいのでオニキスに売ることをこだわる必要はありません。

 

このようにあなたの車について状態で分けて考えることで、オニキスで売ることが良いのか悪いのか変わってくるといえますね。

 

以上、「車買取業者「オニキス」の評判」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。