月極駐車場を安く借りる方法と探し方:サムネイル

自己所有土地を持っていない人は毎月確実にかかる駐車場代金。

郊外ならまだしも、都市部においては車維持費の数割を占める固定費です。

地区別に年間駐車場料金を大雑把に見てみます。年間での表示なのでそれなりの額になりますね。

東京都中心部600,000円
東京都特別区360,000円
大阪府中心部360,000円
福岡県中心部120,000円
千葉県市街地96,000円
北海道市街地60,000円

本当に概算程度の表示ではありますが、市街地において安いところでは月5000円から高いところでは50000円というところですね。

ここで確認しては欲しいのが、市街地であれば北海道であっても年間60000円かかるということで、これは車維持費に大きく影響します。

もちろん、東京都心部では車維持費が100万円ぐらいになるのはいうまでもありません・・・

そりゃ、若者は車がもてませんし、持ちませんよね^^;

できれば月の固定費を安くして車維持費を節約したいところですから、こちらでは駐車場を安く借りる方法を説明していきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

月極駐車場を安く借りる方法4選

実は地域によって駐車場の料金というのはだいたい決まっていて、おそらく最も高いであろう東京特別区の中心である「千代田区・港区・中央区」において、月間5万円以上となっていて、駐車場代金はその場所の地価に相関しています。

港区(東京都)の月極駐車場情報|駐マップ
出典:港区(東京都)の月極駐車場情報|駐マップ https://chumap.jp/area/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD/%E6%B8%AF%E5%8C%BA/

東京都港区においても、中には4万円未満の月極駐車場はありますが、相場より安い駐車場は何かしら理由がある場合が多く、今回お話ししたいのはこの「何かしら理由」を見つけて、駐車場を安くしようということになります。

駐車場を安くする方法については次の4つあります。

駐車場を安くする方法
  • 不便な場所の駐車場を借りる
  • 舗装状態・装備の悪い駐車場を借りる
  • 現在借りている駐車場料金を交渉する
  • 一般の民家で空いている駐車場を借りる

賃貸の家と同じで、条件が悪くなるほど家賃を低くして入居者を募集するわけですが、駐車場も基本的には同じです。

つまり、人気があるところから埋まっていく反面、このような駐車場は高いということになります。

便をとるか、金をとるかで、ここでは金をとる選択をした場合にどうすればよいのかをみていきます。

場所的に不便な場所の駐車場を借りる

不便な場所の駐車場は当然借り手が見つからないので、周りの駐車場よりも多少安くなっていることが多いです。

不便な駐車場としては次の例があります。

不便な駐車場の例
  • 住宅地から離れた駐車場
  • 入出庫が難しい駐車場
  • 大きさの制限がある駐車場
  • 機械式など入出庫に手間がかかる駐車場

いずれの場合も、お金があれば借りない駐車場であり、基本的には人気がない駐車場です。

住宅地から離れた駐車場とは

住宅地から離れた駐車場とは、例として区画が区分されている地域に存在しやすく、住宅区画で道や川を挟んで商業区画や工業区画という状況で、住宅区画以外のところは当然人気が出ずらい駐車場です。

さすがに1km離れたところで借りるというのはほとんどの場合ありませんが、数百メートルぐらいなら十分に駐車場を安くする理由になります。

例として挙げたような住宅区画などの区分がしっかりされている地域では、特に狙いたい駐車場を安くする方法です。

入出庫が難しい駐車場とは

駐車場は車を利用することが前提のものですので、入出庫が難しい場合には、それだけで避けられる傾向があります。

これは間口が狭いことで止めづらく出し入れしづらい駐車場、また構造上切り返しを何度もしなければいけない駐車場や、後退で中距離を進まなければいけない駐車場などもあります。

特に変な形の土地を駐車場にしている場合に、入出庫が難しい駐車場になりやすいので、変な形をした駐車場を発見した場合に、空きがあれば安い駐車場である可能性があります。

大きさ制限のある駐車場とは

大きさ制限のある駐車場とは、例えば軽自動車しか止められない面の駐車場であったり、SUVなどの高さがある車が止められない駐車場であったりと、建造物の中にある駐車場はこの制限付きが多いのが特徴です。

そして都市部では土地も限られていることから、このような大きさ制限付きの駐車場は少なくありません。

ただし、この大きさ制限のない駐車場はむしろ「高い駐車場」として、相場よりも高めの設定となっていて、大きさ制限がある駐車場が普通の価格になっているという地域もあります。

そのため、大きさ制限があるからといって、それが一般的な東京特別区の中心部などでは、むしろ駐車場を安くする要素ではないとも言えますので、地域性があるということを知っておきましょう。

機械式など入出庫に手間がかかる駐車場とは

機械式など入出庫に手間がかかる駐車場とは、入出庫のたびにパレットを移動しなければ車の出し入れができない駐車場を指します。

こちらも都市部においてよく見かけるものであり、特定のパレットを呼び出してそこへ駐車するタイプの駐車場です。

もう説明している段階からわかると思いますが、入出庫のたびにパレット移動があるので、駐車するためには毎回数分以上を要します。

これが急いでいるときにはとても厳しく、通勤で車を使っている方にとっては遅いパレット移動を見ているとイライラするはずです。

このような不便があること、そして機械式は機械投資の金額にもよりますが、立体的に車が止められることもあって、土地当たりの駐車場の収入も大きくなりますので、自然と駐車場代金も安くなる傾向があります。

通勤に車を使う方や日頃から車を利用する方には向いていませんが、週1回のレジャー利用で車を利用する方にとっては、駐車場代金を安くできる良い選択と言えますね。

安い月極駐車場を探す方法

不動産会社は仲介の手数料で収入を得ていますが、儲かる案件と儲からない案件があります。

そのなかで、駐車場は儲からない案件といわれています。

例えば入居用の物件であれば、建物を構えて付加価値をつけて、中長期的に貸し出しを行うので、儲かることが予想されます。

ですが、駐車場の場合には、土地オーナーが税金に掛かる代金を、土地を置いておくよりはマシという程度で舗装をして、税金代を捻出するために、駐車場にしているような状況ですから、あまり儲からない案件なのです。

そんな儲からない案件に対しては、どこも積極的ではなく競争もたいして起こらないですから値段が同じようなところで設定しているというのが現状であることを考えると、どこも似たり寄ったりの金額になってしまうわけです。

このように、駐車場は立体駐車場などがある地域を除けば空いている土地をただ活用したいというだけですから、土地の所有者もある意味どうでもよいのかもしれません。

では、安い月極駐車場を探す方法はないのでしょうか?

舗装状態・装備が悪い駐車場を借りる

舗装状態でいえばコンクリートやアスファルトよりも砂利や土という状態が悪い駐車場のほうが、月々の駐車場賃貸料は安くなります。

また、屋根の有無によっても月々の駐車場賃貸料金は変わってきますので、より不便な状況の駐車場のほうが安く借りられるということになります。

ただし、特に舗装状態は車の種類によっては注意が必要で、古い車や高級車は水はけが悪い駐車場を使うべきではありません。

古い車の場合には、シャシーなどが錆びる原因になりますし、高級車では強風時に砂が当たって傷がつくことや、泥水を巻き上げるので洗車を頻繁に行う必要があります。

逆に言えばこれらに当てはまらない車、例えばオフロード用のSUVなどでは、むしろ汚れているほうが見た目も良いので、砂利だろうが屋根なしだろうがむしろ好都合といえるかもしれません。

つまり、舗装状態や装備が悪い駐車場は車種を選ぶということで、車種の条件や許容ができるならば、このような要素の駐車場を探してみるのはいかがでしょうか。

現在借りている駐車場料金を交渉する

現在借りている駐車場料金を交渉するのは、ここで挙げている駐車場を安く借りる方法でも難しい部類に入ります。

というのも、駐車場は賃貸契約に基づいて行われていますので、契約期間中は相当なことがない限りは値下げ交渉はできません。

また、その地域の駐車場が足りてない場合には、貸主有利になりますので、交渉するぐらいならば出ていけ!ということで、契約を更新しない可能性もあります。

逆に言えば、その地域の駐車場が余っているような状況ではチャンスです。

契約の更新時に同条件の安い駐車場や、それよりも安い条件の悪い駐車場を引き合いに出して、落としどころの価格で交渉すればうまくいく可能性があります。

いずれにおいても時期や状況、そして交渉能力がものをいうために、簡単ではありませんが駐車場の移動もなしに安くできるので、タイミングが合えば試してみて欲しい方法の一つです。

使っていない民家の駐車場を借りる

使っていない民家の駐車場は探すと結構あるものです。

普段、その家の駐車場が空いているかなんて考えることはありませんから、なかなか発見できなかったりしますが、意識すると空いているスペースを見つけることが出来ます。

こういった駐車場は不動産屋などに当然出るものではありませんから、自分で探す必要があります。

しかしながら、探すことが出来れば間に業者が入らないこともあって、相場よりも安く駐車場を借りることが出来ます。

現在は「あきっぱ」などの便利なアプリはありますが、結局比較されれば値段が高くなってしまうので、比較されていない状況で駐車場を探すことが大切です。

そのため、この使っていない民家の駐車場を探す方法は、まさに足で探すという点で、出来る人とそうでない人がわかれる方法です。

なお、町内会などがあれば参加したときに聞いてみると簡単に見つかったりしますし、見ず知らずの人に駐車場を貸すというわけでないので、家主も割と協力的でおすすめです。

地域の空き地を自分で調べる

不動産屋では、駐車場案件は積極的に儲けようというものではないのですが、オーナーにとってはやはり契約者が居ないよりも居る方がよいわけです。

ただ、自分で契約者を見つけるとなるとやはり面倒ですから、そこで不動産屋に契約者を探してもらうような構図になっています。

このような状況を考えると、不動産オーナーは貸したいと考えていて、仲介料などを取る不動産屋は積極的ではない。

ならば、仲介手数料が掛からないように自分で直接契約するのが望ましいといえます。

建物と違い使用による損耗などを考える必要性が少ないため、駐車場については退去する場合の規定をしっかりと定める程度で良いのも、仲介者を通さずに済む理由のひとつです。

間に不動産屋が仲介していませんから、構造的に月極駐車場の賃借料を安くすることができます。

そもそも、不動産屋に土地などを任せるというのは営業や管理を任せるというところですから、駐車場のようにたいして管理が必要無い物件は不動産屋に任せていないケースも多いのです。

手間はかかりますが、見つけた場合には借主である車オーナーにどこと契約したか聞いてみるのもよいでしょう。

またJAなどの農協で探すと、相場よりも安い駐車場が見つかります。

さて、ここまではどのように安い駐車場を探すかという話でしたが、次に安くなる駐車場の要素についてお話していきます。

舗装されていない駐車場は安い

舗装されていない駐車場は舗装されている駐車場より安いです。

入り口に鉄板が敷いてあるような泥まみれ駐車場は例外としても、砂利が引いてあるような管理するよりもとにかく安く土地を転がしているような場所は当然安くなりますね。

ただし、雨が降った場合などの泥や湿気による車のダメージは少なからずありますので、気にする方はやめたほうが無難です。

大雨だと駐車場にたどり着く前に自分の足が泥まみれになるケースもありますので良く考えて契約するようにしましょう。

なお、管理状況における駐車場の安さはこのようになります。

「無管理(雨が降ると泥まみれ・・・)<砂利<舗装<舗装屋根付き<密閉専用」

都市圏では機械式のほうが安い

郊外ではあまり見かけないと思いますが、都市圏では立体駐車場があります。

パレットを縦に積んで、動かすような駐車場です。

立体にするために土地を有効活用できる反面、出し入れに時間がかかります。

土地の活用率が高くなるのと、出し入れの手間がかかることで自走式の駐車場よりも若干安い相場となります。

機械式では、パレットの大きさが決まっているので車のサイズによっては使えない場合があります。

大型の車である場合には、それだけでハンディーキャップとなってしまいますね。

月極駐車場を安く借りる裏技

地域の不動産屋を仲介していない駐車場を探すのは手間がかかりますが、これを効率的に行う方法があります。

地域にはコミュニティーがありますので、それを積極的に利用するのです。

町内会だったり、それよりももう少し大きい団体に声をかけてみると意外に見つけられるものです。

また、現代ではフェイスブックでも地域のページがありますから、そこで聞いてみるとよいでしょう。

安い駐車場を知っている人は親切にも教えてくれる場合があります。

街の一等地コインパーキング

都心などの廃ビルが更地になったと思ったらコインパーキングに変わっているのは、儲けるつもりではなくただ単に土地が空いていて、コインパーキング会社からオファーがあったからやっているだけなのです。

地価が高くなったら売るし、マンションを建てたかったらマンションを建てます。

駅前などの土地が大型コインパーキングで、いつの間にかマンションの工事が始まっていたという光景を見ると思いますが、土地オーナーが土地ころがしをしたということです。

一等地のコインパーキングは、底値で買った土地を転がすまでの間であることが多いのです。

駐車場と車維持費

駐車場代がそれなりにかかる地域で車の維持費について考える人のお話です。

駐車場代について車を置いておくという機能と車を利用するというところで考えると非常に変な気分になります。

車がとまっていないときには、駐車場は空っぽですから費用としては無駄なわけですが、車を利用しているので使っているという点では有意義です。

しかしながら、車を長くとめておくなら駐車場代としては有効に活用していますが、車の利用はしていませんから、これについては有意義ではありません。

このように、駐車場代と車利用価値はトレードオフの関係になることが多く、なんとも変なものとなっています。

この二つの要素を最適な状態にすることは難しいのでしょうか。

月極駐車場を安く借りる方法と探し方:まとめ

ここまで説明してきたようにあまり不動産屋も利益になりにくいので積極的に取り扱わないのが駐車場物件となります。

そのため、価格競争なども起きていることも少なく、値段はどこで借りても同じであるために舗装状況や装備によって価格帯を変えていることになります。

つまり、手間をかけたくないなら舗装状態などを妥協するか、すごく人気の無いところを借りるようなことになりますし、そうでないならば地道に探すことになるわけです。

ただし、地域にしばらく住んでいると町内会の付き合いであったり、もしくは感覚としてあの場所は借りれるのではないか?と直感で感じることがあります。

土地勘が無かったり、初めて来た場所では難しいですが、しばらく住んでいるときに可能なら土地オーナーなどに直接聞くことができれば安く駐車場を借りることができるというわけです。

なお、土地オーナーの関心ごとは収益の無い土地よりもしっかりと収益が入ってくることですから、不動産屋を通さずに直接契約を持ち出すときは前払いで1年分などを払えば結構承諾してくれることもあります。

なかなか決まらない物件について不満が多い土地オーナーも多いですから、機会があれば直接交渉してみてください。

不動産屋が取得する利益分だけ安くなるかもしれませんよ^^