中古車を購入する理由は人それぞれですが、新車は高いので中古車を購入するという場合がほとんどでしょう。

 

この場合、お金が無いというだけではなく、新車自体に価値を感じられないという方もいるはずです。

 

新車については全体として考えると無意味に高い価格が設定されているので、「何それ?」という方はこちらのページを確認してください。

 

⇒新車が不条理に高い理由とは

 

さて、こちらでは中古車をなぜ購入するのか?ということを中古車の魅力を考えながらみていきたいと思います。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

安い以外の魅力は特に無し!

実のところ、理由付けすればいくらでもあるのです。

 

例えば絶版のモデルは中古車でしか買えませんよね?

 

これを魅力ということも出来ます。

 

また新車では純正では付かないような社外パーツが付いていたりお買い得感がありますよね。

 

でもですよ。

 

絶版のモデルを買うことは確かに中古車でしかありえませんが、こんなことはほとんど理由にならないと思います。

 

はっきりいって、中古車は新車よりも安い!という事実は確実に見逃せないでしょう。

 

そこでどのような状況下で「中古車は安い!」「中古車を買ってお買い得だった!」と感じられる状況をあげていきたいと思います。

数年前の不人気車を今から買い戻す

私は若年だった頃に欲しかった車があります。

 

トヨタMR-Sという車です。

 

特徴は2シーターのスポーツカーですが、なんといってもエンジンが車の真ん中にある(これをMRといいます)ことです。

 

ただし、、、

 

残念なことにトヨタMR-Sは2000年前後に車は発売されたのですが、スポーツカーは全く人気が無かったのです。

 

トヨタは完全に空ぶったので、以後2014年の86復興まではスポーツカーが出ていないのではないでしょうか^^;

 

前置きは長くなりましたが、このようにトレンドから外れた車というのは大変安くなっています。

 

現在も依然としてスポーツカーは人気がありませんが、車自体は良い車なのに大変もったいないことです。

 

このようにエコカーブームから考えるとスポーツカーなんてマイナス面のトレンドですからこれを利用して車を安く買うということです。

 

どうです?お得でしょう?

走行距離10万km以上の過走行車を乗りつぶすつもりで買う

私の友人にN氏という車・バイク・釣り好きのアラサーがいます。

 

この人物の何が凄いってぼろいホンダステップワゴンを乗りつぶして、文字通り壊れるまでステップワゴンを乗っています。

 

毎回、5万円でステップワゴンを仕入れるそうです。

 

キズがあっても気にしないし、何か問題があっても途中で止まったりしなければOKという欠陥中古車もなんのそのという強靭な心の持ち主です。

 

2年前に話を聞いたときは、3回目のステップワゴンということでしたけれども、そのときにいっていたのは、「もう格安ステップワゴンが減ってきて困っている・・・」ということでした。

 

これが暗示しているのは、海外輸出が促進しているのか、それともN氏のような人物が多いのか、いずれにしてもお得なのは間違えありません。

 

個人的な考えですが、軽自動車の格安車は作りが悪い場合が多いのでオススメしませんが、中規模の車ならなんかしら欠陥が無ければ問題ないケースも少なくありません。

 

中古車ですから絶対的な保証などもありませんが、欠陥も愛せるN氏のような人物なら良いかもし連戦ね。

実質的なラインで新車から3年で流通する中古車を狙い撃ち

普通の方(?)にオススメなのがこの3年落ちの中古車を狙い撃ちで買う方法です。

 

車は車検のタイミングで手放す方が多いのをご存知ですか?

 

そのため、新車発売+1年から3年後には市場流通量が増えます。

 

市場の原理では、需要と供給によって価格が決まるといわれています。

 

これが必ずしも当てはまるとはいえないとしても、やはり中古車市場に流通する車は安くなります。

 

例えばトヨタアクアは2011年に発売されてから、登録などを含めると2015年現在、中古車流通量が増えていますのでチャンスということになります。

 

このような車検によって車を手放すというタイミングを狙い撃ちするならば、新車登録から3年・5年・7年などを狙っていくと、状態はソコソコ良いのに何故か安いというお得な中古車を買うことが出来ます。

 

普通の方が「良い中古車選び」という疑問について質問するときには必ずこのことをお話しています。

 

中古車を買う以上、新車と比べてリスクは大きいのは当然ですから、そのリスク以上に価値のある車を取得できればお得ですよね?

 

良い中古車を買うなら市場のタイミングを確認するということをやってみてください。

 

新車発売から1年ほどが最も新車登録が多い時期ですから、そこから3年・5年・7年目がチャンスです。

市場バランスで安くなっている車はオススメ

ここまで説明してきたのはいずれも市場とのバランスによってお得な中古車を探すことが出来ます。

 

今回説明したものを全部ミックスしてみると、スポーツカーという現在のトレンド外である日産フェアレディーZ(300ZX:1世代前のモデル)の過走行車を車検が切れるタイミングで買うことでかなり安く買うことなんてことになるでしょう。

 

車体価格が安くても税金は高いし、燃費は最高に悪いし、古い日産の車は内装がギシギシうるさいと最悪ですが、性能の高い車を格安で買うなんて嬉しいことではありませんか?

 

ここまで極端な例は別としても、3年落ちの中古車は普通にオススメですから、中古車選びの基準に選んでみてください。

 

今回は、他のページやサイトのように○○を確認しましょう!というようなニュアンス外から中古車の魅力やチェックポイントを見てみました。

 

何かにお役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】