残価設定型ローン・クレジットで事故してしまったとき

CMを見ればどのディーラーも通称残クレに力を入れていますよね。

 

実際にあなたにも車販売店にも利益があります。

 

  • 金利が有利な場合が多い
  • 月々の支払い額が少なくて済む
  • 審査が銀行系ローンなどに比べると緩やか

 

販売店としては車が売れることと顧客を管理できることが出来ますので、ディーラー系の販売店が積極的に導入しているわけです。

 

でも、この残価設定型ローン・クレジットには落とし穴があることをご存知ですか?

残価設定型ローン・クレジット事情について

最近、残価設定型ローン・クレジットを使って車を買う人が増えています。

 

残価設定型ローン・クレジットとは、あらかじめ決められた期日を契約の満期日に設定して、その時に再契約をするかまたは車を手放すかどうか決定できる契約です。

 

残価設定型ローン・クレジットの最大の利点は、クレジット契約の審査が銀行などのローンに比べて通り易かったり、月々の返済額を少なくしたり出来ます。

 

車販売業者としては、車を売れるので双方に利点があるというわけですね。

 

ただし、この残クレは基本的にディーラー有利に設計されているのです。

 

満期日の下取りについてもディーラーが損をしないように設計されています。

事故を起こしたときの車体の下取り評価

事故車は当然査定額が下がってしまいます。

 

ここで気にあるのが満期日の取扱ですね。

 

実は、事故などがあって車の価値が著しく下がった場合には、残念ながら契約時の価格で下取りというわけにはいかないようです。

 

具体的にいうと、お金を追加で支払う可能性があるというわけです。

 

このときにお金が無かったらどうなるかわかりますか?

 

車を買うことになって、またローンやクレジット契約をしなければいけないわけですね。

 

これはあなたの想定した事態でしょうか?

残価設定型融資での事故賠償

残価設定型の融資では、所有権が信販会社にあるために、他人のものを損傷してしまったことになります。

 

このことについて賠償などを受ける可能性があるのでしょうか。

 

この点については基本的に全く問題なく、賠償を受けることはほぼありえないでしょう。

 

もともと、残価設定型ローンやクレジットをするときには、事故があった場合の契約をしていることがほとんどであり、その取り決めにその後も従うという状況です。

 

ある意味では、車を買い取ったりしなければいけないということを考えれば、想定していた下取予定額との現状評価額が賠償金額と考えることもできます。

 

とはいえ、法的に何かの訴えを起こされたりすることはほとんど無いので心配は無用でしょう。

車両保険との関係性について

自動車任意保険の車両保険に入っていれば、当然ですが保険適用で補償を受けることが可能でしょう。

 

また、あなたが被害者であれば相手の保険を適用することでも物損の損害補償を求めることが出来ますね。

 

車は資産としてあまり適していないといわれているように、資産価値としては下落が早いものですが、突然の有事においては保険でしっかりと補償されますので、いざというときほど有意義に使っていきたいものです。

 

自動車保険の補償とあわせることで、残価設定型ローンやクレジットの事故時の不都合を多少改善できるでしょう。

どうしてもお金が無いときには車の下取りと買取を比べてみる

乗り続ける気が無いなら、お金があるときのお話ですが車を手放すときに払って処分したりすることが出来るでしょう。

 

ただし、お金が無いとなれば話は別です!

 

このとき、あなたはお金を払って車を下取りさせるわけにはいかないので乗り続ける選択をすることになるでしょうけど、実際には事故車であっても価値はあるものです。

 

そのため、下取り価格は多少不利になっているようですが、外部の買い取りサービスの査定も受けてみて有利なほうを選択することもできることはご存知ですか?

 

そもそも、残クレの下取り価格は妥当じゃない場合もあります。

 

例えば、外部では100万円の価値が有る車を事故車だから80万円とするというケースもあります。

 

そのため、その価格が妥当かどうか調べる上でも残クレ満期日前には車の価値を知っておくのが大切となります。

 

残クレを組んでいたときに不運にも事故にあってしまったり、事故車となってしまって乗り続ける気が無いのならぜひお試しください。

 

下取り価格が適切か確認するときはこちら

 

残価設定型ローン・クレジット中に事故も保険があれば問題なし

残価設定型の融資については、満期のときに車を渡すか、もう一度融資を組んで買うことにするかを選ぶことが出来ます。

 

そのため、事故などがあれば評価額が落ちるので、車を渡すときにはお金が掛かるでしょう。

 

そうしたことで、車を購入するという選択になることがほとんどですが、自動車保険を利用することで幾分かこのペナルティーを軽減することが出来るでしょう。

 

あなたが車両事故で被害者ならばよいとして、よくあるのが単独事故や加害者で保険を使うのがもったいないから保険を利用しないというケースです。

 

保険はいざというときのために払っているので、こういったときに保険を利用したければお金を掛け捨てているのと同じです。

 

もちろん、ちょっとこすっただけという程度で使うのはばかげていますが、保険は使うためにあるということを意識して、適用するべきか積極的に考えて欲しいと思います。

 

なお、事故をしたままの車を売ることも可能で、下取価格との兼ね合いもかねて査定してみるのも悪くないでしょう。

 
⇒事故現状車の査定を行う場合にはこちら【無料】

 

以上、「残価設定型ローン・クレジットで事故してしまったとき」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車の残価率を知って残価設定型クレジットで得をする
    最近は残価設定型クレジットをどこのディーラーも設定してあり、今後のトレンドとなりそうです。   この残価設定型クレジットは通常のローンよりも、複雑な契約を交わすことになりますが、特に注意して…
  • 残価設定型クレジットのメリット・デメリット
    皆さんは車をいつ手放す予定ですか? 壊れるまで乗りますか? それとも高く売れるうちに売りますか? 実は多くの方が新車登録から3年で手放すことが多いのです。 なぜ3年なのかといえば初回の車検が切れるのが…
  • 残価設定型クレジットの大きなデメリット
    人生で大きな買い物といえばまず家ですよね。   数千万単位の家を買うときにはローンを組むことになるでしょう。   そして多くの方にとって家の次に大きな買い物は車となるでしょう。 &…
  • 残価設定型クレジットはより多く値引きが受けられる?
    皆さん聞いてください!   なんと、現金一括よりも融資をしたほうが安くなる場合があります。   普通は現金一括払いが一番安くてクレジットを使うと金利分で高くなりますよね。 &nbs…
  • ディーラーローン金利は販売会社で異なる
    車を買うときは現金一括で!という方は少ないのではないでしょうか?   あなたも車を買うときはローンやクレジットを利用しますよね?   このように現金一括で車を買うことは稀で、たいて…