中古車査定で重要なのがやっぱりあなたの車がいくらになるのかということではありませんか?

 

下取りに出すにしても車買取を依頼するにしても、持っている車がいくらで売れるかをあらかじめ分かっていると車購入時や売った後の予算が立て易いですよね。

 

でも、この「中古車査定価格一覧」って実はいいかげんなのをご存知ですか?

 

その理由は2つあります。

 

  • 査定価格データの出所が分からない
  • 査定価格データの更新頻度が分からない

 

このように、中古車査定価格一覧のような相場データは時間つぶしで見るなら良いですが、下取りに出したり売ろうとする場合には役に立たないわけです。

 

今回、なぜネットで見れる中古車査定価格一覧表が役に立たないのかをさらに詳しく見た後に、どのようなデータならば使うことが出来るのかをみていきたいと思います。

中古車査定価格一覧表が信用できない理由

車を売るときに使える中古車査定価格一覧ですが、車買取業者が利用するものです。

 

ただし、車買取業者が使うような中古車査定価格一覧は業者が参加する中古車オークションの成行データなのですが、当然業者にとっては利益を出すための情報ですから簡単に流出はしません。

 

そのため、その一部などを調査して掲載しているのがネットで見れるデータなわけです。

 

とはいえ一部であっても十分に使えるデータである場合も多いのですが、問題はそのデータの古さにあります。

データの古さと業界団体の関係が問題

車価値は市場の影響を受けて決まるわけですが、1年前のデータを出されてもあまり使えるデータではなく、場合によってはそのデータを信じたがために車を安売りしてしまうことだってあります。

 

また、査定業者が出すデータは新しいものも多いのですが、車買取業者との関係上、詳しく出すことは出来ません。

 

過去にグーがアプリで業者オークションのデータを出すものをリリースしたのですが、すぐにリリースを取りやめた理由には業者団体からの圧力があったものと思われます。

 

このような状況で車を売るときに安売りして損をしないために車価値を知りたいというのはなかなか難しいことが分かってもらえたと思います。

当サイト独自計算の中古車査定価格一覧について

ここまで説明してきたように中古車査定価格一覧については、ネット上の情報は出所も不明だし、さらに情報自体が古いデータということ、また査定業者の出す情報は業界団体に遠慮しているデータということで、なかなか使いづらいということが分かってもらえたと思います。

 

このようなジレンマを解決するために、当サイトで中古車査定価格一覧を独自計算しました!

 

↓例:トヨタアクアのグレード価格表↓

アクア1年落ちグレード別買取相場

 

このデータの特徴は次の3つです。

 

  • 業者オークションデータから業者の利益を引いていること
  • 予測した金額を使わないこと
  • 1ヶ月前のデータを1ヶ月更新で作成していること

 

業者オークションのデータをそのまま出すことはさすがに出来ないということをここで断っておきます。

 

また、予測した金額を使うことで数字がおかしくなる場合があり、こちらでは実測データのみを取り扱うことにしています。

 

さらに、1ヶ月前のデータで中古車査定価格一覧を作っていて、それを1ヶ月ごとに更新していますので、データが古すぎて使えないということを避けられます。

 

下のショートカットから自動車メーカーで車査定相場を見ることができますので、車価値を見るときの参考にしてください。

 

 

メーカーから車を選ぶようになっていますので、あなたの車価値を確認するために役立ててもらえたらと思います。

 

実は中古車査定価格一覧については、メーカーも発表していて、売るときに利用するという方も少なくないようです。

 

ただし、その利用方法はこちらも少し注意して使う必要があります。

メーカー発表の中古車査定価格一覧表

インターネット上だけで、車の概算査定額を出してくれるサイトがあります。

 

⇒トヨタ公式サイト:下取り参考価格情報

 

こちらではあなたの車情報を入力するだけですぐに概算価格をネット上から確認することが出来ます。

 

ただし、この情報は実際にあなたの車を見ているわけではありませんから正確な査定額とはならずどうしても概算の域を超えることは出来ません。

 

あなたが興味本位で自分の車が今いくらぐらいの価値があるのかを調べたいのなら良いでしょうけど、車の買い替えなどでお金が必要なら信頼度の低い情報になりますので利用には注意が必要となります。

 

では、実際にどの程度の査定額が見込めるのか、具体的に調べたいときにはどうしたらよいでしょうか?

実際に役立つ価格一覧とは

車を売るときには、トヨタ下取参考価格のサイトはそれほど役に立たない、控えめな言い方をすれば参考程度にするべきでしょう。

 

では、どのような情報が役に立つかといえば、それは実際に取引されている情報です。

 

実際に車の取引されている情報とは、カーセンサーやgooなどの中古車情報誌を利用します。

 

ここで、中古車情報を見てどうするのか?という疑問がありますよね。

 

もちろん、買うための中古車情報価格を実際にそのまま利用することは出来ません。

販売価格から車査定価格を予測する方法

どのように利用するかといえば、その取引価格から20万円から40万円を差し引いて買取相場と考えるのです。

 

もちろん、全ての車が国内市場で流通するわけではないですし、元々価格帯が低い車に-40万円で考えるとおかしなことになります。

 

大切なのは中古車価格はどのように決まっていて、買取相場はどのように決まるのか、という考え方ということになります。

 

そこで、中古車販売業者がどこから車を仕入れるかということを考えると業者オークションから仕入れて、手直しした中古車を自分のところで販売しているわけです。

 

次に、その前提である業者オークション価格から中古車査定相場額の限界についてみていきたいと思います。

買取業者の査定額限界

車買取業者の出す査定額は中古車市場の価値と連動しています。

 

そのため、最終的には中古車の価値に落ち着くのですが、ここから利幅を引いた額が査定額となります。

 

多くの業者では中古車を買い取った後には、業者だけが参加できるオートオークションに車を売って換金しますので、ここでの成立価格が重要となってきます。

 

つまり、業者によって査定額に差があるということをよく聞きますけど、実際のところでは上限額は変わらないのが現状で、そこから利益額をどの程度とるかというだけなのです。

査定限界額の目安

流通市場でよく値段がついている額から大体利益額を20万円ほど引いた額が査定額限界としている業者がほとんどのようですね。

 

ただ、現在は店舗での販売をしている大手ガリバーのような業者も少なくありません。

 

そのため、あなたの立場からすれば実際のところは実際に査定額を出してみないとわからないという現状もあります。

販売価格から車価値を知る方法

中古車市場からも相場を調べることが出来ます。

 

どの程度利益を見込むかは業者によって異なりますが、大方中古車販売価格から30万円~40万円引いた額ということがいわれています。

 

先ほどの20万円利益を見込むというのは中古車を仕入れて業者オークションに売るときのものでした。

 

さらにそこから中古車オークションで買った車を店に並べて売ったときに10万円~20万円の利益を乗せているのですね。

 

ただし、これは車体によっても異なります。

 

目玉商品のような格安の軽自動車の場合には最も利益が薄くなりますし、レクサスなどの高級国産車の場合にはもっと高くなるでしょう。

 

これも一応の目安となる情報でしかありませんが、複数の情報元から得られた情報は信頼度が増しますので相場を検討するときは1つの情報元からの取得よりも多数から判断するほうが良いということを覚えておいてください。

 

信頼できる中古車査定概算額を知りたいときには、実際に車を見てもらうほかありません。

中古車査定価格一覧表を調べるのが面倒な人向け

ここまで見てきたように中古車査定価格一覧表というのは、車を売るときにはあまり役立たないわけですが、それでも目安となる金額が欲しいですよね。

 

業者と交渉するとしても、何も数字がないところから交渉というのは、はっきりいって方向もわからずに海を漂流するようなものです。

 

そのため、車を売るときには概算額が出る売り方をしてください。

 

↓車価値がわかるので業者との交渉が楽に!↓

かんたん車査定ガイド申し込み例

 

もちろん、概算額ですからあなたの車の価値を表しているわけではありませんが、車というのは年式や走行距離、事故歴である程度は価値が落ち着くものです。

 

⇒査定前に概算額を見たいならこちら【無料】

車を安く売って損をしないように注意すること

車を高く売ろうとするなら、交渉によって査定額を上げるよりも値下がりする前に査定に出すことのほうが重要です。

 

というのも、業者にとっても車買取額は低いほうが利益が出ることもあり、査定額を上げるのは利益を小さくすることになるからです。

 

つまり、こういった利害がある場合には交渉はとても難しいということになります。

 

反面、車価値が下がる前に査定に出すならば、このような利害の対立はありませんから、業者としてあなたとしても取引がしやすいのです。

 

査定は早くしたほうが有利2

 

車を高く売りたいということならば、査定申し込みだけは後回しにしないようにしてくださいね。

 

⇒価値が下がる前に査定をするならこちら【無料】

 

以上、「中古車査定価格一覧表を信用してはいけない2つの理由」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。