月々出て行くことが確定している出費は出来る限り小さくしたいですよね。

 

その代表例として、駐車場が挙げられます。

 

駐車場はお金をかけると舗装されることや、屋根が付く、室内に駐車できるような場合もありますが、実質的に駐車場のグレードは固定された中で出来る限り家から近くて安い駐車場を探すことになるはずです。

 

このように目的も方法もはっきりしているのですが、実際に出来る限り安い駐車場を探すとなると苦労したことはありませんか?

 

というのも、駐車場は不動産オーナーや不動産屋としてはそれほど儲けるのを期待している物件ではないため、契約者探しも積極的ではありません。

 

そのため、安くして契約者を増やそうというのは、周りの駐車場と相場の兼ね合いはあっても、とても安い金額まで安くできることが無いのが現状です。

 

このような状況を考えると、駐車場を安く借りるのは、とても難しいですよね。

 

こちらでは、そのような現状と、できる限り月極駐車場を安く借りるならば、どのようにすれば良いのかをみていきたいと思います。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

検索サイトを使っても安い駐車場は見つけにくい

不動産会社は仲介の手数料で収入を得ていますが、儲かる案件と儲からない案件があります。

 

そのなかで、駐車場は儲からない案件といわれています。

 

例えば入居用の物件であれば、建物を構えて付加価値をつけて、中長期的に貸し出しを行うので、儲かることが予想されます。

 

ですが、駐車場の場合には、土地オーナーが税金に掛かる代金を、土地を置いておくよりはマシという程度で舗装をして、税金代を捻出するために、駐車場にしているような状況ですから、あまり儲からない案件なのです。

 

そんな儲からない案件に対しては、どこも積極的ではなく競争もたいして起こらないですから値段が同じようなところで設定しているというのが現状であることを考えると、どこも似たり寄ったりの金額になってしまうわけです。

 

このように、駐車場は立体駐車場などがある地域を除けば空いている土地をただ活用したいというだけですから、土地の所有者もある意味どうでもよいのかもしれません。

 

では、安い月極駐車場を探す方法はないのでしょうか?

地域の空き地を自分で調べる

不動産屋では、駐車場案件は積極的に儲けようというものではないのですが、オーナーにとってはやはり契約者が居ないよりも居る方がよいわけです。

 

ただ、自分で契約者を見つけるとなるとやはり面倒ですから、そこで不動産屋に契約者を探してもらうような構図になっています。

 

このような状況を考えると、不動産オーナーは貸したいと考えていて、仲介料などを取る不動産屋は積極的ではない。

 

ならば、仲介手数料が掛からないように自分で直接契約するのが望ましいといえます。

 

建物と違い使用による損耗などを考える必要性が少ないため、駐車場については退去する場合の規定をしっかりと定める程度で良いのも、仲介者を通さずに済む理由のひとつです。

 

間に不動産屋が仲介していませんから、構造的に月極駐車場の賃借料を安くすることができます。

 

そもそも、不動産屋に土地などを任せるというのは営業や管理を任せるというところですから、駐車場のようにたいして管理が必要無い物件は不動産屋に任せていないケースも多いのです。

 

手間はかかりますが、見つけた場合には借主である車オーナーにどこと契約したか聞いてみるのもよいでしょう。

 

またJAなどの農協で探すと、相場よりも安い駐車場が見つかります。

 

さて、ここまではどのように安い駐車場を探すかという話でしたが、次に安くなる駐車場の要素についてお話していきます。

舗装されていない駐車場は安い

舗装されていない駐車場は舗装されている駐車場より安いです。

 

入り口に鉄板が敷いてあるような泥まみれ駐車場は例外としても、砂利が引いてあるような管理するよりもとにかく安く土地を転がしているような場所は当然安くなりますね。

 

ただし、雨が降った場合などの泥や湿気による車のダメージは少なからずありますので、気にする方はやめたほうが無難です。

 

大雨だと駐車場にたどり着く前に自分の足が泥まみれになるケースもありますので良く考えて契約するようにしましょう。

 

なお、管理状況における駐車場の安さはこのようになります。

 

「無管理(雨が降ると泥まみれ・・・)<砂利<舗装<舗装屋根付き<密閉専用」

都市圏では機械式のほうが安い

郊外ではあまり見かけないと思いますが、都市圏では立体駐車場があります。

 

パレットを縦に積んで、動かすような駐車場です。

 

立体にするために土地を有効活用できる反面、出し入れに時間がかかります。

 

土地の活用率が高くなるのと、出し入れの手間がかかることで自走式の駐車場よりも若干安い相場となります。

 

機械式では、パレットの大きさが決まっているので車のサイズによっては使えない場合があります。

 

大型の車である場合には、それだけでハンディーキャップとなってしまいますね。

意外に知られていない裏技

地域の不動産屋を仲介していない駐車場を探すのは手間がかかりますが、これを効率的に行う方法があります。

 

地域にはコミュニティーがありますので、それを積極的に利用するのです。

 

町内会だったり、それよりももう少し大きい団体に声をかけてみると意外に見つけられるものです。

 

また、現代ではフェイスブックでも地域のページがありますから、そこで聞いてみるとよいでしょう。

 

安い駐車場を知っている人は親切にも教えてくれる場合があります。

 

コラム:街の一等地コインパーキングについて

都心などの廃ビルが更地になったと思ったらコインパーキングに変わっているのは、儲けるつもりではなくただ単に土地が空いていて、コインパーキング会社からオファーがあったからやっているだけなのです。

 

地価が高くなったら売るし、マンションを建てたかったらマンションを建てます。

 

駅前などの土地が大型コインパーキングで、いつの間にかマンションの工事が始まっていたという光景を見ると思いますが、土地オーナーが土地ころがしをしたということです。

 

一等地のコインパーキングは、底値で買った土地を転がすまでの間であることが多いのです。

 

コラム:駐車場を有効に活用しているのか!?

駐車場代がそれなりにかかる地域で車の維持費について考える人のお話です。

 

駐車場代について車を置いておくという機能と車を利用するというところで考えると非常に変な気分になります。

 

車がとまっていないときには、駐車場は空っぽですから費用としては無駄なわけですが、車を利用しているので使っているという点では有意義です。

 

しかしながら、車を長くとめておくなら駐車場代としては有効に活用していますが、車の利用はしていませんから、これについては有意義ではありません。

 

このように、駐車場代と車利用価値はトレードオフの関係になることが多く、なんとも変なものとなっています。

 

この二つの要素を最適な状態にすることは難しいのでしょうか。

駐車場は安いに越したことは無い

駐車場は車の維持費の大部分を占める大きな出費です。

 

⇒車の維持費の1/3~1/5が駐車場代金!?

 

このように車の維持費が高いからエコカーを選ぶと考える人も多い昨今、駐車場代について見直すことは少ないと思います。

 

しかし、車を使わなくてもかかる費用として駐車場代は極限まで節約すべきなのです!

 

安い駐車場は不動産屋の仲介が無い物件ということでお話してきました。

 

他にも、管理のグレードを下げるほど安くなります。

 

私は砂利駐車場にスカイラインをとめていましたが、砂利も引いていないような駐車場では嫌です。

 

月極駐車場の管理状況については、あなたが許す範囲で節約すればよいでしょう。

 

以上、「安い月極駐車場の探し方と借りる方法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス