近年車購入時の融資として、残価設定型クレジットというものが流行っています。

 

多くの場合には3年後の満期時に、車の利用権と購入優先権を放棄するか、購入優先権を行使してそのまま取り続けるかという場合に、そのまま乗り続ける方が多いですが、車自体に飽きてしまった場合には手放すこともありますね。

 

車を乗り換える場合の3年というのは、新車購入からはじめての車検が3年後に訪れることが理由でしょう。

 

多くの場合には、車を乗り続けるわけですが、ここでは3年毎に車を乗り換えていく、つまりは残価設定型クレジットのあまり選ばれない権利放棄する側をみていきます。

 

考え方によっては、車を3年毎に乗り換えることができるので、ライフスタイルに合致すればよい車利用方法なのかもしれません。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

新車に乗り換えるのは3年・5年が多い理由

車には3年・そしてその後2年での大きなイベントがあります。

 

あのめんどくさい車検で、車検を取ってから車を売るという選択は相当珍しい決断であり、大体は車検を取るか車を売るかという選択をするはずです。

 

車を利用するならば、避けて通れないのは税金と車検費用、そして維持費です。

 

そして新車で買うと3年目にやってくるのですが、ここが分岐点になるようで、融資側もうまく組んでいますよね^^;

 

多くの方が、契約満期後も車を購入する選択をするわけですが、実質的には残価設定型クレジットというのは得なのか損なのかについて考えてみたいと思います。

残価設定型クレジットの損得

残価設定ローンとは3年後などのあらかじめ決めた期日に契約を選択できるものです。

 

車を返却してローンを終了する、残りを払う、場合によっては別の車に乗り換えるということもできるようです。

 

⇒トヨタ公式ページ:残価設定型クレジットの説明

 

あなたに得なのは3年毎に車を乗り換えることが簡単にできること、また月々の支払いを少なくすることができます。

 

販売店としては車を買ってくれること、ユーザーを囲い込みできることなどです。

 

このようなローンは最初はオリックスが販売していたのを良く見ていましたが現在はメーカーのトヨタなども参加しているのですね。

 

融資ですから、両者の利害が均衡するところで考えればそれほど悪いものではありません。

残クレのメリット・デメリット

車を購入することでできる限り総支出を減らしたいということであれば、残クレを利用することは損であるといえます。

 

次に残価設定型クレジットのデメリットについてもお話しておきましょう。

 

実は総費用について最後までローンを払うなら残価設定ローンよりも通常のローンを設定したほうが安上がりです。

 

また3年目の契約選択のときには車の状態や経済状況によって契約が変わってくるかもしれません。

 

というのも3年目の段階で、車がぼろぼろなら契約が成立しないかもしれませんからね。

 

こういったデメリットがあります。

 

残価設定型クレジットの損得については、次のページで詳しく説明していますので、気になる方は確認してください。

 

⇒残価設定型クレジットは得なのか?

残価設定型クレジットの使いどころ

私は残価設定型クレジットは良い選択ができるものだと思っています。

 

実は最近は車の乗り方に二極化しているのです。

 

短期的に新しい車を乗り換える人、長期的に車を保有する人。

 

どちらが良いともいえませんし、正しい姿というのは人それぞれでしょう。

 

あなたがどちらの人なのかによります。いずれにおいてもあなたの乗る期間があらかじめ分かっている・分かっていないなどで分けても良いと思います。

 

こんなわけ方が適切かわかりませんが、都会で車を持つならいつ手放すかわかりませんから残価設定で、郊外なら長く乗ることも多いですから通常ローンなんていかがでしょうか?

 

⇒低金利の残価設定型クレジット比較

車の乗り換え期間が長くなってきた理由

現在の車乗り換え期間の平均ですが8年~10年前後と過去よりも2年増えているという現状があります。

 

これは車の性能向上によるものも影響されています。

 

昔の車はすぐ壊れてしまうというところで乗り換えが頻繁に行われていましたが、現在は耐久性があがったので長く乗れるということですね。

 

今回の話の趣旨では、新車乗り換えを早く行っていくということでしたが、全体としては車を早く乗り換える人と、車を長く乗り続ける人に、二極化している現状がありますね。

新車乗り換えのコツは残クレをうまく使うこと

一般に車を売ったり買ったりすることは不経済なことだと思われるわけですが、実はそんなことが無いのはわかってもらえたと思います。

 

あなたが車を新車で買ったとしても、3年前に売るとしたらそれなりに高く売れるわけで、その期間の費用というのは車の使用料と考えることも出来るでしょう。

 

他方、ずっと保有したとしても最終的にほとんど価値が無く処分することになるとしたら、それも使用料と考えることが出来るでしょう。

 

ですので、一概に車の乗り換えは不経済だと考えるのは良いことではありません。

 

大切なのは期間あたりどのぐらいの車使用料がかかっているのか。

 

それを考えたうえで新車に乗り換え続ける価値があるとしたら、この乗り換え続ける方法も悪くないでしょう。

 

最後にとても重要なことなのでひとつだけお話します。

高く売れる車の選び方

車を乗り換え続けるのならば、車を買うときに安く買おうと考えるのも当然ですが、車を買うときには車を高く売れるように買ってください。

 

一番重要なのは色で、奇抜な色を選択すると売値に響きます。

 

一般的な「黒・白・銀」が一番売値が有利になりますので、特に色を決めていないなら一般的な色をご選択ください。

 

なお、こういったことについて詳しくは販売店の担当者が詳しいわけですから、「リセールバリューが高い色は?」と聞けば喜んで答えてくれるはずです。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者