なんとアメリカカリフォルニア州ではトヨタプリウスはエコカーの区分から外されているのをご存知ですか?

 

日本では、エコカーの代名詞であるトヨタプリウスですが、世界的には既に動きが出ているようです。

 

エコカー減税が変わる昨今ですが、日本においてもそのトレンドが来るのでしょうか?

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

カリフォルニア州のエコカー

カリフォルニア州は、アメリカ合衆国の中でもエコカーに対して厳しい環境規制が敷かれています。

 

大気資源局のアルバート・アヤラ副局長はハイブリッドカーは最新の環境技術が使われた車ではないことを述べています。

 

さらに、メーカーに拍車をかけるように自動車メーカーが州内で自動車を売るときには、新車の14%をエコカーを販売しなければいけないという義務があります。

 

現在はハイブリッドカーもエコカーとして含まれていますが、2017年にハイブリッドカーから外れてしまいました。

 

この義務は非常に過酷なもので、達成できなかった場合には車1台あたり5000ドルの罰金が課されるということです。

 

これについては、どのようになるか現時点ではわかりませんが、義務を作った経緯については大気資源局のアルバート・アヤラ副局長は、

 

「技術革新を後押しすることを目的として行っており、義務がなかったら自動車メーカーは技術開発をしないだろう」

 

と述べています。

エコカー優先道路からもHVが外された

アメリカには、車に2人以上搭乗している場合かエコカーである車は優先道路を走ることができます。

 

カープールレーンもしくはダイヤモンドレーンと呼ばれている優先道路ですが、近年トヨタプリウスがカープールレーンを走っている姿を見かけないそうです。

 

それもそのはず、2011年からこの道路におけるエコカー定義からハイブリッドカーは外されてしまい、現在では電気自動車やプラグインハイブリッドカーがエコカーとして定義されているようです。

日本でもHVはつなぎの技術でしかない

日本ではハイブリッドカーこそエコカーの代表と思われていますけれども、実はハイブリッド技術はつなぎの技術でしかないことを知っていますか?

 

将来的には、電気自動車を代表とする本格的なエコカーにシフトしていくことになるでしょう。

 

それでもなぜ日本のメーカーや税制はハイブリッドカーを売りたがるのでしょうか?

日本メーカーはなぜHVを売りたがるのか

ヨーロッパでは、ハイブリッドカーはマイノリティーでありクリーンディーゼルかダウンサイジングターボ技術を搭載した車がエコカーとなっているようです。

 

日本の車メーカーがハイブリッドカーにこだわるのは、保有している技術に固執している面があります。

 

せっかく開発したガソリンエンジンの技術やハイブリッド技術を元が取れるまで売り切りたいという思惑があるのでしょう。

 

そのため、世界的には既にハイブリッドカーは過去の技術となっているのにいまだに日本市場で盛り上げようと官民で施策を打っているのです。

 

このことを考えたうえで2015年のエコカー減税変更点を確認してみましょう。

日本経済における車産業の影響度は大きい

日本では車が売れないと日本経済に与える影響は大きいといわれています。

 

そのため、消費増税などが行われるときにおいて車の販売が悪くなりそうなとき、エコカー補助金であったりエコカー減税などであったりとなにかしらの経済施策をとってきました。

 

2015年のエコカー減税変更点を見ると分かると思いますが、ハイブリッドカー優遇になっていることを確認できると思います。

 

冒頭で述べたように世界的な流れとしては既に電気自動車やクリーンディーゼルを推奨している流れであり、ハイブリッドカーはエコカーの定義から外れている地域もありました。

 

日本においては、今回のエコカー減税がガソリン車を適用外へ排除したように、突然手のひらを返したようにハイブリッドカーを排除してくる流れとなる場合があるかもしれません。

 

今後は電気自動車orクリーンディーゼルか

現在、次世代自動車といわれている電気自動車ですが、まだまだ充電ステーションなどインフラの整備などが遅れていることもあって普及していません。

 

また、走行できる距離などにも制約があるために、普及にはもう少し時間がかかるでしょう。

 

そこで最悪でもプラグインハイブリッドカーかクリーンディーゼルをオススメします。

 

ここでこれらの次世代自動車を買うメリットとしては、税制が優遇されていることはもちろんのこと、補助金が出ることをご存知でしょうか?

 

トヨタMIRAIという車であれば最大で202万円という補助金が支給されます。

 

もちろん、その分トヨタMIRAIは車体価格が高い(驚きの600万円over!)などありますが、過去のエコカー補助金と比べると比較にならないほど支給される車も多いのです。

 

なお、この補助金が出る対象にハイブリッドカーは含まれていません。

 

このことから、特にクリーンエネルギー自動車等導入費補助金(CEV補助金)の予算があるうちに検討してみてはいかがでしょうか?

 

なお、この自動車補助金は予算が無くなり次第終了となりますので車を安く買うことに関心がある方は今すぐに確認してください。

 

 

以上、「アメリカではハイブリッドカーはエコカーではない!?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。