車査定のシミュレーションといえば、ネットだけで査定情報を知りたいということですが、この精度はあまり良くありません。

 

というのも、自分の車がどのぐらい値落ちしたか、ということを知りたいぐらいならばまだしも、そうでなく車を売るときの材料としては使えないのです。

 

こちらでは、まずネットのみで見られる車相場情報はどんなものがあるかを見た後に、車査定シミュレーションで得られる情報の精度を比較していきたいと思います。

車査定シミュレーション:情報の精度を確認

車査定をシミュレーションするときには、現在3種類の方法があります。

  • メーカー系公式ページ
  • 査定業者系ページ
  • 情報サイト系ページ

 

車査定シミュレーションをする場合には、この3つの方法があります。

 

どれも無料で見ることができますが、シミュレーションした情報の精度が違いますし、精度だけでなく信頼性も考える必要があります。

メーカー系公式ページから車査定をシミュレーション

メーカー系の公式ページについては、「トヨタ」が有名であり、その次に「日産」です。

 

⇒トヨタ公式サイト:下取り参考価格

 

⇒日産公式ページ:下取り参考価格シミュレーション

 

おそらくはこちらが車査定シミュレーションで最も一般的なサイトであると考えています。

メーカー以外の車査定シミュレーション

次に査定業者系のページについて探すと有名どころで2つありますが、最近は多くの業者が参加しているので、こちらでは紹介しきれません。

 

さらにそれよりも多いのが情報系サイトでの買取相場紹介であり、実は当サイトでも買取相場を計算して公開しています。

 

さて、問題はこの買取相場情報の精度で、次にお話ししていくのはどのような状態のときに、どの情報を使ったらよいのか、ということです。

シミュレーション情報を使う場合の注意事項

ここまで見てきた車査定シミュレーションは、車価値を知るにはちょうど良いのですが、車を売るときに役立つと思いますか?

 

実は車を売るときに重要なのは最適な情報よりも業者と交渉できるかどうかなのです。

 

相手は交渉に慣れた担当者ですから、下取り参考価格の情報よりも安く買いたい場合には、何かと理由をつけて減額を狙ってきますし、実際に価値が低いこともあります。

なぜシミュレーション情報は役に立たないのか

車査定シミュレーション情報を使っても、交渉をしっかりしなければ高く売ることはおろか安く買われて損をするということになりかねません。

 

がんばって高く売ろうという気までは起きなくても、損をするなら何とかしたいと考えるのは当然ですよね。

 

ですから、結論として車を売る時にはシミュレーションをしたところでたいした価値はないということになります。

 

とはいえ、安く車を売らないためには出された査定額が妥当か判断する必要がありますので、トヨタの下取り参考価格も当サイトの情報も参考として利用することもできます。

 

情報の精度については表にまとめましたので確認してください。

車査定シミュレーション情報の比較表

買取相場・下取り参考価格の精度 おすすめ利用シーン
メーカー系サイト 興味本位
査定系サイト 車を売る前
情報系サイト 低から中 車売却を考えたとき

 

この表には載せていないですが、一番精度の良い車買取相場情報はあなたの車を実際に見て付いた相場です。

 

中古車の価値は大きくも小さくも毎日変動していて、その市場価格をサイトなどが追いかけるのはなかなか難しいものがあります。

実際に車を見ないと詳細な価値がわからない理由

あなたの持っている車の状態と同じような車は存在しても、全く同じ車が存在しないように見て査定してみないと分かりません。

 

実際に見てみないと相場がわからない、というのはどこのサイトでも言っていることですが、現実問題として本当であることがわかってもらえるはずです。

 

つまり、車査定のシミュレーションについては、ただ価値を知りたいだけならばそれでよいですが、実際に車を売ろうとするときにはそのまま利用することは望ましいことではない、ということになります。

メーカー系下取り参考価格の精度

ちなみにメーカー系の下取り参考価格は若干高めに設定されていることがあり、利用の際は下取り参考価格で出たのにトヨタディーラーで査定減額された!なんてことになりますので、一応このようなことを知っておきましょう。

 

ここまでは車査定のシミュレーションについて説明してきましたが、ここから先は実際に車を売る場合の話になります。

 

興味本位で車価値を知りたいという場合で見ていたなら、この先は見る必要はありません。

車を高く売るときのシミュレーション情報利用方法

車を高く売るときには実際に車が売られている相場を知る必要があります。

 

特にメーカーの公式サイトで見られる車査定シミュレーション情報は参考程度でしかなく、むしろトヨタのサイトでは「下取り参考価格」と言っているぐらいです。

 

さて、車価値を詳細に知るためには、あなたの車がどんな状態か、どんな車種か、その他相場を考えるための情報を調べる必要があります。

 

車価値は車検証と車のメーターを確認すれば、大体の金額が出てしまいます。

車価値を知るための情報

  • メーカー
  • 車種
  • 年式(仮査定では大体で大丈夫です)
  • 走行距離
  • 事故の有無

 

車の価値を推し量るには他にも必要な項目がありますが、実際に車を見てみないと分からないことも多いですから、まずは簡単な情報を入力するだけでよいということになります。

 

これら情報を入力して決定をすれば申し込むことになり、後に説明する査定サービスでは過去取引を参照した概算額が表示されるので、実際の査定時に役立てることができます。

車情報の調べ方

メーカーと車種が分からない方は少ないと思います。分からない方は車検証を見るか、多くの場合は車の後ろに書いてある場合があります。ステップワゴンなら「STEP-WGN」などです。

 

年式は新車なら買ったとき、中古車だと最初に登録したときとなります。車検証を見れば確実ですが、とりあえず申し込みたい人はアバウトでも大丈夫です。

 

走行距離はメーターに書いてあります。オドメーターと勘違いしないようにしましょう。多くの場合には数万キロから十数万キロだと思います。160kmなどはオドメーターの可能性が高いです。

 

なお、オドメーターとはリセット可能な計数するための距離測定メーターで燃費の計算などに使われています。現在では電子制御で常に表示してくれるエコカーも多いのでオドメーターをこのように利用する機会も減ってしまいました。

事故の有無はとても重要

最後に事故の有無ですが、実際には事故車とは呼ばずに別の呼び方をしています。

 

事故車は当然査定額が安くなるわけですが、現代の車は大きな事故を起こすと骨組み構造部分が完全に修理できません。

 

そのため、骨組み構造部分を修理した車を「修復暦車」と呼んでいて、一般のイメージである事故車としての扱いをされるわけです。

 

以上の情報を利用することで車価値を調べることが可能です。

 

さて、実際に車を売るならば査定に申し込まなければいけませんので、続けて査定に申し込んだ後に何が起こるかを見ていきます。

査定を申し込んだら起こること

査定を申し込んだ後には、車査定業者からあなたに実車査定をするための予約を取るための電話連絡があります。

 

その後に実車査定を行い、あなたの車の査定額を算出して気に入った業者に車を引き取って、多くの場合には2営業日後に銀行振り込みによってお金を取得するという流れになります。

即日現金払い対応業者は査定が不利になる場合がある

車を売ったときの代金を即日現金払いでの受け取りも可能ですが、比較できる業者が少なくなると交渉力が小さくなりますので、できる限り即日現金払いの業者に限らないほうが望ましいです。

 

⇒車を売って即日現金取得する場合

入金までは意外に時間がかかる

査定を申し込んでから実際に査定を受けて、その後売却先を決めた後に2営業日から1週間後に入金ですので、特に急いでいる場合には早めに動く必要があります。

 

入金がとても遅くなるということはありませんが、査定を受けて車を引き渡してから数日後の振込みになるので、早く準備するに越したことはありませんね。

 

車売却から振込みまでのスケジュールについては次のページを確認してください。

 

⇒車査定の申し込みから入金までの流れ

査定申し込みで起こるトラブル

一括査定は電話がかなりしつこいのでは?ということを悪い評判として聞きますがそれが本当かどうか、当サイトでも実際に申し込んでみてその結果を動画にしました。

 

気になる方は記事にまとめましたので確認してください。

 

⇒査定申し込み後はどのぐらいしつこいのか?

査定を申し込む時間に注意!

車査定の一括申し込みサービスは無料で使えて非常に便利なサービスですがひとつだけ問題があります。

 

査定に申し込むとすぐに電話がたくさんかかってくることです。

 

ただ、一括査定の申し込み後にかかってくる電話は、現在において過去に問題になったために一時よりもおとなしくなった印象です。

査定に申し込むおすすめの時間

とはいえ、申し込みをした後はすぐ査定の予約を取るために連絡がかかってきますので、申し込み後に予定がある場合には気をつけてください。

 

夜中に申し込むと朝の8時から電話連絡が来ることが多いようです。

 

そのため、予定の空いている休日の午前中に申し込んでおくと一番良いでしょう。

 

⇒電話連絡を少なくして車査定を申し込む方法

査定後に必要な書類

車の査定を申し込むとなると、車情報などの入力が結構面倒なのではないかと思いますが、実際のところはそんなことはありません。

 

というのも、出来れば詳細に情報を入力できればよいわけですが、仮に詳細な情報を取得したとしても車を実際に見ないことには詳細な価値はわかりません。

 

ですから、上にあげた5項目前後というのは相手にとっても実はちょうど良く、あなたにとっても無料出張査定予約が取れればよいわけですから、お互いにとって良いわけですね。

概算価格がわかる査定サービス

かんたん車査定ガイド申し込み例

 

上で説明しているように、車を売るときに最後画面で概算の査定額が出てきます。

 

かなりアバウトな範囲のものなので使えるかどうかはさておき、どのぐらいの価格で取引されているのかがわかるというのは嬉しいですよね。

 

車査定に必要な書類等は次の6つになります。

車査定に必要な書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑証明書
  • 実印

 

こちらの6つのほか、住所変更などを行っていたらさらに住民票が必要になります。

 

このほかにも委任状や譲渡証明書と必要な書類はあるのですが、ほとんどの場合には業者が用意するため、個人売買などで無ければ問題はありません。

 

査定前に書類を用意しておくと高い査定額を受けるために役立ちますので、車を高く売りたいと考えている方はこちらも確認してください。

 

⇒車査定の必要書類を用意すると査定額が有利になる!?

査定サービスで出来ること・提携業者数が違う

なお、査定サービス提供会社が異なり、依頼できる業者の数や種類などに多少違いがあります。

 

先ほどあげた、申し込み後に査定額の概算額が出るというのも、特徴のひとつとなっていて他のサービスではないものになります。

 

他の査定サービスも興味がある方は比較表でスペックを確認したうえで、ご利用ください。

 

⇒一括査定サービスを比較して表にまとめました

 

動画で見るとただ入力して完了ということになりますが、実際に入力するときにはこれでよいのか疑問に思うことがあるでしょう。

 

ただ、多少の情報を間違えたとしても車種などを間違えるようなことがなければ実際に査定をすることを考えれば問題ありませんので、小さなミスは気にせずやってみましょう。

車査定シミュレーション:ネットで見れる相場情報まとめ

車査定シミュレーションですが、車を売るときに何が必要で、何をするのかということを確認できましたか?

 

車の相場を知ることがシミュレーションともいえますが、実際にはこのように何が起こるのかを把握できることのほうが重要なのです。

 

ということでここまでの内容をまとめます。

車を安く売らないための手順

  1. 安く車を売らないように大体の価値を把握する
  2. 査定申し込みを行う
  3. 来た業者に他業者の査定額をぶつけて争わせる
  4. 一番高く買う業者に車を売る
  5. 2営業日後に入金される

 

こういった流れになりますので、車を売るときに参考にしてください。

業者同士を競わせることを忘れずに!

最後に大切なことは、業者同士を争わせて交渉の手間を省くことと、車価値が下がる前に査定を受けることです。

 

車を高く売る努力は大変でも安くなる前に査定に出すことはやればよいだけなので簡単ですからね。

 

特に少しでも安くなるのは損と考える人は今すぐ査定を依頼しましょう。

 

⇒車価値が低くなる前に今すぐ査定依頼するならこちら【無料】

 

以上、「車査定シミュレーション:ネットで見れる相場情報」でした

 

お役立ていただけたら幸いです。

関連記事

車査定のトリセツ・キャラクター2下取り査定をしたら金額が低すぎてがっかりしたことはありませんか?

実は査定額が低いのは、あまり人気などを考えて査定額を決めていないことが原因です。

⇒下取り査定額を上げる方法を詳しく見る

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。