こちらは次のような方におすすめです。

 

  • 車査定前の洗車は意味がないというけど本当なの?
  • 少しでも車を高く売るなら何をすればよいのか?
  • どれぐらい掃除すればよいのか?

 

「車が汚いと数万円の査定額に影響するから綺麗にしておきましょう!」

 

というような、注意書きは良く見ると思いますし、せっかく査定にきてもらうなら少しでも高い査定額が出るようになにかしておきたいと思うものです。

  

ここで、本当に査定額に影響があるかといわれると、査定業者のインタビューでは「洗車をすることで査定額への影響はほとんど無い」という回答でした。

 

元ディーラー査定士にインタビュー
元大手ディーラー査定士に、車を売る前の洗車について聞きました

 

そのため、査定前の洗車はする必要がなさそうですが、やっぱり汚すぎるのも考え物です。

 

あなたが査定を依頼したのに汚い状態というのは、査定業者担当者の心象を悪くして不利になるかもしれません。

 

そこで極力手間をかけずに洗車する方法をみていきます。

車査定前の洗車はほどほどでOK!

査定業者が見るポイントというのは限られていますので、そのポイントに限っては手間を掛けずに掃除していけばよいでしょう。

 

ちょっと極端ですが、めんどくさがりな私はフロントガラスを軽く拭いて終わりにしてしまいます^^;

 

気になる方は雑巾などでボディーをふき取るぐらいしておきましょう。

 

車が傷だらけという方は、洗車機で車を洗うと安いお金で簡単に車をきれいにできます。

 

いずれにしても査定額を下げてしまうような行為はご法度ですが、評価されない以上に洗車をすることはあまり意味がありません。

 

細かいところまで完璧に洗車してあれば良いに越したことはないでしょうけど、手間をかけるだけの価値はないということです。

 

したがって、念入りに洗車する必要は無く、車全体が汚くなければよいという程度が、車査定前に洗車をする基準になります。

 

ところでなぜ車査定前に洗車をしておこうと考えるのかといえば、査定額を上げたいということですが、あまり効果がないということで話してきました。

 

では、あまり効果がないならば効果がありそうなところをしっかりやっておく、と考えるのが普通の成り行きですね。

車査定士に良く見てもらうための洗車方法

車を洗車するというものは業者のあなたに対する心象をよくすることが目的です。

 

実は車の外装よりも内装を掃除するほうが査定士との交渉に役立ちます。

 

まずは車の中を見直しましょう。タバコを吸う方でしたら吸わない方に、においのチェックをしてもらいましょう。

 

車内のごみなどもチェックします。

 

シートのしたや足元など実は思ったよりも汚いことが多いです。ジュースのこぼしやタバコの吸殻の散乱などです。

 

こういったものは普段やらないため汚れていることは多いです。軽く掃除しておきましょう。

 

重曹を使った車内消臭や掃除方法もありますので、もし家に重曹があるならやってみてはいかがでしょうか?

 

重曹はドラッグストアーやスーパーでも500円以下で買うことができますね。

 

家庭によっては台所にあったりしますから、すぐに調達できる方は試してみてください。

 

⇒車内清掃には重曹が有効ってホント!?

 

最後にトランクなどの荷物を入れる場所の四隅をチェック!こちらも思ったよりも汚れています。

ワックス掛けや傷直しなどはする必要は無い

ボディーなどきれいに洗車することに越したことはありませんが、わざわざワックス仕上げ洗車をする必要はありません。

 

もしそのぐらいの手間をかけられるなら小さな傷を修復しておきましょう。

 

ここでいう小さな傷とは鍵などで引っかいてしまったような小さな傷です。

 

カー用品店にキズ取りが売っていますので、あなたが取れるリスクの範囲内でやってみましょう。

 

もっとも最近は鍵を使わないであけられるタイプが多いのでこのような例が適切かどうかはなんともいえないところですが・・・。

 

修復が難しいほどの大きな傷についてはあきらめましょう。

 

下手に手を出して余計汚くなってしまうことも多いです。

 

このように業者の心象を良くするために洗車ということで手間をかける必要はありません。

 

冒頭にもお話したように時間がないなら洗車機に突っ込むだけでも良いでしょう。

 

ただし、このような洗車機による洗浄はボディーにキズをつけることもありますので、確認してから洗車を行うようにしましょう。

査定額に影響する要素

ここまで車を良く見せよう、もしくは悪く見られないようにしようと、洗車はある程度しておくべきということで説明してきましたが、車査定額の基準は業者オークションの価格動向によって変わります。

 

このことは車買取業者があなたの車を買い取ったあとに業者オークションで転売するからで、あなたから買い取った査定額と業者オークションで売った差額が、業者の利益となる「転売ビジネス」をしているわけです。

 

さて、この業者オークションの価格動向ですが、次の5つでだいたい価格を予測することが可能です。

 

車査定額が決まる基準

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • 大きな事故の有無
  • ボディの色

 

この要素の中には洗車状況などは入っていませんよね?

 

つまり、車を高く売ろうとするならば少しでも新しい状態で車を売るべきであり、洗車をしたからといってそれが変わるわけではありません。

 

また業者が車を売るときには、プロが掃除をして仕上げますので、素人が多少掃除をしたところで、結局最終的にプロが掃除することは変わらないのです。

査定額が上がらないのに洗車をする理由

査定前に車を掃除や洗車をするということは、少しでも車を高く売るための行動ではありますが、査定額はほとんどの場合上がりませんね。

 

掃除は査定担当者の心象をよくするために行うものです。

 

では、なぜ心象が良いと査定をするときに少し有利になるかといえば、査定額の減額について適当な理由を与えないためです。

 

当たり前の事実ですが確認しなければいけないことがあります。

 

あなたが車を高く売りたいと考えることと同様に、車買取業者も車をできる限り安く買取りたいのです。

 

業者は安く買った分だけ利益が増えますから、ある意味では業者が車を高く売る努力よりも安く買う努力をしたほうが利益について大きくなることもあるでしょう。

 

ここで、適当な理由で車について減額できる要素があれば、致し方なく車を安く売らなければならないことになるでしょう。

 

このような隙を作らないため、または機嫌を取るわけではありませんが心象を良くしておくことで、適当な理由で減額されることを防ぐことに貢献するものと思われます。

 

したがって、車価値を上げるために掃除や洗車をしておくというよりは、減額をされないために行うということが正しく、それならばそれほど車をきれいにする必要がないことが分かるでしょう。

車査定前の修理もしなくて良い

車は使っていれば多少の小さい傷が出来るものですが、車を売るときにそれらを修理する必要はありません。

 

確かに傷があるよりもないほうが、査定額が有利になるというのは当たり前のことです。

 

しかしながら傷を修理するために使った費用を査定額で回収することは難しいのです。

 

そもそも査定額を上げることは手にするお金を増やすことが目的であり、修理する費用を支出してしまって回収できないならば、それは本末転倒ですよね。

 

そのため、車査定前の修理はしなくても大丈夫ということになります。

査定額の減額理由とされやすい場所

ここまでは主に車の外装について洗車をして、査定額を下げないという考えで話で進めてきましたが、実は外装よりも内装のほうが査定額減の理由になりやすいことは途中で話した通りです。

 

実際に外装については、現在の洗車機で数百円使うことですぐにそこそこきれいになりますが、内装についてはそうもいきません。

 

タバコを吸う方ならばタバコのにおいが付いてしまいますし、物やごみが多いというのもシートの下まで広がってしまっているならば、掃除は多少難航します。

 

そして何よりもそのような不摂生を指摘された場合に、査定額の減額理由として納得しやすいことが多く、つまりは言い換えると内装が汚れている場合には減額理由として納得させやすいので利用される可能性が高くなるということです。

 

先ほど話したように業者は、あなたから車を買う代金と業者オークションの差額を利益にしていますので、あなたから車を買う代金は安ければ安いほど利益が上がりやすい構造なのです。

 

買取業者としては、業者オークションでの売値は努力でどうにかできるものではありませんから、努力で出来ることはあなたから車を安く買うことであり、査定額は上げるのではなく下げられないように努力するべきであるということがわかってもらえたと思います。

査定額を上げるのは業者間競争

洗車や掃除をしても査定額は上げられず、むしろ査定額を下げられないように守るのが大切であるということでしたが、査定額を上げるのは業者間競争をさせて行う必要があります。

 

また、ここまで説明した中で勘のいい方ならお気づきでしょうけれども、あなたから業者が車を買う金額は業者オークションの金額を上回ることはありません。

 

ということは、どの業者もその上限の金額まで付ける過程であなたのところに査定額交渉をしに来ているわけで、言い換えると利益分をつぶしあっているわけです。

 

交渉や競争が苦手という方もいると思いますが、業者側としては交渉によって車を安く買おうとしていますので、車を安売りして損をしてもかまわないという方以外は、損をしないために多少の交渉は必須になります。

 

ただ、交渉といってもそれほど難しいものではなく、業者間で査定額を競争させるだけで、各社出せる査定額の限界に挑戦してもらうという方法だけで問題ありません。

 

  • 「A社さんは50万円の査定を出しましたが、B社さんはこれ以上出せますか?」
  • 「B社さんは55万円を付けましたが、C社さんはいかがですか?」

 

これを2周りぐらいすれば、手間なく査定額の限界近くまで値段を付けられるわけです。

 

つまり、車を高く売るならば業者間で競争させたうえで、業者オークションで取引されている価格に近付けるといったことをする必要があるのです。

車査定前の洗車で減額を避ける

車査定前の洗車はすべきかどうかのまとめですが、洗車については簡単に済ませておくと望ましいでしょう。

 

洗車自体は査定額を下げられる要因を作らないために行う程度で、車を高く売るためには業者間の競争をさせるということをしてください。

 

最後に査定士が言っていたことをお伝えして締めたいと思います。

 

洗車をしてあることについての査定士の評価:

「綺麗になっている分、車体の傷などが発見しやすくて助かる。ただ、引き取り後に必要ならオーナー様が洗車をしても私どもで洗車をする。洗車をすることが査定額を上げることに意味は無い。もちろん、円滑に取引できるようにオーナー様に対して苦労をねぎらうことはする。」

 

この「オーナー様に対して苦労をねぎらう」という点が口コミなどで伝わって、洗車をしっかりしなければならないと考えてしまう理由ですね。

 

実際のところはやはりあまり関係ないようで、手間をかけずに程々で洗車しておきましょう!

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】