いざ、車を買おうと思ってローンの審査をしたら通らない・・・

 

特に過去に融資を断られた経験がある方は、この融資審査通過か否かの結果を待つのはとても辛い時間でしょう。

 

また、車を買うときに自分ひとりならまだしも家族もローン審査の通過を期待して待っていたときに落ちてしまった場合の落胆は、社会的に負けてしまったようで家族には出来れば話したくないというのは良く分かります。

 

車のローン審査は、他の融資と変わらずに返済できるかということを信用情報や勤続年数、年収などの個人情報に照らし合わせて確認します。

 

そのため、審査が通るか通らないかは実際にやってみなければわからない点がある反面、ある程度の予測と準備をすることが可能です。

 

こちらでは、マイカーローンの審査について、出来る限り審査が通過できるように、審査に落とされてしまう理由等を確認したうえでみていきたいと思います。

 

なお、借り入れ金額と年収とのバランスについて、融資可能かどうかを今すぐ30秒ほどで診断できます。

 

特に銀行系の低金利カーローンで融資を受けたい方は、確認するようにしましょう。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

過去の借入で問題を起こしていないか確認

過去にローンの返済などが遅れたことはありませんか?

 

最近の傾向として意外にやってしまうのが、携帯電話やスマホ料金の支払いを延滞することです。

 

これは割賦によって機種料金を払っている側面もあるので、遅れてしまうと金融事故になってしまいます。

 

どうしても通らないというときにはこのような状況が考えられるのです。

 

あなたの金融取引情報は一定期間保存されて金融会社が閲覧することができるようになっています。

 

ローンやキャッシングのときにこのような情報を共有することに同意したはずです。

 

そのため、過去になにか問題があったときにはその情報が閲覧されてローンの審査通過にマイナスの影響があるばかりか場合によっては審査が通過しないなんていうこともあります。

 

次に先ほど説明した携帯電話料金の支払いについて詳しくお話します。

携帯電話などの分割払いなども注意が必要

実は携帯電話の分割払いや料金支払いも滞納があると、信用情報に悪い影響があります。

 

携帯電話料金の支払いとローンは一見、別物のように思えますが中で通じている可能性があるので注意が必要です。

 

特に若年の方は携帯電話料金を滞納してしまったという方も少なくありませんので、若いときに組もうとした車ローンで問題がなさそうだったのに落とされたという経験がある方は、これが影響していることがほとんどです。

 

こういった複雑化した料金支払いについては今後も増えていくでしょうから、遅滞なく支払いできるように注意してください。

年齢は30代から50代が有利といわれているが・・・

正直、年齢で見られているかどうかは難しいものがありますが、簡単に判別する要素に使われている可能性があります。

 

実質として年齢による返済能力の有無というのはあまり直接的な因果がありません。

 

そのため、年齢で落とされるというよりも勤続年数によるところでしょう。

 

結局、返済能力があるかどうかを車のローン審査で見るために、実質的にはあまり影響が無い。

 

あったとしても、ふるい分けに使われる程度なのではないかと思います。

年収ベースにおける借入可能額概算とは

年収ベースで考えた場合に、どの程度の債務なら返済できるのかという一定のラインがあるといわれています。

 

過去においては年収の半分ぐらいまでならローンを組めたいうことですが、現在では1/3または35%というラインが多いようです。

 

ここで、今回審査をするときのローンだけでなく、現在あなたが契約している住宅ローン以外の債務について考える必要があります。

 

これから審査をする車のローンと現在の債務とをあわせて1/3または35%ラインを超さないか確認してみましょう。

勤め先は社会的信用があれば有利

ローンを組むのに社会的信用がある企業や職業であれば非常に有利です。

 

社会的に有名で名前が良く知れた企業であったり、公務員ならこの要素については相当に有利でしょう。

 

対して、中小企業などは有利ということは無いでしょう。

 

ところで、アルバイト・パートタイマーでも一定の収入があれば有利ではないですが問題ない場合があります。

極端に有利・不利な職業

極端に有利な職業は医者でしょう。

 

医者の免許があるだけで無条件に貸付をしてくれる会社もあると聞きます。

これってすごいことですよね?

 

対して個人事業主は最も不利ではないでしょうか。

 

極端すぎる例ですが、相当儲かっている事業を営んでいても審査に落とされる可能性があります。

 

また、同様に芸能人もローン審査には不利です。

 

勤続年数は3年が一定の目安

長く職場にいればいるほど有利ですが、目安としては3年いれば勤続年数の要素は一安心と思ってください。

 

対して、1年未満では例え社会的に信用されている企業でも厳しい場合があります。

 

ただ、勤続年数が極端に少なくても公務員については全く問題といわれています。

 

家を買うときもそうですが、やはり公務員はかなり安定して審査を受けることが出来ますね。

 

キャッシング利用もチェックされている可能性がある

ローン審査において消費者金融などのキャッシングの利用状況にシビアな会社もあります。

 

理想としては借り手から少しずつ金額が減っていくような返済状態ですが、実際にそうもいかないのがキャッシングの利用でしょう。

 

特に元金がずっと減らないような返済と貸し出しを繰り返すような状況はマイナスになるかもしれません。

 

しかしながら、これはその時によりけり変わる要素だと思っていますので、あまり気にしなくてもよいですし、実際にきにしてもどうにもできない要素でしょう。

 

車を買うまでにまだ期間があるならば、キャッシングの出し入れはあまりしないほうが良いということで覚えておいてください。

本当のところは貸し出しを行いたいローン会社

基本的には金融会社はお金を貸すことで利益をあげていますから、キャッシングなどを利用する方は上客でしょう。

 

そのため、本当は貸したいけど決まりとして通過させることができないということも多いと思います。

 

ただ、一度審査に落ちると以後しばらくの間は申し込みできなくなりますので、最初の審査には特に注意して挑むべきです。

 

可能ならキャッシング枠を完済してから、さらに慎重に行いたい場合にはローンを申し込む前にキャッシング枠を解約してからローン審査に挑むのが良いでしょう。

家族の信用情報も確認される可能性がある

同居する家族などについても車ローンの審査に影響する場合があります。

 

正直、そこまで立体的に情報を管理しているのか疑問ではありますが、データベースを構築する段階で関連付けできるならそれほど難しいことではないでしょう。

 

家族に自己破産や債務整理など金融事故がある場合は影響が出る可能性があります。

短期間のうちに続けて申し込むのはNG

一度審査に落ちると、通らなかったという記録が残ります。

 

6ヶ月のうちに3回申し込みしてしまうと良くないといわれていますが、実際のところは確認できないので不明です。

 

多数申し込むなら一気に申し込んだほうが良いとする意見もありますし、審査会社側でも扱いが変わっているのだと思います。

 

この通らなかったという記録が信用情報機関にあると以後少しの間は申し込みしても確実にローン審査通過ができなくなります。

 

そのため、どうしても通したいローンがある場合には不安要素を整理したうえで挑むことが適切でしょう。

意外に通りにくい車のローン審査の万能の対策

以上、簡単に審査が通らないときの傾向と対策を説明してきましたが、これが全てではないでしょう。

 

しかし、重要な点は「車ローン契約者に返済能力があるか」という点について審査を行っていますので、そこから外れるようなウワサなどはあまりあてにならないものになります。

 

最高の対策としては不安なら確実なのは少しでも多く頭金を用意することです。

ローン額自体が少なくなりますので、効果は大きいでしょう。

 

とはいってもいきなりお金が用意できない!という方もいらっしゃいますよね?

車を保有している人なら今持っている車を少しでも高く売るようにしてみてください。

 

融資を申し込む金額が小さいほど審査も楽になりますから、下取を見直すとともに頭金の用意について、保有している車を出来る限り高く売ることで達成してみてください。

 

⇒下取の見直しをして頭金を作りたい方はこちら

 

以上、「マイカーローンの審査に通らない理由」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってすごくもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので、審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。