大学進学などに学費や生活費によってかかった教育費を借りる場合に役立つ奨学金は借入です。

 

この奨学金の借入残高は車ローンの審査に影響するのでしょうか?

 

融資審査に何度も落ちてしまうと次の融資審査を通しづらくなり、最終的には半年間通らなくなるといわれています。

 

出来れば審査に落ちることなく、一発で車ローン審査を通過したいところですよね。

 

そういったことで今回は、奨学金が車ローンの審査に影響するのかどうかみていきたいと思います。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってすごくもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので、審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

多くの場合に融資審査には影響しない

奨学金自体は車ローンの審査に影響しないといわれています。

 

つまり、いかに奨学金が巨額であっても車ローンの審査について気にする必要は無いでしょう。

 

奨学金が多額に残っていたとしても、そのこと自体が車ローンの審査に影響することはほとんどありません。

 

もし可能性があるならば、月々の返済額負担基準において、奨学金の返済がどの程度家計を圧迫しているかどうかという点で確認されるぐらいでしょう。

 

このように、奨学金自体は車ローンに影響は小さいわけですが、返済について滞るようなことがあると影響が出てくる可能性があります。

奨学金についてもブラックリストが利用されるようになった

現在奨学金は返済が滞っている人が多いことで滞納者をいわゆるブラックリスト(金融事故者)として登録されてしまうようになりました。

 

このことは、近年の動きであり、日本学生支援機構も苦肉の策であると考えています。

⇒日本学生支援機構のホームページ:個人信用情報の取扱い

 

当然ですが、ブラックリスト入りを果たしてしまうと、車ローンの審査が不利になるというのは言うまでもありません。

 

ブラックリストに載るかどうかは、事前の承認が必要なので古くに組んだ奨学金については大丈夫なことが多いです。

 

上記ページを見る限りでは、平成20年11月にJASSOが信用情報機関に加盟したために、それより前に融資を受けた奨学金では3ヶ月滞納ルールも無いものと考えられます。

 

反面、近年は奨学金を汲むときにブラックリストに載ることについて同意を求める書類を交わすこととなっているため、3ヶ月の滞納で金融事故として信用機関に登録されてしまいます。

 

このような書類を交わした状態において、返済遅延などを起こしたときには当然に車ローンへの影響がありますので注意が必要です。

奨学金滞納者のブラックリスト入り要件

滞納者が増えたことで奨学金の運用が難しくなってきたことから、平成20年11月以降に奨学金を利用することに際して、「個人信用情報の取扱に関する同意書」の提出を要求されます。

 

これは滞納などがあったときには金融事故者としていわゆるブラックリスト登録されることに同意したことになります。

 

とはいえ、他の金融機関と異なり、3ヶ月以上連続で奨学金を滞納している人に限っているようですから、まだ緩やかな対応だと思います。

 

ただし、奨学金の運営にはしっかりと返済されることは必須ですから、今後も滞納者が増えていくのであればもっと厳しい対応をすることになるでしょう。

携帯電話の料金についても滞納は危険

本件とは直接関係ありませんが、意外に知られていないことなので補足として説明します。

 

携帯電話料金については、割賦で買った携帯電話の本体料金がありますので、これを滞納することによってブラックリスト入りを果たしてしまいます。

 

このことで、ローン審査などが不利になってしまったということも多く聞きますので、携帯電話の料金支払いについては割賦料金も含まれていることに注意してください。

 

意外な理由で車ローンを落とされる理由のひとつとして携帯電話料金の滞納が近年ではトップになるかもしれませんね。

奨学金はいくらあっても基本的には車ローンには影響しない

ここまで見てきたように、奨学金が多くあっても車ローンにはそれほど影響しません。

 

しかしながらなにかしらの金融事故があった場合には、それが影響することがあるということで、特に平成20年11月以降に奨学金の融資を受けた方は、支払の延滞を3ヶ月以上しないように注意を要します。

 

現在の奨学金というものは、説明したとおり借入と扱われることはありませんが、金融事故として記録されるものあるということを理解してもらえたらと思います。

 

そのため、奨学金については何事も無ければ、基本的には問題なく車ローンを組むことができるでしょう。

 

なお、車ローンの審査に落ちてしまうと次に受ける車ローン審査に不利になることが多く、最悪の場合半年間車ローンの審査が通らないことになります。

 

実はインターネットであなたの信用情報をすぐに調べることができますので、信用情報が不安な方は車ローンを申請する前に照会してみるのが確実ではないでしょうか?

 

⇒株式会社シー・アイ・シーのオンライン信用情報確認

 

なお、上記信用機関については一例です。

 

他にも「全国銀行個人情報センター」などがあります。

 

このように信用情報共有機関は数機関あり、事業種類によって区分があります。

 

信販会社や消費者金融、割賦販売によって区分されているといった具合です。

 

過去に支払延滞などの金融事故を起こしてしまった場合には、審査に落ちる前に情報がいかようになっているか確認すれば確実ですね。

 

以上、「奨学金が車ローンの審査に影響するのか」でした。

 

あなたのカーライフにお役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。