最近は残価設定型クレジットをどこのディーラーも設定してあり、今後のトレンドとなりそうです。

 

この残価設定型クレジットは通常のローンよりも、複雑な契約を交わすことになりますが、特に注意して欲しいのが残価率という項目です。

 

残価率とは、据え置く車体価格の比率のことです。

 

残価率が高ければ、月々の支払いは安く済みますが、利息も多く払うことになります。

 

対して残価率が低いなら、月々の支払いは高くなりますが、利息は少ない額で済み購入する選択をした場合には有利となります。

 

今回は残価設定型クレジットで特に重要な残価率についてみていきたいと思います。

 

なお、ここでの話は残クレ利用時の残価率、つまりどのぐらい支払いの据え置きをするのかという車体割合の残価率であり、実際の車価値減少の残価率ではありません。

 

⇒メーカー低金利クレジットを比較まとめ

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

残価率は車種と車のクラスで異なる

設定した期限で車を買わないとした場合には払った分は車の使用料と考えられますが、これを安くするには金利を下げるほか、残価を高く見積もってもらったほうが良いです。

 

そしてこの残価をいくらに設定するかというのが残価率なのですが、車種と車のクラスで変わってきます。

 

特に車のクラスでは普通車と軽自動車が最も分かりやすく、軽自動車の場合には5割、普通車の場合には4割前後というケースが多いです。(3年満期の残価設定型クレジット)

 

残価設定クレジット「かえるプラン」(36回払い) I 残価設定クレジット
キャプチャー:スズキファイナンス http://www.suzuki-finance.co.jp/credit/kaeru-plan/kaeru-plan_36/index.html

 

軽自動車と普通車を販売するスズキでは例として分かりやすいですね。

支払いを少なくしたいなら残価率を高くする

残価設定型クレジットを利用するシーンでは、銀行系の審査が通らない場合や、最近ではディーラーで手続きできるので楽だから選択するということもあるでしょう。

 

ただ、目的が月々の支払いを減らしたいとするならば、残価率はできるだけ高く設定するようにしてください。

 

もちろん、その分だけ利息を多く払うことになりますから、全体としてみればあまり良くないのかもしれませんが、ここについては月々の支払金額か、総支払金額か、どちらをとるか目的を決めましょう。

 

そして販売会社によってこの残価率が異なる可能性があります。

 

これは自分の最寄ディーラーでは残価率はあまり自由に決められないのに、隣町のディーラーでは残価率をある程度選べたということも起こりえるということです。

 

車は割とメンテナンスをする機会が多いために、最寄のディーラーで購入するほうが望ましいですが、特に値引き交渉などをする場合には、隣町まで比較することもありますので、その過程で残価率もチェックできれば無駄がありませんね。

 

このように、販売会社によって車の残価設定が異なるのでしたら、販売会社を複数まわって情報を取得し比較するのが賢い方法です。

 

月々の支払いを抑えたいなら満期までの期間を3年に設定するのもよい判断です。

メーカー別の残価率比較

メーカーやディーラー別に残価設定型クレジットがありますが、その比較となります。

 

時期によって変わってくると思いますが、各メーカーによって特徴がありますので参考までにご利用ください。

 

詳しくは、メーカーホームページ等で確認されれば確実でしょう。

メーカー 名前 残価率
トヨタ 残価設定型プラン 車種と支払い時期により異なる
日産 残価設定型クレジット 車種によって異なる
スズキ かえるプラン 50%・40%
マツダ マツダスカイプラン 車種によって異なる
ダイハツ ワンダフルクレジット 50%
ホンダ 残クレ 50%
スバル SUBARU安心プラン 車種と支払い時期により異なる
三菱 スーパーマイカープラン 車種によって異なる

 

 

またトヨタと資本でつながっているスバルは車種と支払い時期によって異なるようです。

 

その他は、車種によって異なるといった傾向が見れました。

残価保証など契約を必ず確認する

日本の車はたいてい下取価格が下がっていたとしてもそれを保証する契約となっていますが、これは大きな傷や走行距離が規定内にある場合です。

 

このような契約内容を満たしてないと追加でお金を払うことになることもしばしばです。

下取保証などの特約もあるのであわせて確認してください。

 

輸入車の場合には残価保証型でない場合が多いので注意が必要です。

どのようなものかというと下取価格が著しく下がった場合には、残価との差額についてなにかしらの支払いなどをしなければならないということです。

 

ホンダの残クレを例にすれば、走行距離によって残価が変わりますが、車種によって残価定価係数が異なる点も注目です。

 

残価設定型クレジット(残クレ)|クレジット&カーリース
ホンダファイナンス https://www.honda.co.jp/HFC/auto/zankure/

 

残価は保証されているのか、日本車ではあまり気にならないことが多いですが、契約するときはよく確認してから購入するようにしましょう。

残価率は高いほうが有利

残価率が高ければ総支払金額は増えてしまいますが月々の支払いは減らせます。

 

残価率が低ければ月々の支払いは増えますが総支払金額は減らせます。

 

どちらが有利かどうかは人それぞれの好みになりますが、残クレを利用する目的である「月々の支払いを減らしたい」という目的であれば、残価率は高いほうが有利です。

 

また、残価率以外にも契約満期に車体の引き取り規約も確実に見ておきましょう。

これによって思わぬ出費を抑えることができるでしょう。

 

残価設定型クレジットは複雑な契約が多いですが、特に残価率と引き取り時の条件はチェックをして、賢く車を買うようにしましょうね。

 

以上、「残価率の高い車:残価設定型クレジットで損をしない方法」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】