銀行でのマイカーローンの審査について時間が掛かります。

 

このことで銀行マイカーローンの利用が、他の融資に比較して融資までの時間がかかり、エコカー減税などの利用計画に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

なぜか銀行のマイカーローン審査に時間がかかるかといえば、金利が他よりも低いならば慎重に審査をしなければいけないという場合や、車の所有権を信販会社が有していないことが多いので、慎重な信用調査が必要なためです。

 

金利と審査

 

とはいえ融資を申し込んでいる方は何が行われているのかわからないため、待っている間は他の融資審査を受けるわけにもいかず、「ローン審査に落ちてしまったのでは?」なんて不安に思ったりしますよね。

 

今回は、他の融資よりも長い時間がかかる銀行のマイカーローン審査にかかる時間はどのぐらいなのか、ということをお話していきます。

 

まずは、銀行マイカーローン審査期間が長くなる理由について詳しくみていきましょう。

条件が良い融資ほど審査は厳しい

世間一般の考え方は車の融資でも当てはまります。

 

基本的には、信用調査というのは次のようなことを確認されます。

 

  • 他社借入ばいくらあるのか
  • 保証人は付けられるか
  • 消費者金融に借入はあるか
  • 勤続年数・年齢・年収・勤務先などの返済能力
  • 金融事故情報は無いか

 

このほかにも挙げればきりがありませんが、つまりは融資した後に貸し倒れしないかどうか、最後まで返済できるかどうかの試算を行っているのです。

 

そのうえで、融資の手数料をどの程度取るのか、この手数料で妥当がどうかということを判断しています。

 

ここでいう手数料は、保証会社に払う保証料のような、そのままの意味で一時に徴収する手数料もありますが、多くの場合には金利や利息などのことを指します。

 

ここまで、説明してきたことを振り返る意味で考えてほしいのですが、返済できなくて貸し倒れしてしまう人からは多くの手数料を取らなければ融資が成り立ちません。

 

構造としては、100人の融資希望者がいて、1人貸し倒れする算段であれば、この1人分の貸し倒れを99人が負担できるような、本来はもっと難しいのですが、つまりは利息には貸し倒れ分が含まれているわけです。

 

金利が高いということは信用が小さいということで、多くの手数料が必要になる反面、信用力が大きいならばその分手数料を払わなくて良いということになります。

 

ここで、銀行が提供するマイカーローンは、金利は低めですから信用力が高い人に適する融資ということになります。

 

もちろん、信用力が低いだろうと思っていても審査に通過する場合もありますが、貸し倒れリスクを小さくしなければいけないので、その分審査も慎重に行われるという具合なのです。

 

とはいえ、低金利ローンを積極的に利用しようとすることは大切です。

 

低金利ローンを利用できるのにわざわざ高い融資を受ける必要はありませんからね。

 

借り入れ額と年収のバランスによる診断は今すぐ30秒ほどでできますので、低金利ローンに興味がある方は確認してみてください。

 

↓私が実際にやってみた結果です↓

静岡銀行マイカーローン診断1

 

⇒個人情報無しで借りられるか確認する場合はこちら

審査結果告知は2週間から1ヶ月

ここまで説明してきたように、一般に金利が低いローンほど、審査に時間がかかります。

 

当たり前のことですが、融資元有利なローンほどリスクを多く取れるわけで、そうなってくると審査も厳しいところから考えれば簡略的で済むわけです。

 

他方、リスクを多く取れないような金利が低いローンの場合には、審査を厳格に行うことでリスクを最小限に抑えようとします。

 

消費者金融系のフリーローンであれば即日融資が可能な場合が多く、対して銀行系のカーローンの場合には2週間から1ヶ月とかなりの時間を要することも少なくありません。

 

いずれにしても決まった基準について調査して当てはめるだけですが、機械的に処理できる場合と、人が確認している場合では作業遅延のスピードが全く違います。

 

このことは納車まで時間が掛けられないときに、とても困った事態を招くことになります。

 

ディーラー系ローン(クレジット)なら期間について切迫している状況では、審査に絶望的な人手不足でない場合を除けば優先してもらえるようなケースで、問題とならないことも少なくありません。

 

しかしながら、銀行系のマイカーローンでは車を購入する目的で融資するというわけで、特別に融通を利かせるなどはなく、エコカー減税やエコカー補助金の適用で問題となるケースがあります。

 

このようなときには購入計画時から審査の期間まで考える必要があり、銀行系のマイカーローンでは間に合わないことも多いのです。

 

このように、車を買うときには審査期間まで考慮する必要があります。

事前に仮審査を通せるローンがある

車を購入しようと思うと、意外に待たされるし思い通りにいかないのはローンの審査ではありませんか?

 

低金利で借りようとすると特にこの傾向が強く、仕方無しに審査が早いディーラー系の金利が高いローンを使うというケースは多いはずです。

 

実は今、仮審査を先に通しておける銀行系ローンがあります。

 

車を買う前・選ぶ前から審査しておけるので、いざ買うとなっても早く商談が進むというわけです。

 

しかも1年間審査は有効で、結局使わないとしても難しい手続き無しの無料でキャンセルできます。

 

もしあなたがローンで車を購入したいならば、事前にローン審査を通しておくと時間的に困ることがなくなりますのでオススメです。

 

⇒ローンの予約について詳細が知りたい場合はこちら

一時資金としてフリーローンを利用するときの注意点

納車までにローンの審査が間に合わない場合には、一時の資金が必要になるでしょう。

 

そこで注意が必要なのが、銀行ローンなどが審査中であるときには気をつけないといけません。

 

信用情報を確認する多くの金融機関では、短期間にたくさんの審査を行うことを良いとしません。

 

また、銀行のカーローンなどはフリーローン利用履歴を嫌いますので、フリーローンを利用するのは最終的な手段にするのが良いと思います。

 

このように、別口の融資の審査を行ったりフリーローンの利用をしたりすると本来通したい融資を受けられなくなることもあります。

 

そのため、計画的に事前に動き出すことが融資を成功させるポイントとなるでしょう。

 

ちなみにフリーローンも利用枠次第では金利が小さくなるために、ボーナスなどで短期で返せる方はこちらも意外にオススメです。

 

その場合には、銀行系のカードローンを使うと金利面で有利ですので、気になる方は融資の枠と金利の対応を見てください。

 

⇒オリックス銀行の融資枠と金利の対応表

審査が長いときほど希望がある

冒頭では、審査に通過するかどうかで時間の長さは関係ないと申し上げましたが厳密には多少関係があり、むしろ審査が長いほうが融資が通る可能性が高いでしょう。

 

というのも、特定の基準に適合しているかどうかについて、審査をしているわけでこれが通らないとしたならばすぐに結果が出るわけです。

 

場合によっては担当者が忙しいこともあって全く手続きをしていないケースもありますが(正直これが審査の遅い理由)、そうでない場合の審査結果の告知までの時間が長いときには、あなたの審査は順調に進んでいることが予想できます。

 

良心的な融資元では、何回か審査基準適合があってそのたびに連絡してくれるところもあります。

 

そのときには「仮審査が通った」ということで告知されますので、大体の場合にはこれで通ることが多いです。

 

なお、金融機関の者ではないので、詳細にはわからないですが仮審査は量的基準を特に見ているのかと考えていますので、多くの場合最初の審査が通れば大きな欠陥が無ければ後の審査も通る可能性が高いでしょう。

 

このように、審査時間が長いと感じるときは担当者が何もしていない期間があることを除けば長いことにネガティブになることはありません。

銀行系マイカーローンの準備は早めに行う

いくらの車を買うのか、計画段階である程度決まっていることが多いですが、融資に関しては後で考えることが多いようです。

 

もちろん、これは当然のことで買う車がある程度確定する前に融資のことを考える人はいないはずです。

 

ですが、例えば100万円から500万円の間で車を購入するという大雑把な算段をする人もいないように、300万円前後のSUVを買うような計画を立てるものですよね。

 

このときに、融資についても頭の片隅でセットで考えておくべきです。

 

特に銀行系のマイカーローン融資審査で時間が取られて、エコカー減税などの登録が要件とする制度を利用できないとしたら、もったいないですよね。

 

そのため、銀行の車ローンを利用するときはディーラーにいって交渉する段階から融資の準備をするのが望ましいといえます。

 

銀行系のカーローン審査期間についてまとめると、次の3点となります。

 

  • 銀行系カーローンは時間がかかること
  • 一時の資金調達は最終手段で審査回数には気をつけること
  • 審査には時間がかかるので準備を早めにしておくこと

 

さらにひとつ付け加えるとしたら、審査が厳しい低金利の融資について、審査通過が難しいだろうと思う場合は諦めて、ディーラーでの融資などを利用したほうが良い場合も少なくありません。

 

残価設定型クレジットについては、所有権留保されあなたが所有権をもてないという不便がありますが、融資が勘弁であることや車種によっては金利が低いことも魅力です。

 

低金利ローンにこだわらずに、車購入に役立つ融資先を選んで欲しいと願います。

 

以上、「銀行のマイカーローン審査期間と注意点」についてお話させていただきました。

 

お役に立てれば幸いでございます。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってすごくもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので、審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。