軽自動車を買おうと考えている方に朗報です!

 

2015年は過去最高に軽自動車の値引きが促進されています。

 

そのため、今軽自動車を買おうと考えている方は非常に有利な価格で車を購入することが出来るでしょう。

 

軽自動車を買おうとしている方はこのチャンスを逃さずに、検討している方はどういうカラクリでこのようなことになっているのか確認してもらいたいと思います。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

2015年4月の軽自動車税が1.5倍になったことに影響を受けている

そもそもの原因は、2015年4月に軽自動車税が年間7200円から10800円と1.5倍になったことが原因です。

 

それまでは軽自動車の新車販売に占めるシェアは40%を超えて半分に迫ろうとしているほど、国内の新車のシェアを獲得していました。

 

そもそも、ここまで軽自動車が売れるようになったのは、2つの理由があります。

 

  • 軽自動車自体の性能があがって我慢の車からちょうど良い車になったこと
  • 昨今の経済的事情から安価な車を購入する傾向が強いこと

 

主にこの二つのニーズから、軽自動車の売れ行きが近年は好調であったわけですが、この状況に冷や水を浴びせる結果になったというわけです。

 

そういうわけですから、軽自動車メーカーや販売店においては目標の達成が困難になり、これを埋め合わせる形で値引きを拡大するような状況になりました、。

 

軽自動車の値引きが大きくなった理由はこれが原因であり、この状況が長く続くとは思えないのです。

 

ですから、軽自動車を買おうと考えている方は出来る限り早く動くことで、この軽自動車値引きのチャンスを有効に利用することが出来るでしょう。

実はそれほど負担増ではない軽自動車税の増税について

軽自動車税が増税となったのは2015年4月1日以降の新車登録車に対するものです。

 

つまりは、2015年4月1日の前に登録することが出来た方、そしてそれよりも前に登録した中古の軽自動車については年間7200円の軽自動車税で済むわけで、この経済的効果は大きいように思えます。

 

しかしながら、少し考えるとわかることですが実はそれほど大きな経済的影響を及ぼすものではないことに気づきませんか?

 

つまり私が申し上げたいのは年間で3600円の負担増になった軽自動車税ですが、これに平均車保有期間を考えるとそれほど高いものではないというわけです。

 

例をあげると軽自動車を買って7年保有するとしたら軽自動車税の増税前後で異なる支出は、25200円となります。

 

現在の値引きはこれを大きく上回るわけで、結局後に買うとこの値引きすらも獲得できない状況になりますので、買うタイミングが重要になってくるわけです。

 

結論として、遅かれ早かれ車を買うならこの値引きが得られる時期に買うのが賢い方法であることがわかってもらえたでしょうか?

値引きは20万円前後と軽自動車では破格のベース

販売店や軽自動車によって変わってきますが、売れ行きが想定していたよりも悪くなってしまったこともあって、値引き幅がとても大きくなっています。

 

軽自動車は車体価格がそれほど高いわけではありませんから、値引きの幅というものをそれほど大きくとることは難しかったわけですが、今の状況だとその考え方が変わってきています。

 

この値引きについて実感できる方法は、販売店を回って比較することが一番でしょう。

 

比較されるとどこで車を買うかわからない=値引きをすれば買ってくれるということで競争させることが出来ますから、値引き額を限界までh行きだすのにはちょうど良いということになります。

それでもなぜここまで値引きを行う必要があるのか

冒頭にもお話したように軽自動車は近年の新車販売台数の多くを占めるほどでした。

 

そのため、軽自動車メーカーや販売店としても多く売れるように製造していたわけですが、ここに軽自動車税の増税が実施されてそれほどインパクトがないにもかかわらず市場が落ちてしまったために、目標としていた販売台数や生産台数が保たれないという事態が発生したわけです。

 

そのため、これを値引きによって埋め合わせようという思惑があるので、値引きが大きくなるということになります。

軽自動車を買おうとしている方は2015年内がチャンス

もうここまで繰り返し説明してきたので、もうわかった!という方も少なくないでしょうけれども、あえてもう一度申し上げたいと思います。

 

軽自動車が安くなるこのチャンスを逃さないでください!

 

もしかすると後にも先にもこれが最後のチャンスとなるかもしれません。

 

ですから、車を買うと考えているなら検討だけでもしておくことが後々に後悔することがなくなるでしょう。

 

特に売れ行きが高いモデルである、ダイハツタントやホンダN-BOXなどの大型車はなかなか値引きが難しかっただけにチャンスですし、中型タイプのダイハツムーヴやスズキワゴンRも当然に値引き対象になっているので、買う予定がある方は販売店にいって確認してみてください!

 

以上、「2015年は軽自動車値引きが最高になる年かもしれない」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

なお、中古の軽自動車などについて興味がある方は非公開情報も確認できるサイトも使ってみてください。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。