外車ってかっこよいですよね?

 

日本車は非常に良い車が多いのですが、どうしても他の人と同じ車になってしまうことが少なくありません。

 

最近はエコカーブームですが、トヨタの車で選ぶとたいていはアクアかプリウスとなってしまうのではないでしょうか。

 

そんなことが嫌だから外車が欲しいというのは当然ですがここで注意点があります!

 

外車は車体価格も高いですが、手間もかかるし実はあなたにとって良い選択ではないかもしれません。

 

なお、「外車は金がかかることなんて知っているよ!」という方もいらっしゃると思いますが、どのようにお金がかかるのかというところを見てくださいますとお役立てできるでしょう。

基本的にお金がかかる

たとえば憧れの外車が中古で安かったからといって喜んで買うのはいけません!

 

たとえ、車体が安かったとしても交換する部品などは中古ではなく新品が必要です。

 

そのため、本国から取り寄せたりしなければならず、必ずしも安い買い物ではないことが多いのです。

 

このことから、中古で外車が安いからといってもその車クラスの新車が保有できるほど金銭的に余裕がないなら外車を買うことはやめたほうが無難です。

正規ディーラーと並行輸入

外車には正規ディーラーから販売されているものと並行輸入されているものとがあり両者を区別することが大切です。

 

正規ディーラーで外車を買う場合には、保証がついたり取り扱いマニュアルが日本語に対応しているものが多く、日本人が買うための外車となっている場合が多いです。

 

そのため、日本の基準にあった車体となっていることが多く、ブレーキランプなどの灯火類を変えることなく車検を通過することも出来ます。

 

反面、本国のグレードなどよりも選択の幅が少ない、車体が並行輸入と比べると高くなるなどのデメリットもあります。

 

並行輸入車とは、正規ディーラーを通さないで輸入した外車で海外から個人や法人が輸入する場合のことを言います。

 

現地での保証があるケースもありますが、基本的には保証がないと思ったほうが良いでしょう。

 

並行輸入車は多少リスキーではありますが、グレード選択の幅や価格面で有利となっているために日本でメジャーなドイツ車などは並行輸入されている車も多くあります。

 

また、日本車製造メーカーが海外で出している車を日本に輸入する場合にも並行輸入を利用している場合があります。

 

外車と一言にいっても正規ディーラー輸入なのか並行輸入かでかなり変わってくるので、買う車が決まっているときは確認していただき、まだ決まっていないのならどちらの車を買うか考えておきましょう。

維持費の問題

一部のドイツ車以外の外車は一時期ほど故障は少なくなったようですが、日本車と比べたらやはり壊れやすいでしょう。

 

このときに、日本の修理工場が技術やパーツの取得ルートを持っていないために修理を断られることがあります。

 

また他の日本車よりも工賃もパーツ代も割高になることもしばしばです。

 

しかも近年の自動車部品は電子制御系も多いために、壊れると本国から取り寄せないと部品が用意できないケースもあります。

 

日本車とは異なる技術が使われている場合には工賃も割高になるわけです。

 

外車は車体が高いだけでなく、維持費についても国産車より割高になるというのはこういう仕組みなのです。

下取価格が安くなる

外車をいざ売ろうとすると、状態も悪くないし古い車でもないのに何でこんな安いのかとがっかりすることがあるでしょう。

 

実はこれには理由があります。

 

車買取業者などは買い取った車をすぐに業者オークションなどで換金してしまいますが、外車は取引量が無いので価格が安定しないのです。

 

また、取引が安定していないということは業者にとってリスクが高い案件となるために、どうしても下取価格や買取価格を安くせざるを得ない状況があります。

 

このようなことから、下取価格や買取価格が驚くほど安いという事態になってしまうのです。

外車を保有するのはお金か情熱があればこそ

なにかトラブルがあれば簡単に解決しにくいのが外車です。

 

昔ほどトラブルや故障は少なくなりましたが、それでも日本車の比ではありません。

 

ねじひとつまわすことが出来ないので整備や修理を断られることもあります。

 

このようになにかと面倒がかかる外車を所有して使っていくとなれば、それなりの覚悟とお金が必要ですね。

 

もちろん、そういった手間を惜しまないような車好きならかまいませんが、そうでないのなら外車はあまり良い選択とはいえません。

 

外車を買うときは必ず自分に選択する余裕があるのか、覚悟があるのか考えてから買うようにしましょう。

 

なお、人気のドイツ車【フォルクスワーゲン・メルセデスベンツ・BMW】に関してはこの限りではないことが多いです。

 

以上、「外車購入時に注意すべき【3つ】のポイントとは」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

なお、外車中古車をお得に買いたいと考えているならば、出来る限り多くの情報から検討すべきです。

 

その際には非公開情報まで検索できるサービスを利用してください。

 

⇒非公開情報を検索できる中古車情報サービスはこちら【無料】

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。