今はオンラインで何でも情報を取得できますので、車査定をネットでやるなんてこともできちゃいます。

 

でも、この使い方に注意しなければ大変なことになることを知っていますか?

 

  • 電話が止まらない
  • 間違った情報で業者と交渉できない
  • 車を安く売ってしまった

 

目的によって情報も手段も使い分けないと時間が取られるならまだしもお金で損をしてしまうことになるでしょう。

 

こちらでは、車査定をオンラインでするときに、どんなことに気をつければよいのかみていきたいと思います。

 

まずは売ることを前提としない、オンラインで車価値を調べることができるサイトの精度を調査したのでご覧ください。

車査定オンラインサービスの種類

まずは車査定をオンラインでできるサービスを確認したいと思います。

 

2018年現在は大きく区分すると5つに分けて考えることができます。

 

  • メーカー公式サイト
  • 一括査定サイト
  • 情報まとめサイト
  • オンラインオークションサイト
  • 中古車販売サイト

 

車査定を匿名や登録なしで行うとすればメーカー公式サイトで確認することになりますし、一括査定サイトでは車を売る前の相場を見ることができます。

 

情報サイトでは多くの情報を見ることができますが、情報の正確性については検証できません。

 

また、最近登場したオンラインオークションサイトについては、一括査定のような形で車を売ることを前提としていますが、査定士と直接交渉することはなく、オンライン上で入札をする形になります。

 

最後が中古車販売サイトで、業者が得られる利益と経費を予測してその分を引いた額が車価値と考える方法で、ある程度車の価値を知っている方ならできる方法です。

 

過去にGooから業者オークション価格に基づいた査定アプリがあったのですが、あまりにも正確に出すぎて中古車流通業界からの圧力があったのか、現在はリリースを取りやめています。

 

それがあってからアプリはあるにはあるのですが、もっぱら一括査定のための布石に近いものになっているので、今回は除外しています。

車査定オンラインサイトのメリット・デメリット

車査定オンラインサイトについてメリット・デメリットなどを表にまとめます。

 

価格の正確性 メリット デメリット
メーカー公式サイト 登録なしですぐ見れる 詳細に相場を確認できない
一括査定サイト 車の市場価値を把握できる 査定を受けるため手間がかかる
情報まとめサイト 低から中 登録なしですぐ見れる 情報の信頼性が低い
オンラインオークションサイト 業者と交渉する必要がない 査定を受けるため手間がかかる
中古車販売サイト 中から高 市場価値に近い金額を把握できる 誰でもできるわけではない

 

このように、手間がかかったり実際に車を売ろうとするものほど市場価値がわかるような状況で、逆に今すぐ登録なしでできるものほど車価値の正確性が落ちます。

 

ここまではネットで一般的に言われているところです。

 

実は当サイトでも買取価格を業者オークションデータから計算していますので、そのデータを使ってそれぞれのデータを比較したいと思います。

車査定オンラインサイトの精度を試す

今回、比較してどのデータがどのぐらい正確なのかを見るために選ばれた車種は、「アクア5年落ち(2013年式)グレードG」です。(調査2018年6月)

 

メーカー公式サイトからは「トヨタ公式サイト」、一括査定サイトからは「ナビクル」、情報サイトから「当サイト(車査定のトリセツ)」、オンラインオークションサイトは試せませんでした。

 

ちなみに情報サイトとして当サイトのデータを載せますが、情報の出どころは業者オークションの成り行きデータなので、データの出どころは確保しています。

 

また、中古車販売サイトは「カーセンサー」にて調査しました。

 

また、せっかくなのでヤフオク関連のデータも比較できるために、「カーオクサポート」でも情報の比較をします。

 

調査結果を画像で見せて最後に表でまとめます。

トヨタ公式サイトでの下取り参考価格を調べた結果

トヨタ下取り参考価格アクア5年落ち調査201806

現在、車査定をオンラインでする場合に、匿名かつ登録なしでできるサービスで一番有名なサービスです。

 

トヨタの公式サイトがトヨタ車について車価値を出すので、必ずしも中立とは言えませんが、適当なことは言えない立場の企業なので、トヨタの下取り参考価格を基準に次の価格を見ていきましょう。

一括査定サイト:ナビクルでの買取相場を調べた結果

ナビクルアクア5年落ち買取相場201806

比較段階で答えを言ってしまいますが、ナビクルでの情報提供が買取相場に最も近いという結果になりました。

 

ただし、下取り相場については買取相場に比例しているだけで、有用な情報で無い可能性が高いです。

車査定のトリセツで独自調査した買取価格

車査定トリセツ調査アクア5年落ち買取価格201806

当サイトでは修復歴なしと修復歴ありで買取価格を分けて算出しています。

 

自分のサイトで計算したデータなので、計算過程は正しいから出た結果も正しい、と言いたいところですが、それで信頼されるほど甘くはありませんので、他のオンラインサービスと比べたうえで見てください。

中古車販売サイトカーセンサーでの販売価格調査結果

カーセンサーアクア中古価格比較201806

こちらは販売価格ですので買取価格とは違います。

 

ただし、中古車屋は業者オークションから車を仕入れて店頭で売るので、業者の想定利益を引いてさらにオークションに売る業者の利益を引いた額が車を売るときの買取相場になります。

 

目安としては、トヨタアクアの場合には売れやすい車なので利益を小さく見積もることができ、販売価格から20万円から40万円引いたあたりが買取相場となります。

カーオクサポートでのオークション予想落札価格調査結果

カーオクサポートアクア5年落ち買取相場201806

 

カーオクサポート自体での相場は68万円から81万円でした。

 

さて、このままだと比較しづらいので表にまとめますね。

車査定オンラインサービスの買取・下取り価格:調査結果比較表

下取り・買取価格 コメント
トヨタ公式:下取り参考価格 60万円 下取り査定ではここまでの金額は出ないでしょう
一括査定:ナビクル 56.6万円 かなり正確だと判断します
情報サイト:車査定のトリセツ 46.04万円から62.2万円 業者オークションデータから作成しています
中古車販売サイト:カーセンサー 利益など引いたら53.8万円から63.8万円 元価格から20万円から30万円引いています
ヤフオク!予想落札価格 96万円から109万円 なぜか業者販売のほうが安いです
業者オークション予想落札価格 76万円から97万円 業者オークションのデータより高いです
カーオクサポート 68万円から81万円 手数料込みの金額だと判断します

 

車価値は株と似ていて、業者オークションの成り行きによって変動しますので、その数字を知っていると「下取り・買取価格」が正確なのかどうかをよくわかります。

 

当サイトで出している情報は、さすがに業者オークションの生データを出せないので、業者の利益分を加工して出していますが、その観点から考えると一括査定サイトのナビクルが一番正確で使いやすいと判断しています。

 

ナビクルが出している下取り相場のデータについては、買取相場に基づく予測値になるのであまり気にする必要はありませんが、買取相場についてはかなり使えるデータです。

ナビクルの買取相場のデータが信頼できる情報という根拠

ナビクルはおそらく、当サイト同様に業者オークションのデータをもとにして計算していると判断しています。

 

また中古車屋が車を仕入れるのは業者オークションですが、業者オークションに売る業者・買う業者の利益を抜いた金額と販売価格で近い数字になったので、おそらく「アクア5年落ちグレードG」に関しては、おおざっぱに50万円から60万円の価値であると予測できます。

 

さて、この妥当な数字でトヨタの下取り参考価格を見れば下取りの価値としては高すぎですし、カーオクサポート関連に関しても、おそらく利益分を調整した数字であると判断できます。

 

特にヤフオク!の予想落札価格に関しては、中古車販売店よりも高くなってしまって、これではだれもヤフオクで買わないのではないかとさえ考えてしまいますね。

 

したがって、結論としては当サイトの手前みそを除けば、一括査定サイトナビクルとカーセンサーの販売サイトから利益控除する方法が、最も車の市場価値を表しているものと判断しました。

車を売るときにも概算価格を利用すると安心

ちなみに車を売るときに利用する一括査定では、ナビクル系列の「かんたん車査定ガイド」でも同様に概算価格が出ます。

 

車を売ろうと考える方はナビクル系の査定サービスを使うと、「うっかり車を安売りして損をした!」ということを防げますので参考にしてください。

 

かんたん車査定ガイド申し込み例

 

⇒精度の良い概算価格を知りないならこちら【無料】

 

続きは実際に車を売りたいという方に対しての情報なので、「ただ車価値を知りたい」、「オンラインサービスの精度を知りたかった」という方はここまでで大丈夫です。

車査定をオンラインで申し込める一括査定比較

車査定を一括査定で依頼する場合、現在では10以上のサービスがありますが、特色がそれぞれで違います。

 

例えば申し込み後に概算価格が分かったり、申し込める業者を選べたりといった具合です。

 

一括査定には、これらの違いがありますが共通の特徴としては次の2つがあります。

 

  • ユーザーは完全無料で利用することが出来る
  • 個別に申し込みを行う必要がないので手間がかからない

 

過去において車査定をそれぞれの業者に申し込んでいたのですが、連絡先を調べて個人情報を伝えるというのは結構めんどくさいので、その申し込みを1回でまとめてくれるというものになります。

 

そのため、少しでも高く売りたいという方は一括査定を全て申し込んで比較を行うことで最高額を無料で目指すことができますから、近年は利用する人が増えたということになります。

 

サービスは数が多いのですが、実際には大は小を兼ねるではありませんが、機能を選べば次の3つから選べば問題ありません。

一括査定の比較表

サービス 申込数 業者の選別 特徴
かんたん車査定ガイド 10社 自動
  • 概算の査定額がわかる
  • 大手業者が加盟
ズバット車買取比較 10社 自動
  • 中小の業者も加盟
  • 参加業者数が150超
カーセンサー.net簡単ネット査定 8社 選べる
  • 好みの業者が自分で選べる
  • メール連絡OKの会社を選ぶことができる
  • 提携業者数が多い

 

このようにそれぞれのサービスには違いがありますが、それを理解したうえで車査定のオンラインサービスを使う必要があります。

 

車は高く売ることのみならず、安く売って損をしないようにするためにも、一括査定サービスをうまく使っていく必要があります。

 

まずは、どうすれば車査定オンラインサービスを最も良く使えるのかということをみていきます。

どの一括査定を使ったらよいのか?

車の査定額は取得する見積数に比例して増える傾向があります。

 

このことは、車査定額を交渉しなければいけないために、交渉力が付けられるかどうかということがかかわっていて、交渉力が小さい場合にはどうしても査定額は伸びません。

 

ということは、数多くの業者に査定申し込み依頼をするほど車を高く売ることができる可能性が上昇するのですが、そこで使い分けが必要になります。

 

冒頭で見て分かるように、申し込みできる業者数であったり、業者選択が可能かどうかということをうまく利用すると、できる限り多くの業者に重複なく申し込みができるということになります。

 

もちろん、絶対にすべての業者に査定依頼しなければいけないかといえばそんなことはありませんが、抜け漏れが多くなれば当然もったいないですし、それにあわせて重複して依頼すれば、あなたも業者も面倒この上ありませんね。

 

こちらでは、3つのサービスを紹介していますが、車を売る時には次の2つを使えば問題ありません。

 

  1. かんたん車査定ガイド
  2. カーセンサー.net簡単ネット査定

2つの一括査定サービスがおすすめの理由

かんたん車査定ガイドは申し込み後に概算額が分かるので、これを利用して交渉に役立てるということが可能です。

 

さらに、いわゆる大手業者に限った提携ですから、無駄に重複を避けることができるのです。

 

そして、カーセンサー.net簡単ネット査定については、申し込み業者が選べることと、地域の中小業者とも提携しています。

 

このことで、かんたん車査定ガイドで申し込みを行った後に申し込みできていない業者に対して、車査定を依頼するということが可能になります。

 

車を売ることで損をしたくないということならば、どちらの車査定オンラインサービスを利用してもよいですが、車を高く売りたいならば両方の査定サービスを利用するべきです。

なぜ複数の一括査定を利用すべき?

実は一括査定サービス業者によって、提携先の車査定業者が異なります。

 

エイチームのかんたん車査定ガイドよりもウェブクルーのズバット車買取比較のほうが提携業者数が多いのです。

 

ただし、自動で車査定業者を選ぶことからズバット車買取比較を選べば一番多い査定申し込み数になるとは限らないのです。

 

また、カーセンサー.net簡単ネット査定は、申し込み業者をあなたが選ぶことができますから、申し込みできていない業者をカーセンサーでフォローすることで一番多い査定申し込み数とすることができるのです。

 

もちろん、査定額を上げるためには他社で出された金額を使って交渉していく必要がありますから、申し込むことですべてが終わるわけではありませんが、準備なくして高く車を売るということはできません。

 

そのため、車を高く売るための準備をするためにも、しっかりと車査定オンラインサービスを使い分けて、後は交渉すればよいだけという状況を作ることが望ましいのです。

 

さて、次にそれぞれの車査定オンラインサービスの比較を詳細にみていきたいと思います。

エイチーム「かんたん車査定ガイド」はどんなサービス?

かんたん車査定ガイド申し込みキャプチャー

株式会社エイチームの「かんたん車査定ガイド」の特徴は大手車買取業者が加盟していることです。

 

かんたん査定ガイドで見積申し込み依頼できる業者はJADRIという団体に加盟していて主に業界大手で構成されています。

 

一度に最大10社申し込むことが出来るので多くの見積を比較するということが達成できます。

 

選ぶのが面倒な方には嬉しいお住まいの地域の業者を自動選別してくれます。

かんたん車査定ガイドの特徴

「かんたん車査定ガイド」最大の特色は申し込んですぐに概算査定額が出ることです。

 

かんたん車査定ガイド申し込み例

 

概算査定額が出ることは事前に準備することができますので、特に初めて一括査定申し込みサービスを利用する人には嬉しい機能でしょう。

 

かんたん車査定ガイドは一括査定申し込みが初めてでどこに申し込んだらよいか迷っている方にオススメです。

 

サービスの詳細を具体的に見たい方は次のページから確認してください。

 

⇒かんたん車査定ガイドの詳細

 

ウェブクルー「ズバット車買取比較」はどんなサービス?

ズバット車買取比較申し込みキャプチャー

株式会社ウェブクルー「ズバット車買取比較」の特徴は中小の車買取業者も加盟していることです(2015年1月5日においては170社超)。

 

ズバット車買取比較は一回申し込めば最大10社に見積依頼できますので比較交渉が容易になります。

 

あなたのお住まい周辺の業者を自動で選んでくれるので手間なく簡単に査定申し込みをすることができるでしょう。

 

ズバット車買取比較は申し込める業者数が150社超と多いので、どの一括査定申し込みサービスよりも見積数を増やすことができます。

ズバット車買取比較は器用貧乏?

前に説明したのはかんたん車査定ガイドで大手車買取業者が加盟している一括査定サービスでした。

 

そしてこの後に説明するカーセンサーは車買取業者登録数が一番多いサービスで、さらに業者を選ぶことができます。

 

その点を考えると、ズバット車買取比較を使う理由がなくなるので良く考えるとあまり使われることがないかもしれません。

 

というのも、かんたん車査定ガイドより提携業者数は多いですが、別に業者を選ぶことができるわけではありませんし、車の概算価格がわかるわけでもありません。

 

このような点から一括査定の中では器用貧乏と言わざるを得ず、積極的に利用することはないサービスと言えます。

 

サービスの詳細を具体的に見たい方は次のページから確認してください。

 

⇒ズバット車買取比較の詳細

 

リクルート「カーセンサー.net簡単ネット査定」はどんなサービス?

カーセンサー車査定申し込みキャプチャー

株式会社リクルート「カーセンサー.net簡単ネット査定」の最大の特徴は、申し込む業者を選ぶことが出来ることです。

 

インターネット評判の悪い業者には申し込みたくない!という方でもカーセンサー.net簡単ネット査定なら豪奢を選ぶことができますから安心して申し込みできますね。

 

メールでの連絡が可能な業者をあらかじめ分かりますので、電話での対応はしたくないという方はカーセンサー.net簡単ネット査定がオススメです。

カーセンサー一括査定の有効な使い方

最高額を目指している方は「かんたん車査定ガイド」・「スバット車買取比較」で申し込めなかった業者に「カーセンサー.net簡単ネット査定」を使って見積を申し込むと最大数の見積を獲得できるため、最高額の査定を得られる可能性が高くなるでしょう。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定は申し込み先を選べるというのは、非常に価値の高い車や、お金が必要で少しでも高く売らないといけない場合には重宝します。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定は最大8社にあなたが選んで申し込みを行うことができます。

 

選べるということについては、「メール連絡可能業者・評判の悪い業者を避ける・高く売るために申し込み数を最大化する」ということについて利用価値が高いでしょう。

 

⇒カーセンサーはメールのみで車査定申し込みができる?

 

カーセンサー.net簡単ネット査定は特に他との併用で効果を発揮する一括車査定申し込みサービスです。

 

サービスの詳細を具体的に見たい方は次のページから確認してください。

 

⇒カーセンサー.net簡単ネット査定の詳細

 

他の一括査定について

車査定をオンラインでするには他にも楽天、カービューなどのサービスがありますが、車を安く売って損をしない点を考えるとあまり重要でないので説明を割愛しています。

 

たとえば楽天の車査定やカービューのサービスでは、ズバット車買取比較サービス提携業者やカーセンサーサービスの提携業者と重複してしまいます。

 

車を売るときの一番の関心ごとが手にできるお金の量である以上、どうしたって高く売ることができる方法が最優先になるのは仕方が無いことです。

 

このことを考えると、無駄に多くのサービスを比較して検討する必要はなく、高く売れる方法を手間無く利用するということが大切であるために、他のサービスについては重要性が低いからメインで比較していないということになります。

 

ただ、今後業界内の趨勢が変わってきたときには、こちらもそれにあわせて内容が変わってくるために、定期的に修正していきたいと考えています。

車を高く売るときの手順と注意事項

多くの場合、この手順になると思いますので最高の査定額を目指す方は実戦してください。

 

  1. 実車を確認する査定日と時間を決める
  2. 電話対応できる時間に一括査定を申し込む
  3. 電話連絡がたくさん来るのであらかじめ決めた時間に査定予約する
  4. 実車確認査定が行われる
  5. 一番高い査定額をつけた業者に車を売る

 

車を高く売る手順としてはこのような流れですが、これらの注意事項をみていきましょう。

実車査定の日時を決めてからスタート

実車を確認する査定日をあらかじめ決めておかないと、すさまじい量の電話が着ますので後から考えると面倒です。

 

一括査定を申し込む前に実車査定の日時を決めておきましょう。

 

実車確認の査定は多くの業者を呼ぶ場合には、同時に行うのが望ましいでしょう。

 

  1. オークション形式による同時査定
  2. 一発勝負形式による同時査定

 

そうでないと大変時間がかかりますので、2時間ぐらいの査定時間を決めたら同じ時間に呼んでしまい、オークション形式か一発勝負形式で車の売却先を決めましょう。

 

⇒同時に車査定を行うときの注意点

 

一括査定を申し込んだときの電話対応

3つの一括査定を順番に申し込んだらどんどん電話が鳴ると思います。

 

下手をすると一括査定を申し込んでいる最中にも電話が鳴るかもしれません。

 

電話対応できる時間帯に一括査定を申し込まないと、電話が鳴りっぱなしになり大変なことになります。

 

ただし、一括査定を利用して最高額を目指して車を売ろうとするなら避けて通れない道です。

 

オススメは家を空ける1時間前ぐらいに申し込んで、1時間で受けることが出来る量の電話をとればよいでしょう。

 

多くの場合、30分から1時間で査定予約が済むケースが多いようです。

 

その後を待つのは時間的に面倒でしょうから、家を空けてしまうのがちょうど良いでしょう。

 

積極的にコンタクトを取りたい業者なら、電話で連絡が取れないならメールが来ているはずです。

 

実地査定での業者間談合に注意

せっかく業者同士を競合させても、談合されては全く無駄になってしまいます。

 

このことは何をさすかといえば、わざわざ競り合って高い査定額を付けるよりも、事前に競争せずに安値で決めることを業者間で相談してしまうことです。

 

このため、せっかく競争状態にしても意味がないということになります。

 

多くの場合、実地査定を終わったときにすぐにオークション形式か一発勝負形式の車売却を始めてしまうのが良いでしょう。

 

業者に時間を与えないことで業者に談合をする隙を与えずに、業者同士を競争させて良い査定額をつける環境を作ることができるでしょう。

 

最後は一番高い査定額の業者に売る

ここまで出来る限りの手を尽くしましたから、あとは一番査定額をつけた業者に車を売るだけです。

 

なお、事前準備で最も大事なことは多くの業者に査定を申し込むことですが、準備としてはすぐに売れることをアピールすることが査定額へのインパクトが大きいです。

 

書類を揃えておいて、実車査定予約のときと実車査定を行うときに売る準備ができているから積極的に査定を行って欲しいと告知しておきましょう。

 

⇒最高額の査定を目指すため書類を用意して積極的に査定をさせる

 

一括査定を2つ使って業者間競争を最大にして高く売る方法

「かんたん車査定ガイド」⇒「カーセンサー.net簡単ネット査定」という順番で申し込むのが最も確実かつ効果的に最高額を目指すことができるのです。

 

まずはかんたん車査定ガイドの申し込みからどうぞ!

 

⇒かんたん車査定ガイドの詳細

 

⇒カーセンサー.net簡単ネット査定の詳細

 

一括査定のトラブルと対処法

車査定を利用することで起こるトラブルと質問です。

 

車査定業者の対応態度から、ただ査定をするだけなのに営業されて困ったというものまで様々です。

 

車査定についての質問に関しては、本当に無料で出張査定を使うことができるのかなど費用に関わることが多いようです。

 

疑問を解消したり、トラブルを先に知っておくことで不安をなくして車査定を申し込むことができます。

電話が鳴って困るとき

申込みからすぐに電話がかかってきます。

 

そのため、電話対応できる平日の仕事が終わった後か休日の朝に申込みするのが良いでしょう。

 

どうしても電話が嫌な方は電話番号申込み欄に「0」などを入力しておけばかかってきませんが、車を高く売るためには普通に申し込んだほうが良いです。

 

申し込む時間を間違えないように気をつけてください。

 

⇒カーセンサーならメールでの連絡もできる

いくつの業者に申し込めば良い?

オススメは5社以上ですが、多ければ多いほどあなたの車は高く売れる可能性が高まります。

 

そのため、どうしても高く売らなければいけない状況では、無料一括査定を複数同時に使うことで一番高く車を売ることができるでしょう。

 

無料ですから迷うことなく使うことが大切です。

 

⇒同時に査定を行う方法を詳しく見る

 

評判の悪い業者を避けたいとき

業界最大手ガリバーなど、取引数が大きい業者ほど悪い評判が目立ちます。(2016年中盤より悪い評判は少なくなりました)

 

どうしても嫌な場合はカーセンサーを利用することで、申し込む業者を選ぶことができます。

 

ただし、大手が絶対高く売れるわけではないですが、比較したのちに最高の査定額となるケースが多いようです。

 

業者の採りたい利益と最終的な販売場所を持っているかで、査定額が変わってきます。

 

⇒大手車査定業者の評判を詳しく見る

損はないので一括査定を使う

車買取業者が費用を負担していることで、あなたは完全に無料で利用することができます。

 

あのすさまじい量の電話がかかってくる理由はこういうことなのです。

 

ならば面倒だから使わないほうがよいかといえば、そんなことはありません。

 

無料で査定を受けられて、比較検討まで出来るわけですし、何よりも自分で数社の買取業者に持ち込むのはとても面倒ですよね。

 

ならば、相手から来てもらって査定をしてもらったほうが良いに決まっています。

 

もし、あなたが簡単に、そして車を高く売りたいならば、オンラインの査定サービスを検討してみてください。

 

⇒概算額がわかる一番人気の査定サービス【無料】

 

⇒知名度NO.1のカーセンサー査定サービス【無料】

 

以上、「車査定オンラインサービスの比較」でした。

 

お役だていただけたら幸いです。

関連記事

車査定のトリセツ・キャラクター2下取り相場を見て不満に思ったことはありませんか?

実は下取りの評価は特殊で車を売るときは買取相場と比較する必要があります。

⇒下取り相場で満足できないときの買取相場確認方法を見る

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。