車買い替えにおいては保険の処理や下取額などについて考えることが多いです。

 

ただ、多くの方の関心はいかにして新しく買う車を安く出来るか、もしくは今ある車を高く評価されるかではないでしょうか。

 

つまりは、もっぱら金銭的な側面で車買い替えについて知りたいという方が多いと思います。

 

ここでは買取と下取の違いなどの根本的な違いはさておき、実際に車の買い替えのときにはどうしたら損をしないかというところで、買取と下取をどのように使っていくのかについてみていきます。

 

⇒買取と下取の違いはこちら

 

まずは買取か下取りか、どちらを使えば損をしないのかをみていきたいと思います。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

買取と下取を上手に使う方法

下取は損であるということで言われていますが下取にも良いところはあります。

 

重要なのは下取りをするのか、買取をするのか、車や状況によって使い分けることです。

 

簡単にいえば、車価値が低い場合には下取りのほうが有利になり、車価値が高い場合には買取が有利になります。

 

また、車買い替えという状況では、下取りは購入する車の値引きをするという性格がありますから、車体自体の値引き制限があるような状況での交渉では下取りのほうが有利になる場合があります。

 

これらについては続きで詳細にみていきたいと思います。

買取査定を行っておくほうが得

車買取専門業者は車を評価する上で中古車オークションに基づいた評価をすることとなります。

 

これは流動的な評価方法で、社外パーツなども評価されることもありますから、多くの場合には、車の評価額が下取よりも高くなる傾向にあるといえるでしょう。

 

ただし、市場価値が無い車の場合には、下取りのほうが査定額が優遇される可能性があります。

 

買取についてはあくまでも市場価値に基づいて評価されるということで、有利にも不利にも働くということを知っておくと良いでしょう。

 

ちなみに、車処分価格としては軽自動車で2万円前後、普通車では3万円前後といったところです。

 

つまりは、3万円ほどは最低価格として評価されるということを覚えておくと良いでしょう。

下取り査定の特徴

ディーラーなどの販売店が車を買い替えるときに、新しく取得する車の値引きとして処分する方法です。

 

多くはあらかじめ決まった価格で評価され、社外パーツなどは基本的に評価されません。

 

基本的には車買取よりも相場は低くなりますが、例外があります。

 

まず、消費税増税によって増大する支出を軽減するために、値引きを行ったりすることを行政指導として原則できませんでした。

 

2015年に控えている消費税率の上昇のときもそうだとおもいますが、新しく販売する車体価格の消費税還元割引のようなことは出来ませんので、これを下取の値引き額で対応することになるのです。

 

実際に2014年度の消費税率上昇時にはこのように対応していた販売店がほとんどでした。

 

また、市場価格がつかないような車の場合は買取をしてくれない可能性がありますが、下取キャンペーンなどは一律で評価してくれる場合もあります。

 

こういったことで車の買い替えにおける販売促進の性格を利用して有利に立ち回ることも出来ます。

 

最後に下取は車を乗り換えることを前提としていますので、各種手続きを代行してくれたりするので手間がかからない利点があります。

 

その代行にはお金がかかる場合が多いですが、交渉次第では費用を免除してもらうこともできますので利点として書かせて頂きました。

買取と下取の使い分け

ここまでみてきたように買取と下取りは使い分けが大切であるということです。

 

つまりは、どんなときでも買取が有利とも限りませんし、下取りが金銭的には不利であるということもいつでもいえることではありません。

 

何度も言いますが、状況と車によって使い分けが必要です。

 

こちらでは、ここでは車の人気があるかどうか、つまりは市場価値があるかどうかをみていきたいと思います。

 

人気のある車

まず、人気のある車種を売る場合には車買取のほうが有利でしょう。

 

なぜなら流動的な評価をしてくれる場合には限りなく査定の限界額に近づくことが出来るからです。

 

⇒査定額の限界について

 

人気かわからない車

そしてそれほど人気が無く、ただしそこまで価値がないとは思えないような車の場合です。

 

この場合は全ての可能性を検討するのがよいでしょう。

 

車の乗り換えを前提とするならばまずディーラーで下取の査定を行って、その後一括車査定申し込みサービスに申し込みます。

 

ここで車買取の査定相場を取得して最も得が出来そうなものを選択するのが良いでしょう。

 

下取の選択基準について

ディーラーの下取と買取が同じような価格であった場合には、下取のほうがお得な場合があります。

 

まずその理由ですが、下取の場合は新しく買う車の値引きであったり細かい調整が可能なのです。

 

金額的な基準としましては買取と2万円以内の差なら下取でも良いでしょう。

 

さまざまな代行で手間が省けることと、値引き交渉がスムーズにいくことでしょう。

 

逆の言い方をすれば2万円ぐらいまでの調整幅が無いともいえますが、こちらについてはそのときの状況で変わってくるので臨機応変に考えてみてください。

 

ざっくりとした基準で2万円ということにさせていただきます。

 

市場価値がない場合

たとえば事故車であったり水没車であったりと明らかに車に市場価値がないときには、買取で値段がつかない可能性があります。

 

それでもたとえばハイエースのような利用価値が高い車については思ったよりも値段がつく可能性がありますので、一応一括車査定申し込みサービスに申し込むのもよいでしょう。

 

「うっかり安売り」は避ける

どうやっても値段がつかない車というのもありますよね。

 

こういうときは車の買い替えを前提にしますが、時々ディーラーなどの販売店では乗り換えキャンペーンのようなものをやっているときがあります。

 

このキャンペーンは販売促進として行われることが多く、具体的には下取車を一律5万円でもしくは5万円を追加した価格で買い取るというものです。

 

販売店としては車が売れればよいので、こういったキャンペーンをやることがあります。

 

もし乗り換えのタイミングでキャンペーンを実施していたら使ってみるのもよいでしょう。

 

いずれの場合にも、一括査定は無料でできますので試す意味でもやってみてください。

 

一括査定サービスの比較はこちらからどうぞ。

 

⇒車の一括査定申し込みサービスを比較

 

以上、「車買い替えの下取りで損をしない方法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。