最近ひどいことがありました!聞いてください。

 

ガードマンが行って良いという指示のうえで、前進したのに車が来て事故に・・・

 

正直、私は絶対安全だとは思えなかったのに、ガードマンが前進を指示したので前進しただけなのです。

 

このようなときに事故が起きたら、責任は誰が取るのでしょうか?

最終的には運転をした人の責任

ガードマンの指示に従ったとはいっても、運転している人が安全確認をする義務があります。

 

これはある意味で大変ではありますが、ガードマンが指示したとしても安全確認はしなければいけません。

 

ただし、もちろんあなただけの責任ではなく、ガードマンにも責任はあるでしょう。

 

そのため、全責任をあなたが追うわけではなく過失によってガードマンも責任が問われるわけです。

 

最終的な責任はあなたにありますので、ガードマンが指示したからといって安全確認を怠ってはいけません。

ガードマンの指示には必ずしも従わなければいけない?

明らかに危険であることが分かっているときにもガードマンの指示に従わないといけないのでしょうか?

 

もちろんそんなことも無く、基本的にはその場の交通整備を負かされているガードマンの指示を尊重しつつ、あなたは安全のために指示を保留にすることも可能でしょう。

 

ただ、明らかに危険であるということならばまだしも、そうではない場合にはガードマンの指示に従うことが最も望ましいでしょう。

 

なお、交通整備などをしているのが警察官である場合には、信号機に優先して従う必要があるために指示への強制力はガードマンよりも強いものとなります。

 

このときにおいても最終的な責任は運転手にあります。

 

指示に従わなければいけなかったり、安全確認をしなければいけなかったりと大変ではありますが、交通整備をしている場合には普段よりも気をつけないといけないということを忘れないようにしましょう。

 

以上、「ガードマンの指示通りでも事故を起こしたら誰の責任?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料なので気軽に登録でき、定期的に情報を得ることで欲しくなった良い車」を買い逃さないようにしましょう!

今すぐ新しい車探しサービスを確認する!【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットから自動車メーカーで車査定相場を見ることができます。