都市圏の車ユーザーを悩ませる駐車場代金問題。

 

郊外では、それほど気になりませんが特に首都圏では非常に駐車場は高くなっています。

 

東京の港区などでは、1ヶ月7万円などの駐車場も珍しく無い状況で、場所によってはほどほどのマンションの家賃1か月分になるのではないでしょうか。

 

最近、若者の車離れなんて言いますけど、確かに首都圏(大体東京都特別区内で相場は3万円/月)の車ユーザーにとってこれは負担することは大変ですから、納得できますね。

 

今回は駐車場を借りるときの注意点をみていきたいと思います。

車庫証明を取るためには家から直線距離で2km以内が条件

実のところ、1kmでも遠いと思うのですが世の中には様々な状況の方がいます。

 

そのため、ここで確認して欲しいのですが家から2kmを超える距離の駐車場は車庫証明を取ることが出来ません。

 

安い駐車場を探すために遠くで借りるというのもありますが、距離には気をつけてください。

 

余談ではありますが、2kmといえば徒歩で20分ぐらいかかる距離ですから、日常的に駐車場を利用するという場合には結構遠いわけで、車を利用するうえでは非現実的なほど離れていますね。

 

距離自体の制限はありますが、普通に車を利用できる環境ならば大体大丈夫で、どちらかといえば距離の大きさはユーザー有利な定めかもしれません。

意外に高い敷金

敷金は現状維持のために先にお金を預かっておくという目的がありますが、駐車場の場合にはそれほどこの心配は無いはずです。

 

それなのになんで敷金がたくさん必要なのかという疑問があります。

 

私は遭遇したことが無いのですが、6か月分などの敷金を請求されるケースもあるとか・・・

 

駐車場は他にもたくさんありますから、あまりにも異常な敷金だと思うなら他を探しましょう。

 

当然のことながら、設備に何かとお金がかかっている駐車場ほど敷金が必要なのはいうまでもなく、砂利駐車場ならばそれほどかからないでしょう。

 

私は砂利駐車場を利用していましたが、敷金も礼金も払った記憶がありません^^;

駐車場には借地借家法が適用されない

駐車場は借地借家法が適用されないので、貸主が一方的に契約を解除することが出来ます。

 

そのため、滞納などをしてしまうとすぐ追い出されてしまいます。

 

駐車場が少ない地域では、これは当然に行われますのであまりにも高い駐車場を借りるときやうっかり支払いを忘れてしまうなどが無いようにしたいところです。

 

なお、駐車場が比較的空いている地域ではその心配が少ないでしょう。

 

ただし、駐車場が空いていない地区や土地ころがしのために駐車場にしている場合などは、将来的に追い出される可能性があることも覚えておきたいところです。

ネットなどの駐車場情報より地元の駐車場情報

最後に駐車場の探し方ですが、ネットで探すよりも地元の不動産屋などで聞いたほうが優良な物件を探せるケースが多いのです。

 

地域によって駐車場の相場はある程度決まってはいますが、それでもばらつきはあるものです。

 

砂利の駐車場や立体駐車場などの設備の違いによるものはまだしも、同じ条件で値段の差が有る場合もあります。

 

駐車場の料金は毎月、必ず掛かってくる費用ですから、少しでも節約できるように安い駐車場をネット以外でも探してみましょう。

 

意外にお得な物件が見つかるかもしれませんよ。

運営に消極的な駐車場は多いのが難点

ここまでみてきたように都心の機械式立体駐車場などの一部を除けば、駐車場運営はそれほど積極的に行われていません。

 

月極の駐車場ではありませんが、コインパーキングなどは土地ころがしに失敗してしまった場合や遊休土地の活用程度にしか考えていないところを見ると分かりやすいでしょう。

 

地方では土地あまりの場合にわざわざ駐車場を借りることもありませんし、都市ではオーナーも不動産屋もそれほど儲かる案件ではないので力を入れたがりません。

 

そんなわけで駐車場を探すとなると何でもよいのならば別に難しくはありませんが、良い駐車場を安くとなると結構難しかったりします。

 

ここでひとつの提案としては、あなたにとって何が大切なのかを決めたうえで駐車場探しをするということでしょうか。

 

たとえば家から近い場合や、屋根つきなど設備がしっかりしている、賃貸料が安いというような要素です。

 

これらの何を重視するかで駐車場選びをするというのが最も良い選択をできる助けになるでしょう。

 

あわせて将来的に追い出されたときのために、地域の駐車場の競争状況を考えたうえで決めるようにしてくださいね。

 

途中で書いたように住居と違い、簡単に追い出されてしまいますから^^;

 

長く住む地域で駐車場の競争がある場合には、将来期間で解除される心配が無いという要素も見てみてください。

 

以上、「駐車場を借りるときの注意点」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。