出来れば高く売りたいと考えるのが車買取。

 

日常生活内にあるような本やDVDなどの買取と異なり、数十万円から数百万円の現金を手にする機会というのはそれほど多いものではありませんね。

 

それでも走行距離がすすんでしまった車、いわゆる過走行車はやはり高く売ることはおろか、売ることすら難しいのでしょうか?

 

こちらでは、過走行車を売るときにできる限り高く売りたいということをメインでみていきます。

 

まずは、過走行車の範囲からみていきましょう。

どこから過走行車というか

言葉というのは定義するところから始まります。

 

どこからを過走行車というべきなのか難しいところですが、新車登録からの年数に対して、走行距離がすすんでいるものを過走行車と呼び、多くの場合に走行距離10万kmを超えた車は過走行車とします。

 

なお、年数に対応した走行距離というのは、乗用車の場合には年間1万kmが平均といわれています。

 

残価設定型ローンの条件としても、年間1万kmというものが多いですね。

 

つまり、裏返して考えると新車登録から10年間ほどで古い車となってしまって、走行距離でいうところでは10万kmを超えるあたりで使いつぶした車と考えてよいのではないでしょうか。

 

古い車、消耗した車として、一般的な認識としても合致する数字ですね。

なぜ過走行車は高く売れないのか

車はモノですから、古いものであれば一般的に価値が低くなるものです。

 

そのため、使い込んだ車ほど低い価値になってしまい、売値も安くなってしまうというのは当然の判断でしょう。

 

でも、車の価値が一番下がるのは新車で買ってから1年間って知っていましたか?

 

古いものほど、価値の減少が緩やかになります。

 

特に、とても古くなってしまったら価値は下がりきっているところからの減少ですからそれほどでもないのです。

 

そのため、過走行車だからとあきらめるのではなく下止まり状態である程度売れる可能性があります。

 

次に、下止まりの価値とはどういうものでしょうか?

税金の還付と鉄くずやパーツとしての価値は残る

車は資源の価値や税金・リサイクル料金還付で価値がありますので、最終的なところではこの価値に近似するというわけですね。

 

つまりは、鉄くずや税金還付で5万円の価値があるのなら、それを0円や有料引取りで売ってしまうのは非常にもったいないでしょう。

 

もちろん、5万円の価値のものを5万円で買い取ってくれるわけではなく、引き取り費用などもありますから多少売値が下がりますが、酷い売値にならないように気をつけたいものです。

 

資源としてはこれぐらいの価値があるとしても、実は過走行車であっても評価される車というのは存在しています。

 

特に海外で利用されるような車では、パーツとしての価値も認められていますので、次はその部分を詳しくみていきます。

海外で高い評価の日本車

世界での日本車に対する評価は壊れにくい車というものです。

 

戦後、日本の製造業製品に対する世界の評価はそれほど高いものではなく、むしろ粗悪品という印象が強かったそうです。

 

しかしながら、日本製の製品が20世紀末になったときには品質が高いという評価を世界から受けるようになりました。

 

車も例外ではなく世界中で人気があります。

 

とても特徴的なのが、パーツ取りの車としても価値があるというところです。

 

日本では、車のスクラップというとどうやってリサイクルするのだ!と思う方もいらっしゃいますが海外では反応が異なるわけです。

 

そのため、日本の車スクラップ置き場を日本人はゴミ置き場としか思いませんが、海外の人によっては宝の山に見えるようですね。

 

このように、日本車は海外で非常に人気であり日本で売るのが難しい、価値が認められないような車でもかなり高い評価で買ってくれる場合がほとんどです。

 

海外では動けばOK!という場合も多く、輸出業者としても自動車重量税やリサイクル料金などの還付によって利益も取れるのです。

 

よく0円で廃車をしますというのぼりをみますが、確実に儲かるから0円で引き取りなのですね。

過走行車であってもそれなりに売れる

このように過走行車でも価値が高いのが分かりました。

 

最悪、動かないような車でもパーツとしての価値もありますし、自動車税などの還付によって確実に儲かるように出来ているようです。

 

ユーザーは売れないのではないかという不安がありますので、そこを付いて0円で引き取りや有料引取りを成立させることが出来るのですね。

 

ちょっとした裏技的なものですが、車買取店や廃車業者は1円以上で「買取」を行うことでリサイクル料金がらみの抜け穴を付くといわれています。

 

そのため、0円での引き取りですがせっかくなので1000円で買取させていただきます!という意味不明なオファーも納得できるのではないでしょうか。

 

以上のように、買取業者としても古い車であっても欲しいというのが本音ですから、安く売り過ぎないように気をつけながら少しでも高く売れるように準備するのが良いと思います。

 

まずは廃車を考えるよりも買い取りに出してみるのが得策ですので、少しでも高く売れるように頑張ってください!

 

⇒過走行車でも高く売るためのネット査定詳細【利用無料】

 

以上、「過走行車の買取査定で注意したいこと」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。