車を買うときは現金一括で!という方は少ないのではないでしょうか?

 

あなたも車を買うときはローンやクレジットを利用しますよね?

 

このように現金一括で車を買うことは稀で、たいていの場合はローンかクレジットなどの融資を利用することになると思います。

 

ローンかクレジットの違い・お得なのは他のページで記事にしていますのでこちらで確認してください。

 

⇒ローンとクレジットの違い

ディーラーローンの金利相場

ディーラーローンの金利相場については、現在主流の残価設定型ローン(クレジット)も考えたうえで決めるべきでしょう。

 

良心的な金利を提供しているホンダは年利3.5%と、銀行系カーローンの上限相場ほどの金利で、車種によっては年利2%を切る場合がありますし、外車系はさらに金利が低いところもあります。

 

このように残価設定型ローン、金利はそこまで高くありませんから、現在のディーラーローンの金利相場は全体的に低めとなっています。

ディーラーローンの金利が低い理由

ディーラーローンの金利が近年低くなっているのは、3つの理由があると考えられます。

 

  • 顧客管理ができるためディーラー側に有利
  • 残価分に利息が付くので支払利息分で考えると実は手数料が高い
  • メーカー側のバックアップにより、メーカーとディーラー双方に利益がある

 

顧客管理ができるというのは、残価設定型ローンであれば満期日は車検などのタイミングであり、乗り換えのときに顧客と連絡が取れるので、次の営業機会を得ることが出来ます。

 

また整備などを通じて接触機会が増えることで、保守などで売り上げを得ることもできるのです。

 

また、意外に知られていないことですが、残価分には利息が付きます。

 

「据え置き」という表現は元本分の支払いをしなくて良いということですが、据え置き部分についての利息はしっかりとられますので、減らない元本について利息を払い続けるということになります。

 

そのため、総支払額でいえば圧倒的に不利であり、場合によっては残価設定型ローンの金利よりも高いローンのほうが有利ということは少なくありません。

 

最後に、メーカーとディーラーは基本的に同じ会社ではありません。

 

ディーラーに行くとメーカーのマークがあったりしますから、あたかも直営のような気がしますが、実際はメーカーとは別会社であり、ただ販売をしている会社というのがディーラーです。

 

そのため、両者の利益一致ポイントである「新車が売れること」について、メーカー側が金融会社で助けてあげることは、オリコなどの外部信販会社にお金を払うよりは、それよりも関係が深い会社同士の利害一致がありますので、金利を低くしても商売ができるということになります。

販売店によってディーラーローンの金利が変わる

さて、ディーラーでの融資金利についてですが、なんと同じメーカーでも販売会社によって異なるということです。

 

ということはですよ?同じメーカー系列のディーラーであっても、隣町のディーラーでは金利が異なることもあるのです。

 

特に車は金利が高くなりやすく、支払い期間も5年前後と長いので出来れば金利が安いほうが良いのは言うまでもありません。

 

車の取引における(もちろん全ての取引でもそうですが)良い立ち回りは色々な可能性を検討することです。

 

トヨタであればトヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店とありますが、それぞれで少しではありますが異なる金利を提示する場合があります。

 

つまり、車を買うにしても金利が異なるのならさまざまなところをまわって情報を仕入れるのがお得に買うコツでしょう。

 

金利が変わると最終的な支払総額はもちろんのこと、月々の支払額も変わります。

車をお得に買うことは情報を集めることのほかでもありません。

 

ぜひ少しでも得が出来るようにしてもらえたらと思います。

 

⇒ディーラー系ローンの比較

ホンダの特別金利は良心的

ホンダ特別金利
キャプチャー:ホンダクレジットより https://www.honda.co.jp/HFC/

ディーラーやメーカーにとってあまり気持ちの良い話ではありませんが、ディーラーローンは金利面で不透明なことが多く、全国で調べてもなかなか分かりづらい側面があります。

 

しかしながら、ホンダやスバル、スズキなどはそういった金利がわかりづらい状況でも、画一的に表明している点が良心的で、特にホンダは頭一つ抜けています。

 

なお、ホンダの特別金利は年利3.5%でこの数年間変わりませんが、さらに安い年利1.9%の適用はそのときに売りたい車に適用があります。

 

年利1.9%といえば全てのカーローンの中でも相当低い水準の金利なので、他の業者におけるディーラーローン金利を考えるといかに良心的か分かりますね。

 

200万円ほどの融資で48回払いなら年利6.9%で約30万円ぐらい利息を払うことになりますが、年利1.9%では10万円いかないぐらいに抑えることが出来ます。

残価設定クレジットの注意点

最終的な支払額も変わってきますけど、月々の支払額も変わってきます。

こういった特別金利を展開しているときに欲しい車が該当する場合には、積極的に使うのがよいでしょう。

 

車を買う上で、キャンペーンや販売店の事情(年度末前に車を積極的に売りたい)などを把握しておくと有利に事が運ぶことが多いです。

 

ホンダは残価設定型クレジットであれば多くの車種について特別金利を適用しています。

 

この残価設定型クレジットに関しては、賛否両論がありますが私としては出来る限り選択しないほうが良いことをオススメしています。

 

⇒残価設定型クレジットは利用しないほうが良い?

ディーラーローンの金利は必ず確認する

稀に極端に高い金利を提示することがあるようで、年利8%~10%という数字はカーローンなどで考えると非常に高い金利です。。

 

こういった数字が提示された場合には、他のローンについても検討したうえで購入を考える必要があります。

 

ここまで説明してきたようにディーラーローンの金利相場は現在低い水準になっています。

 

わざわざ高い金利を払ってまで購入するというのは、よほど融資の審査が通らないといった状況以外は選択する必要はありません。

 

ただでさえ高い車の維持費ですから、無駄に家計を圧迫しないように、購入前に冷静に考える時間を設けるようにしましょう。

 

⇒車を買うときに現金一括払いは特典があるのか

 

以上、「ディーラーローン金利相場」でした、

 

お役立ていただけたら幸いです。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってすごくもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので、審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1
気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】