並行輸入車を買ったときにまず驚くのが型式フメイ(不明)と車検証に記載されたときですよね。

 

型式フメイというのはどういう状況で付くものなのでしょうか。

 

そもそも、型式フメイなのに車のナンバーが取得できるのもなんだか納得いかないような気がします。

 

このように型式が分からない車に関してデメリットはあるのでしょうか。

 

こちらでは型式フメイの車について、どのような損得があるのかをみていきたいと思います。

並行輸入車の車両保険料は高い!

実は型式フメイというのはそれほど損なことではありません。

 

国として型式フメイとするしかないわけで、書類上の問題なのです。

 

ただし当然ですが、このように表示されていることに不都合はあります。

ダイレクト保険利用時は難航

一番身近なのはダイレクト型の自動車保険です。

 

ダイレクト型は型式情報などが必要なので、見てもいない車に対してネットだけで保険を作るわけですから当然ですよね。

 

でも目立ったところではこのぐらいでしょう。

 

後はなんだか気持ちが悪いというか・・・特に「フメイ」というのが気になりますよね。

並行輸入車の整備

型式フメイでもダイレクト型の保険が難航するぐらいで、ほとんどデメリットはありませんがもし発生するとしたらメーカー保証関連になるのではないでしょうか。

 

正規ディーラー輸入なら日本向けにマニュアルがあったり保証が分かり易かったりしますけれども、並行輸入となればそうはいきません。

 

もちろん、現地の保証がついているので現地まで車を持っていくなりすればよいのかもしれませんがそんなことをする人はまずいないと思います。

 

そのため、正規輸入に比べて並行輸入は保証関連で弱いといえるでしょう。

 

ただ、マイナーな車やメーカー出なければ現在は外車メーカーも日本法人を持っている場合がありますので、昔ほど厳しい立場ではないのかもしれません。

 

特別な理由がない限りは現在は正規ディーラーを利用したほうが何かと安心ですからトラブルが好きな人は例外として、並行輸入車は今後どんどん減っていくものと思われます。

平行輸入車が「型式フメイ」になる理由

日本ほど国による車関連の管理が強い国はなかなか無いのではないでしょうか。

 

車の型式認定制度によって、国土交通省に型式申請して承認される必要があります。

 

輸入車についても例外ではなく、特に正規ディーラーの車でない場合には型式が不明となってしまうわけですね。

 

実はこの申請にはかなりの手間とお金がかかるので、その手間賃などは結局ユーザーが払うことになっています。

 

とはいっても並行輸入の車は正規ディーラーよりは安い金額で購入できるということもあり、手間賃を考えてもぜんぜん経済的な利点はありますね。

 

ただ、近年においては経済的な利点が挙げられますが、過去には正規ディーラーがなかったので仕方なく並行輸入という形を取っているケースもあったはずで、ある意味でいえば型式を明らかな状態で輸入できるというのはひとつの選択肢として悪いものではありませんね。

並行輸入車のデメリット:まとめ

グローバル化していく中で日本はこの形式を続けていくのでしょうか。

 

いずれにしても現在では型式不明であっても保険は受けられるわけで、ダイレクト型については少し厳しいというところで覚えておいたらと思います。

 

最近の輸入車は昔と比べて並行輸入車から正規ディーラー輸入も増えています。

 

そのため、この型式フメイというのも少なくなっていくと思いますが、今後控えているTPPのようなグローバリゼーションにも対応できるような状態になってほしいと切実に考えています。

 

以上、「並行輸入車のデメリット【保険・整備】」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】