残価設定型ローン・クレジットで事故した車

残価設定型ローン・クレジットで大きな事故を起こしてしまうと、将来の満期日に下取りされる金額が不利になってしまいます。

 

当然、自分が悪い事故ならまだしも、例えば信号待ちで後ろから追突などの場合にも、当然車の下取り額は下がってしまいます。

 

問題は車の下取り額が下がった状態で満期日を迎えた場合に、車購入選択をすると全体として不利になる残価設定型ローン・クレジットの選択肢が減ることです。

 

つまり、下取り評価が減っているなら車を買い取るという選択をより強く選ぶ傾向があるのです。

 

このことは残価設定型ローン・クレジットの契約をしたときに可能性としては知っていたけど、実際に起こってしまったことを想定して購入するという方は珍しいのです。

 

したがって、残価設定型ローン・クレジットで事故してしまった場合は、下取り時の評価額が不利になるだけでなく、車購入選択もとりやすくなる傾向があるということで、二重の損があるということを知っておいて欲しいのです。

 

こちらでは、この損について、詳しくみていくとともに、不利になりやすい残価設定型ローン・クレジットをいかに解消するか見ていきます。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

残価設定型ローン・クレジットとは

実際にあなたにも車販売店にも利益があります。

 

  • 金利が有利な場合が多い
  • 月々の支払い額が少なくて済む
  • 審査が銀行系ローンなどに比べると緩やか

 

販売店としては車が売れることと顧客を管理できることが出来ますので、ディーラー系の販売店が積極的に導入しているわけです。

 

でも、この残価設定型ローン・クレジットには落とし穴があることをご存知ですか?

事故を起こしたときの車体の下取り評価

残価設定型ローン・クレジットでは、満期日に車体を下取りに出して契約を終了するという選択がありますが、このときに事故車は当然査定額が下がってしまいます。

 

実は、事故などがあって車の価値が著しく下がった場合には、残念ながら契約時の価格で下取りということにならず、下取りを選択して契約を終了させるならば、価値低下分を支払うという方法が必要になります。

 

もちろん、車両保険を使えば車の損傷した箇所を直すことは出来ますが、車は骨組み部分まで深い損傷を受けると修復が出来ず、修復歴がある車として扱われてしまいます。(一般にいう事故車ということ)

 

つまり、残価設定型クレジット・ローンで車を購入した場合には、車両の状態を維持することは将来払う可能性のあるお金に影響し、さらに自分に過失がなくてもそうなる場合があることを知っておく必要があります。

残価設定型クレジットの事故による評価損:判例

ここまで見てきたように自分に過失がない場合も損をする可能性が高いというのは、損害賠償の判例を見ると分かりやすいです。

 

簡単に言えば残価設定型ローン・クレジット契約があることで、車評価損は満期日の選択によって支払い義務が生じることになり、その原因が事故によるものであれば、その評価損を事故の原因がある者に請求できるのかというものです。

 

ここで評価損をどう考えるかという点が争いの焦点になり、判例では評価損を認める結果となりました。(横浜地判平成23年11月30日・交民44巻6号1499頁)

 

ただし、これは満期日に車を下取りに出すという選択をした後で起こった事故である点を見逃さないでください。

 

というのも、例えば満期日に下取りをするということを決めていない場合には、評価損は認められない判決になっていた場合も十分に考えられます。

 

残価設定型ローンで購入した車の修理費用請求 - 弁護士ドットコム
残価設定型ローンで購入した車の修理費用請求 – 弁護士ドットコム 出典:https://www.bengo4.com/c_2/b_634902/

 

弁護士ドットコムでも同様の見解があり、法や判例に詳しい弁護士の考え方も同様であることから、残価設定型ローン・クレジットを利用して車を購入した場合における評価損は認められにくい現状があることを知っておきましょう。

車両保険は車の修理だけ

残価設定型ローン・クレジットを利用する場合は車両保険を購入している方は少なくありませんが、車両保険は車両の修理についてのみ適用されるものです。

 

つまり、車の損傷が大きい場合には、車は修復歴車となってしまい、これによって下取り時に評価が落ちる分を補償されるわけではありません。

 

その点で、車両保険でリスクに備えられるのは車の修理部分だけということを知っておきましょう。

 

逆に言えば、修復歴が付くような大きな事故で無ければ、十分に車両保険で損害に備えることが出来ます。

 

このことは、残価設定型ローン・クレジットで購入した車が、いつでも下取り評価を落とす可能性を持っていると知ったうえで車利用することを知るうえで重要なことです。

残クレはディーラー有利に作られている

最近、残価設定型ローン・クレジットを使って車を買う人が増えています。

 

残価設定型ローン・クレジットとは、あらかじめ決められた期日を契約の満期日に設定して、その時に再契約をするかまたは車を手放すかどうか決定できる契約です。

 

残価設定型ローン・クレジットの最大の利点は、クレジット契約の審査が銀行などのローンに比べて通り易かったり、月々の返済額を少なくしたり出来ます。

 

車販売業者としては、車を売れるので双方に利点があるというわけですね。

 

ただし、この残クレは基本的にディーラー有利に設計されているのです。

 

満期日の下取りについてもディーラーが損をしないように設計されています。

下取り時の条件:ホンダクレジットの例

車業界の残価設定型ローン・クレジットで分かりやすい表示をしてくれているホンダクレジットの例を見てみましょう。

 

まず下取り時においては走行距離による判定があり、走りすぎている車は下取り評価額の修正を行うことが明記されています。

 

また、違法改造や事故の修復歴があった場合には別途規定の清算金を負担するとありますね。

 

残価設定型クレジット(残クレ)|クレジット&カーリース|Honda
残価設定型クレジット(残クレ)|クレジット&カーリース|Honda 出典:https://www.honda.co.jp/HFC/auto/zankure/

 

このことを考えたうえで車下取り時による残クレの性質を判断すると次のようになります。

 

車下取り時の残クレ性質

  • 残クレで買った車は完済まで使用権しか与えられない
  • 人気変動による下取り保証額以外はディーラー有利
  • 車両保険では修復歴が付いた車の評価損は回避できない場合が多い

 

このように車下取りを選択した場合の残クレは一部を除いてユーザーは不利になっています。

 

また、車下取りを選択しなかった場合も総支払額でユーザーが不利になりますので、実は使い勝手が悪い車の買い方であることが分かります。

残クレの縛りが嫌な場合は借り換えも検討

買うときにはそれほど気にしなかった残クレの契約ですが、実際に乗ってみると面倒が多いことに気づかされます。

 

走行距離規制や状態の保全に何かと神経を使うからです。

 

まあこれは当然でもあり、あなたは車の使用権を持っているだけで所有権は持っていませんから、仕方ないといえば仕方ないわけです。

 

そんなときは借り換えを検討してみてはどうでしょうか。

 

実は住宅ローンではメジャーな借り換えですが、車ローンでも最近は流行りつつあります。

 

当初は時間や審査の都合でなかなか難しかった借り換えも、時間に余裕が出来たときに低金利に借り替えるという方が増えているのです。

 

もし、あなたが残クレの縛りが嫌であるとか、払う利息を減らしたいと考えているならば、借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

↓実際にやってみた結果↓

静岡銀行マイカーローン借り換え2

 

払わずに済む金額は純粋に将来に向かってお金が増えるようなものですから、差額が無視できない金額かどうか確認してみましょう。

 

⇒今すぐ借り換えシミュレーションをしたい場合はこちら

 

残クレ中の車を売る場合

乗り続ける気が無いなら、お金があるときのお話ですが車を手放すときに払って処分したりすることが出来るでしょう。

 

ただし、お金が無いとなれば話は別です!

 

このとき、あなたはお金を払って車を下取りさせるわけにはいかないので乗り続ける選択をすることになるでしょうけど、実際には事故車であっても価値はあるものです。

 

そのため、下取り価格は多少不利になっているようですが、外部の買い取りサービスの査定も受けてみて有利なほうを選択することもできることはご存知ですか?

 

そもそも、残クレの下取り価格は妥当じゃない場合もあります。

 

例えば、外部では100万円の価値が有る車を事故車だから80万円とするというケースもあります。

 

そのため、その価格が妥当かどうか調べる上でも残クレ満期日前には車の価値を知っておくのが大切となります。

 

残クレを組んでいたときに不運にも事故にあってしまったり、事故車となってしまって乗り続ける気が無いのならぜひお試しください。

 

下取り価格が適切か確認するときはこちら

 

残価設定型ローン・クレジットで事故:まとめ

残価設定型の融資については、満期のときに車を渡すか、もう一度融資を組んで買うことにするかを選ぶことが出来ます。

 

そのため、事故などがあれば評価額が落ちるので、車を渡すときにはお金が掛かるでしょうけれども、これは契約で決めた話なので仕方がありません。

 

そもそも、残価設定型ローン・クレジットはディーラー有利な内容に作られているので、利用した時点で事故をしてしまったことも考えておくべきなのです。

 

人は将来の損について、楽観的な見方をするために本質的に難しいことではありますが、だからこそ残クレはその点をついているため、あまり利用するべきものではないと言えるのかもしれません。

 

なお、事故をしたままの車を売ることも可能で、下取価格との兼ね合いもかねて査定してみるのも悪くないでしょう。

 
⇒事故現状車の査定を行う場合にはこちら【無料】

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均18万円査定額UP!(概算価格が分かるから下取り相場とすぐ比較可能!)
相見積もりで業者間の比較
一括査定利用で平均17万円査定額UP!(実例で13万円から60万円も上昇!)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者