ナンバーによって自動車税などの納付額が変わってきます。

 

商用車登録をすることで確かに車の維持費は節約することができますが、実際のところデメリットと比べるとこの節約は意味があるのでしょうか?

 

先に結論をいえば、物好き以外は商用車登録をする必要がありません。

 

額にすると年間3万円から4万円安くなるのが商用車・貨物車登録ということになりますが、手続きも面倒ですし、節約のワザ!というほどのものではないのです。

 

こちらでは、どの程度の節約額になるかをまずは表で確認してもらい、その後に注意点や結論に至るまでのお話をしていきます。

商用車の維持費と車検

まずはナンバーによる比較をご覧ください。

ナンバー自動車税自賠責保険料車検期間
116000240408t未満は初回2年
以降毎年
34500013920初回3年
以降2年
41600017270初回2年
以降毎年
53950013920初回3年
以降2年
84080017450最初から2年

自動車税・自動車重量税・自賠責保険料は年額です。

 

補足説明としては、乗用車であれば大型のものは3ナンバー、それ以外を5ナンバー。

 

それに対応して、商用車では大型のものは1ナンバー、それ以外を4ナンバーとなっています。

 

8ナンバーはキャンピングカーなどの特殊用途なものとなっています。

高速道路料金と自動車税

特に注意して欲しいのが1ナンバーの高速道路料金と自動車税の高低です。

 

自動車重量税、自賠責保険についても多少の差はありますが、あまり大きくは無いでしょう。

 

そして車検期間についても毎年なのか、2年ごとなのか、初回はどうなのかを注目して欲しいと思います。

 

これらを考えると手間が増えて年間支出が若干下がるような状況であることを確認できると思います。

 

次に構造変更の申請手続きについてです。

手間がかかる構造変更申請

乗用車を貨物車に登録するには、構造変更をしなければいけません。

 

この構造変更が実は結構面倒で、しかも後方に人を乗せるのに制約があったりとここまでして維持費を安くしたい人というのは乗用車を普通に乗る人にとっては面倒すぎる手間となります。

 

しかもこの構造変更申請は通る通らないは申請する相手の気持ちひとつということも聞いたことがあります。

 

役所仕事なので出来れば書類などに基づいて決めて欲しいところではありますが、気に入らない書類は通さないという状況のようです。

 

もちろん、人や場所によって変わってくるはずですが、構造変更申請を思いつきで行うものでないことは確かです。

 

そのため、よくわかっている方や、好きな方でないと気軽に出来るものでないことを冒頭で申し上げました。

5ナンバーを4ナンバーへ構造変更

次の5点の要件を満たすことで構造変更を行うことができます。

 

  • 貨物の床面積が1平方メートル以上あること
  • 貨物の積み下ろし寸法が80cm×80cm以上あること
  • 荷室と乗車設備の間に適当な隔壁又は保護仕切りがあること
    (最大積載量500kg以下の場合は座席の背当てでも可)
  • 運転席より後方に人を乗せる場合、その人よりも貨物の重量の方が大きいこと(1人換算55kgとする場合が多い)
  • 積載面積が乗用面積より大きいこと

 

簡単にいうと、貨物を積む構造になっているかどうかというところの細かく見ていくのが構造変更手続きとなっています。

 

そのため、荷物を積むための構造になっていなければ構造変更申請は受理されないために、書類上だけでなくシートを外したりするような手間が必要です。

 

シートが無いわけですから、多人数を乗せることもできません。

 

コレを考えると、営業に利用する場合や、後部に荷物を載せるような趣味を持っている場合には、よいとしても、乗用として日常利用する場合には適していない場合が多々発生します。

商用車登録のメリット

任意保険には年齢によって保険料が安くなったり高くなったりします。

 

特に20代前半においては、任意保険料は割高になりますからこれが一律になるのならお得ですよね。

 

対して割引が大きくなる30代前後からは貨物車において、逆に保険料が高くなることもあるようです。

 

そのため、若年層で任意保険が高いということなら構造変更することで有利になるといえるでしょう。

 

ただ、保険料に関しては副次的な効果であって、これを狙って構造変更をするというのは意味が無いように思えます。

 

もちろん、それであっても若年層の自動車任意保険は高すぎるので、構造変更をして保険料を安くしようという動機には適しているかもしれません。

 

構造変更などの技術面や書類面において、面倒に感じないならばやっても良いのではないかという程度で考えておくべきです。

商用車維持費と車検:まとめ

確かに商用車などの貨物車にするとしたら維持費は安くなるのを確認できますが、こういった手間と車自体のデメリットを勘案したときに、維持費だけで商用車にするというのは良いものではないのです。

 

あなたがハイエースなどの商用車に乗っているのならそれほど難しいものではないですが、今から維持費のためだけに車を買うならわざわざ気にする必要は無いでしょう。

 

つまり、経済的な理由によって積極的に商用車として登録する必要もないということです。

 

車検も若干面倒を伴いますし、乗用人数などの制限を受けることもあります。

 

これらのことを考えると構造変更という面倒を行ってまで、節約のために手間をかける必要はなく、その分残業でもしたほうが有意義であるといえるでしょう。

 

ゆえに、趣味で構造変更をしてみたいという方以外は、わざわざ構造変更をしてまで、車維持費を節約する必要はありません。

 

以上、「商用車維持費は車検を考えると安くない」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】