車一括査定は営業電話なしで出来る!:サムネイル

このページで分かること
  • 車を売るときに匿名・個人情報登録なしでも買取相場は分かる!
  • 車を売るときには簡単に得られた情報は役立たないので注意が必要
  • 車一括査定に営業電話なしで連絡をメールのみで受けられる方法が最も高く売れて有利!

⇒今すぐ静かに車を高く売る方法が見たい方はこちら

車一括査定は車を手軽に高く売ることができますが、ひとつ大きな欠点があります。

それは、業者からの営業電話が一気にやってくるということです!

大量の電話がかかってくる仕組み
大量の電話がかかってくる仕組み

しかし、車を安く売って損をしないためには、業者をうまく使っていくことが必要になるため、多少の我慢が必要な場面もあります。

そこでこちらでは、車を出来る限り高く売りたいけれども業者からの営業電話なしでしたい!という方に向けてどの方法が一番よいかをお伝えしたいと思います。

とはいえ高く売るなら一括査定利用がおすすめ

こちらでは車を売るときに営業電話なしで匿名・個人情報登録なしでの方法を説明していきます。
どの方法もメリット・デメリットがありますが、高く売るならば車一括査定が最も有利です。
車一括査定を使っても電話連絡で困らない方法を解説していますので、ぜひ最後まで確認してくださいね!

車一括査定を営業電話なしで行う方法

ネットを使って車査定を匿名・個人情報無しで行う方法は3つあります。

車査定は匿名・個人情報なしで行う方法
  • グーネット買取の車査定相場サービスを利用する
  • メーカー系サイトで下取り参考価格を利用する
  • アプリを含むウェブサービスで買取相場を見る

ネットからすぐに相場が分かるために、突然電話が掛かってきて車を売ってくれ!という営業は避けられます。

営業をされずに車を匿名・個人情報なしで売るなら、ネットのサービスを使うことがカギになりますね。

さて、ネットで車の査定見積もりをする方法は5つあります。

ネットで査定見積もりの方法5選。

こちらでは、グーネット買取で中古車情報サイト系、トヨタなどのメーカー公式系についてみていきます。(他についてもページ最後に簡単に説明)

ただ、どの方法もメリット・デメリットがあり、ただ相場を知りたいだけの場合や、逆に車を売るタイミングでは気を付けなければいけない注意点があります。

車価値を調べるときは手間と精度が反比例

車価値を調べるときに掛かる手間と情報の精度は反比例の関係にあります。

実際に査定を受けるのは営業を受けたり手間が多いですが情報の精度は、算出される査定額が市場価格に近いため良いです。反面、ネットで調べるのは簡単ですぐできますが精度に難があります。

車を売る前に簡易的な方法で精度を犠牲にした情報を利用しないように気を付けてください。

その点も併せて説明していきますね。

グーネット買取なら個人情報登録無しで車買取相場が分かる?

グーネット買取から来たメール
グーネット買取から定期的に送られてくるメール:相場情報の変化がわかる

グーネット買取では定期的に車価値を知ることが出来ますので、定期的に送られてくるメール以外はこれといって営業活動はされません。

買取店からのメッセージ一覧 - グーネット買取
グーネット買取で分かる買取相場グラフ

グーネット買取ではサイトでも相場を知ることが可能で、精度としてはそれほど悪いものではありません。

ただし、残念ながらメールなしで車査定をすることが出来ませんから完全な匿名ではないことを考えると、グーネット買取による買取相場検索では目的を達成していません。

なお、地域の業者を探すことには特に役立ちますので、グーネット買取は車を売ることが決まってから地域業者の検索に使うとよいでしょう。

⇒あなたの車が買取強化中か今すぐ見る【完全無料】

DMMAUTOのアプリは匿名で車買取相場が分かる?

DMMAUTOホームページ
DMM AUTO スマホで撮るだけ、クルマが売れる。

DMMといえば映像配信などを思い浮かべる方が多いですが、現在ではネットのコンテンツを総合的に扱う業者であり、車買取においてもアプリをリリースしています。

カメラ機能があるスマホであれば、スマホで車を撮影するだけで相場が分かるという画期的な方法で、一括査定のように多数の業者から大量の電話が掛かってくるということもありません。

ただし、AIによる車買取相場算出をしているようですが、まだまだ精度が良くないようでこれから精度を上げていくということを表明しています。(アプリのレビューにて業者側の返信)

とはいえ、車を売る選択肢としてはアプリという新しい方法が登場していますので、今後も注目していきたいところですね。

⇒DMMAUTOの車買取アプリを見る【無料で使えます】

メーカー系の下取り参考価格情報を使って車下取り相場を見る

車の価値を営業電話なしで今すぐに知る方法はメーカーのサイトで公開されています。

トヨタや日産といった、メーカー公式のページということで得られる車査定の情報なので安心して使うことが出来ます。

toyota.jp ご購入サポート 下取り参考価格情報
トヨタ公式サイト:下取り参考価格情報

 

日産 下取り参考価格シミュレーション
日産公式サイト:下取り参考価格シミュレーション

当然、車査定を依頼しているわけではありませんから、営業電話は多く掛かってくることはありません。

トヨタや日産以外の車も問題なく査定することができますので、気になる方は今すぐ確認してみてください。

ここで車価値を確認したのちに、地域の業者に車を持ち込めば過剰な営業電話なしで車を売ることが出来ます。

「あれ・・・この価格は安すぎない?」と思った方へ

トヨタ下取り参考価格アクア5年落ち調査201806
出典:トヨタ下取り参考価格アクア5年落ち調査201806 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

いくらになるのか見たときにあまりの値段の安さに驚いていませんか?

表示されている相場価格が安いことについての理由は2つあります。

  • 下取りの参考価格であるために低めに表示
  • 実際に車を確認していないことで査定額は低めに表示

メーカー側も参考価格であるということと、注記に実際の車価値を表すものではないということが書いてあります。

ちなみに価格精度について実際の買取相場を調査した結果があります。

下取り・買取価格コメント
トヨタ公式:下取り参考価格60万円下取り査定ではここまでの金額は出ないでしょう
中古車販売サイト:カーセンサー利益など引いたら53.8万円から63.8万円元価格から20万円から30万円引いています

※調査:2018年においてアクア5年落ちグレードG

結論からすれば、トヨタ公式の下取り参考価格は、アクアがトヨタ車だからか高めの参考価格になっています。

また、実際には範囲を持った価格になるはずですが、60万円という範囲を持たない数字であるため、上振れも下振れもするということになり、市場価格からすれば大きく下振れする可能性があることに注意しなければいけません。

メーカーが参考情報として使うように補足する理由

メーカーが参考価格として利用を推奨する理由は、保守的な査定額を掲載しなければいけない立場があります。

表示価格は、あくまでも参考価格ですので、この金額での下取りを保証するものではありません。

トヨタ公式ページ:下取り参考価格より

例えば、この情報を元にディーラーにいって下取査定をしたときに販売店の担当者が文句を言われてしまうからです。

メーカーとしても詳しく車を見ているわけではないということが、がっかりするような相場情報が出てしまうことの理由なのです。

車の相場を知るための情報
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • グレード
  • 修復歴(大きな事故をしたかどうか)
  • 車体色

メーカー系の概算額を見るサイトでは、「車種「と「年式」、「グレード」だけの選択でしたが、やはり少なくとも「走行距離」を入力しなければ、ある程度役立つ車査定概算額がわからないのです。

それによってあなたに車の価値は正確に算定され、高く売るという目的に合致した情報を取得できますし、実際に車を売るときにも情報の取得と売買の準備を同時に行うことが出来ますので手間もかかりません。

この参考価格は概算額として、今すぐとりあえずの車価値を知りたいという方はこれでよいのかもしれません。

しかし、車を売るときに最悪の状況になってしまうのが、簡単にわかる相場情報を利用して車査定に臨んでしまったことで、安い金額で車を手放してしまうことです。

ネットで車買取相場がわかる場所別のメリット・デメリット

サイト種類メリットデメリット
メーカー公式登録なしで見れる精度が悪い
一括査定市場価値がわかる手間がかかる
情報まとめ登録なしで見れる情報信頼性が低い

車査定相場をオンラインで分かるサイトについて、価格の正確性である精度と、メリット・デメリットなどを表にまとめます。

このように、手間がかかったり実際に車を売ろうとするものほど市場価値がわかるような状況で、逆に今すぐ登録なしでできるものほど車価値の正確性が落ちます。

情報の精度を比較

サイト種類価格の正確性手間・時間
メーカー公式3分ほど
一括査定2時間以上
情報まとめサイト低から中3分から10分

上の表を見てわかるように、情報の精度と手間・時間は反比例の関係にあります。

ネットから簡単にわかる情報は手軽に見れる反面、価格の正確性は低いものになっています。

一括査定を使った場合には、交渉を受ける査定額は車の売値ということになりますので、当然に価格の正確性は高いと言えます。

とはいえ、車を売る場合にはこれらを組み合わせたうえで、車価値を知って安売りをしないというのが正攻法です。

車を売るときには参考価格だけでは足りない

相場データの誤った利用は車を安く売ってしまう
相場データの誤った利用は車を安く売ってしまう

このように販売店や買取店としては良いのですが、せっかくある程度お金を手に出来る機会を台無しにされる、あなたにとってはたまったものではないはずです。

売る時は手間を惜しむべからず!基本的に車買取業者はあなたから車をわざわざ高い金額で買う理由はなく、むしろ安く買いたいと考えています。
あなたが思ったよりも高い金額で車が売れた!と思っていても、実は安い金額で車を売って実は損をしていた!なんていうこともあるのです。

車の売値がいくら安くても良いと無関心な人はまずいません。

そのため、実際に車を売る場合には相見積もりは必須ですが、やはり営業電話が多く掛かってくるのは考えものですよね。

実はそんな場合にも営業電話を極力受けずに手間なく車を高く売る方法があります。

車一括査定をメール連絡のみで行う方法

メールでの連絡が出来る業者選び

車一括査定を依頼すると基本的に、車査定業者からの連絡は電話によるものになります。

しかしながらカーセンサーの査定を利用することでメールだけで連絡を希望することも可能です。

カーセンサー」は車情報雑誌としては「グーネット買取」に並んで有名で、特に中古車購入のときなどに利用する情報誌ですよね。

このカーセンサーは車一括査定サービスもやっているのです。

そして、カーセンサーでは、メール連絡をすることが可能な業者だけ選ぶことが可能です。

ただし、注意して欲しいのがカーセンサーが直接業者を統括しているわけではありませんので、この規定に従わない業者もいることを理解してください。※「ガリバー」と「ビッグモーター」は自動電話発信システムを持っています。

メール連絡指定での限界:すべての電話なしは難しい

自動電話発信システムのイメージ

ガリバーとビッグモーターはカーセンサーから査定依頼した場合に、すぐに自動で電話をかけるシステムを持っていて、実は車査定を依頼した場合の大量電話というのは、この自動化されたコールセンターが原因です。

とはいっても、基本的にコールセンターを持つ業者は少ないことに加えて、連絡事項を見ないという業者のほうが少数ですから、そういった業者とはお付き合いしないというのも悪くありません。

そして、どこの業者に車を売るかどうかを選択できる強い立場であるのはあなたですから、横柄にならない程度に強気で対応して大丈夫です。

次にどのように申し込むのかどうかを見ていきます。

実際の申し込み画面を見ながら確認

実際に申し込んだときには2枚目のページがこのようになっています。

案内に従ってやることで理解度が上がると思いますので実際にやってみましょう。

まずはカーセンサーのサイトをご確認ください。

車買取・車査定ならカーセンサー|中古車簡単一括査定3

⇒カーセンサー.net簡単ネット査定はこちらから確認

 

申込み画面を見てみると「任意項目」という部分がありますので、クリックやタップでこれを開きます。

 CarSensor.net査定画面1

「連絡希望時間帯」にメールでの連絡を希望することを入力します。

CarSensor.net査定画面2

スマホでのメール連絡指定方法

スマホでのメール連絡方法も同様に、任意項目をタップして連絡希望時間帯の項目にメールでの連絡を希望することを入力します。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定1

「任意項目:売却希望時期などを入力」をタップして、任意項目事項を開きます。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定2

「連絡希望時間帯」にメールでの連絡を希望する旨を入力します。

メールでの連絡を指定する方法はパソコンの場合と同じです。

ところで、連絡方法を指定することはできないとありますが、これはコールセンター対応の業者がいることや、確実に連絡する業者が連絡希望時間帯を確認するとは限らないことにあります。

私が試した結果⇒0秒着信で面倒はなかった

車一括査定の仕組み
車一括査定の仕組み:カーセンサーは車買取業者の仲介をしているに過ぎない

私がカーセンサーにおいて上記手順を実際に試したところでは、「ラビット」「カーセブン」「ガリバー」の3社に依頼したところ、ラビットとカーセブンはメールにて連絡でした。

自動でガリバーからかかってきた電話
ガリバーのコールセンターから来た0秒着信

また、ガリバーに関しても自動コールセンターから連絡はありましたが、0秒着信と「電話が鳴りすぎて困る」という状況にはなりませんでしたので安心して試してみてください。

メール連絡対応の買取業者確認方法

車買取・車査定【簡単ネット 車査定】 依頼内容入力 - CarSensor.net

業者の詳細ページを見るとサービス欄にメールOKを確認することができます。

なぜか薄くなっているところがあまりメールでの連絡に積極的ではないという表れでしょうか。

最初の電話はかかってくるかもしれませんが、その時に以後メールでの連絡を希望する旨を言いましょう。

業者としても査定予約を取る以上に電話での連絡で積極性はないはずです。

以上が電話連絡なしで車査定を申し込む方法です。

全部の業者がこちらの意図を尊重するかは分かりませんが、相手側のサービス欄で「メールOK」とありますので基本的には大丈夫です。

メールOKが選べる査定はこちら

営業電話を受けることなく車査定依頼したい場合

電話連絡がどうしてもいやな場合には、カーセンサーでは申込み業者が選べるので「ガリバー」と「ビッグモーター」を査定依頼業者から外せば、営業電話を受ける可能性が大きく下がります。

また、私が実際に利用した結果として、ガリバーから自動発信はありましたが、0秒着信で電話を切ってくれました。

そのため、確実ではありませんがメールでの連絡方法を依頼した場合において、ガリバーの自動発信コールセンターにおいても対応してくれることが分かりました。

カーセンサー車査定での業者選択方法
ビッグモーターに申し込まない場合はチェックを外すこと

営業電話なしで車査定を静かに行いたい場合には、ぜひ参考にしてみてください。

⇒業者を選んで電話なしで車を売るならこちら【無料】

 

なお、電話連絡を1本以外受けたくないという方は、次に説明する一括査定以外で車を売る方法があります。

一括査定以外で車を高く売る方法

ucarpack1

車を高く売るためにはどうしても一括査定を利用することが不可欠でしたが、ユーカーパックという新しいサービスが登場しました。

⇒ユーカーパックとは:公式ページで詳細説明を見る

 

なんと業者間の競争をネット上で行ってくれるものとなっています。

そのため、一括査定で面倒だった交渉なども必要なく、ガソリンスタンドやご自宅で「たった1回」査定を受けるだけなのです。

ucarpack2

もしあなたが車を高く売りたいけれども一括査定はもう使いたくないなら、最新の車を高く売る方法を確認してください。

1本の電話で車を高く売るならこちら【無料】

ucarpack300250

DMMAUTOで査定見積もり

DMMAUTOホームページ
DMM AUTO スマホで撮るだけ、クルマが売れる。

DMM AUTO」は、スマホで撮影するだけで車価値が分かるというサービスです。

価格算出にはAIを使っていることが特徴で、このことはメリットとデメリットがあります。

メリットは、車をスマホで撮影するだけで価格算出ができるので手軽であることや、単純に技術として興味深いという点があります。

デメリットは、算出された車価値にばらつきがあり、市場価値と比べるとあり得ない金額が出ることが問題であると言えます。

そして残念なことにDMM側が誤って高く買うということはありませんが、逆に車オーナー側が車を安く売ってしまう可能性は十分に考えられるために、AIの精度が安定するまではDMMAUTOだけで車価値を考えることは望ましくありません。

グーネット買取で査定見積もり

車買取・車査定なら【グーネット買取】|中古車の相場がスグ分かるオンライン査定
車買取・車査定なら【グーネット買取】|中古車の相場がスグ分かるオンライン査定

下取価格ではなく買取価格を調べることが実際に車を売ったときの査定額として参考になります。

そのため、買取価格基準で査定額を調べる必要があるでしょう。

⇒グーネット買取公式サイト:売却相場検索

グーネットの場合にはメールアドレスの入力がありますが、定期的に見積もりが送られてきます。

グーネット買取の相場情報とは

グーネット買取の相場情報はメールとホームページで確認できます。

グーネット買取から来たメール

ここからしつこく営業するというよりは、お得情報をメールするということです。

しつこくは無いけど、メールなどでソフトな営業が来ると考えるのが妥当でしょう。

また、ホームページでは、相場を時系列グラフで確認することが出来ます。

買取店からのメッセージ一覧 - グーネット買取

車価値の情報精度としては可もなく不可もなくというところですが、それなりに役立つ情報を提供してくれると判断しています。

ネットから地域の業者だけに連絡したい場合に、おまけで買取相場が分かるという場合にオススメです。

⇒グーネット買取で地域業者の連絡先と買取相場を調査するならこちら【利用無料】

車査定のトリセツ:相場データで査定見積もり

年式・年落ちの中古車査定相場グラフ
当サイトのメインコンテンツ:中古車査定相場がグラフで確認できる仕組み

車査定のトリセツは当サイトのことですが、主要車種について相場情報を毎月更新で提供しています。

この相場データについては業者利益の控除以外は元データを編集しないで提供する、速報としての提供することを目的として提供を行っています。

車買取業者と同様の基準である「業者オークションの成り行き価格」をもとにして計算していますので、市場価格を知りたいという方は「メーカー>車種」で詳細ページを見るようにしてください。

当然ですが、登録などする必要はなく無料で1分以内に確認できますので参考にしてくださいね。