人生で大きな買い物といえばまず家ですよね。

 

数千万単位の家を買うときにはローンを組むことになるでしょう。

 

そして多くの方にとって家の次に大きな買い物は車となるでしょう。

 

車を現金一括などで買うことはそれほど難しいことではありませんが、多くの方は融資を行って買うでしょう。

 

借入をするなれば、当然金利がかかってくるわけで、この金利は安いほうが良いに越したことはありません。

 

ただ、最近は少し複雑な融資が増えてきているのでそこは用心しなければいけません。

 

ここでは、近年幅を利かせている残価設定型クレジットについてお話していきます。

 

この通称残クレは金利が安い場合も多いですが、それには用心が必要なのです。

 

まずは、融資の商品種類についてです。

車の融資商品はバラエティー豊か

車を融資で買うときには様々な金融商品があります。

 

ローンなら銀行ローンであったり、JAのものであったりといった具合です。

 

クレジットなら、メーカー指定のものや残価設定型クレジットなどなど。

 

さらには、車を担保設定した上で組むのなら審査が緩やかであったりと色々なケースが考えられます。

 

こんなに種類があるならどれを選んでよいのか分からないですから、とりあえずは金利が低いものをということになるでしょう。

 

基本的にそれで間違えありませんが、残価設定型クレジットについては注意が必要です。

残価設定型クレジットの使用条件に合致していますか?

通称残クレと呼ばれている残価設定型クレジットですが、最近はメーカーによって力を入れていますから、低金利のものも増えてきています。

 

詳細は後に譲るとして、簡単に申し上げると顧客管理をし易いので各社力を入れた結果、金利が有利になっていたのではないかと思います。

 

でも、金利が低いからといって利用するのは必ずしも妥当ではありません。

 

なぜそのようなことがいえるのかといえば、残クレには車の使用条件があるのです。

 

例えば、年間8000kmまでで3年間24000kmを超えた場合は買取査定額を減額する。

 

車を買取させるとしたらあなたはお金を追加で払わないといけません。

 

このほか、様々な条件が付与されますので、安心して乗れないし傷をつけてしまったりお金を払うぐらいなら買い取るとするならばメーカーとしては利息ももらえますし、車も売れる。

 

そりゃ金利も低く出来ますよ。

 

こんなことで、もちろんユーザー有利な面もありますが、基本的にメーカー等が有利になる融資なのですね。

 

低金利だからといってなかなか油断できない、これが残価設定型クレジットというわけです。

 

残価設定型クレジットの詳細についてはこちらを確認してください。

 

⇒残価設定型クレジットは不利だった?詳細を確認!

銀行系のローンなら金利で比較・残クレは条件を確認

審査が厳しいといわれている銀行系のローンは所有権もあなたが保有できますから、面倒も無く金利も比較的低いので大変有利ですね。

 

ただし、審査が通らないとしたら次に審査を組むとしたときに一度融資審査が落ちたという履歴があるので、何度も申し込むことが難しくなります。

 

必ずそうだとはいえませんが、6ヶ月間に3社以上申し込むと以後の審査に影響があるようです。

 

これに倣うとしたら、最初は銀行系・公的ローンで低金利にチャレンジしてその後ダメそうならクレジットという流れでも良さそうです。

 

ただし、金融情報の取扱は必ずそのように処理されるわけでもなく、一般の人がどのように取り扱っているのかを判断することは出来ませんから、出来る限り一発勝負で決めたいところですね。

 

ローンについては基本的に金利が安いことで選べばよいでしょうけど、残クレについては様々な条件が絡みますから注意を要することを覚えて置いてください。

据え置かれている部分を考えると低金利残クレが有利とはいえない

金利が安いことに越したことは無いという考えですが、それは元本についても考える必要があるわけです。

 

というのも、金利が安くても支払う利息が大きければ意味がありませんよね?

 

残価設定型クレジットについては、残価部分については元本が減りませんので、高い利息を払うことになるということになります。

 

そのため、極端に金利が低い場合はさておき、そうでないとしたら金利が低くても利息が多いなんていうケースも多いわけで、一概に低金利を選べばよいということではないということです。

 

その他、残価設定型クレジットは融資形態がクレジットということもあって、あなたは所有権を保持できません。

 

そのことが車処分や他の細かい部分についても不利に影響してきますので、融資で車を買う場合には良く考えて車購入を検討する必要があります。

 

現金で買える場合には特別な値引きというのも期待することは出来ませんが、利息について考える必要が無いことを考えると出来る限り現金を用意したほうが良いということが明らかですね。

 

⇒関連ページ:現金一括払いには特別な値引きが無い

 

最近は融資の方法について、複雑化していくのでよくわからないという方も少なくないはずですが、試算までしてくれる場合がほとんどですから、わからないことは販売店の担当者に聞くようにしてくださいね。

 

以上、「残価設定型クレジットの大きなデメリット」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料なので気軽に登録でき、定期的に情報を得ることで欲しくなった良い車」を買い逃さないようにしましょう!

今すぐ新しい車探しサービスを確認する!【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットから自動車メーカーで車査定相場を見ることができます。