廃車手続きは軽自動車も普通自動車もそれほど変わるものではありません。

 

ナンバーを返して法的に抹消するということは同じなのです。

 

ただ書類については呼び名が異なったりしますのでそれについて確認してきましょう。

まずは廃車手続きの名称を確認する

普通車では一時抹消と永久抹消がありました。

 

軽自動車では、これにかわって自動車検査証返納届と解体返納となります。

 

また届け出を行う場所も、普通車が運輸支局なのが軽自動車では軽自動車検査協会となります。

軽自動車を廃車するときに用意する書類

 

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 解体に関わる移動報告番号
  • 解体届出書

 

解体に関わる移動報告番号というのはリサイクル番号のことです。

 

次に普通自動車と異なるものが、

 

  • 軽自動車税申告書

 

という書類です。

 

また普通自動車では必要だった書類で軽自動車の場合に必要が無いものがあります。

 

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 委任状(業者に依頼する場合)

 

軽自動車の登録には実印と印鑑証明書が必要ありませんでした。

 

廃車時も同様に不要となります。

 

ただし、認印は必要になりますので、必ず持っていくようにしましょう。

平日に時間が作れる方は自分で処理するのも良い

軽自動車検査協会は平日しかやっていないため、土日祝日には廃車手続きが出来ません。

 

そのため、土日しか時間が作れないような方では自分でやるというのは難しいですが、平日昼間に時間が作れる方は自分で行うと費用が節約できます。

 

実際に、手続き自体はただ書類を集めて提出するだけですから誰でも出来ますしね。

 

ただし、注意して欲しいのが廃車をする軽自動車を乗っていくと帰れなくなります^^;

 

公共の交通手段を使うか、他の車を利用するようにしてください。

 

普通車の廃車と比べて多少簡素化されているような印象を受ける軽自動車の廃車手続きですね。

 

以上、「軽自動車の廃車手続きについて」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料なので気軽に登録でき、定期的に情報を得ることで欲しくなった良い車」を買い逃さないようにしましょう!

今すぐ新しい車探しサービスを確認する!【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
⇒車査定相場を確認したいならこちら