車ローンの目安はいくら?:サムネイル

このページで分かること
  • 月収ベースで考える予算危険度
  • 車ローンの間違った選び方
  • 年収別の車購入プラン

車は安い買い物じゃないですから、失敗は許されません!

これは高い車を買ってしまって維持できないということも含んでいます。

車の維持費については大雑把に年間40万円から60万円前後かかります。

車の維持費目安
  • 軽自動車:年間40万円前後
  • ミニバン:年間60万円前後
  • エコカー:年間50万円前後

このように年収に見合った車を保有しなければ車の維持すら厳しい状況に追い込まれるということです。

例としては、月間予算ぎりぎりの状態で車を融資の利用限度額いっぱいの金額でローンにより購入してしまい、手元にお金がそれほど残らずに車も利用することを控えるような状況です。

他にもカードローンの返済などがある場合には、月間予算の返済負担率も考えながら車を購入する必要がありますよね。

ここで重要なのは、車を買う場合の予算や頭金の目安です。

というのも、月々の収支を改善させるのは「どの車をいくらで買うか」ということと「頭金やローンの支払いをどう設定するか」が大きな影響を及ばすからです。

こちらでは、車購入に際して年収と予算、そしてローン目安について詳しく解説しています。

車購入のローン目安や予算というページの内容を簡単にまとめると次の3つになります。

頭金の目安はいくら?
  • 頭金は車購入費用の2割から3割が目安
  • 頭金なしで購入すると購入する車のランクを上げにくい
  • 最近は頭金なしも普通になっている

このように、せっかく車を買ったとしても使えないとしたら宝の持ち腐れになってしまいますので、計画的に車を購入する必要があるのです。

年収を目安に車を買うを考えるために、年収額をベースにどのような車を買うプランを考えたらよいのかということについて詳しく解説していきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車ローンの目安はいくら?

車を購入するならば、欲しい車を買うのが一番だと思いますが、冒頭にもお話したように車を購入して保有することはとてもお金がかかることです。

そのため、車を買う時の段階において、年間レベル、月間レベルでの使えるお金について考える必要があります。

まず年間レベルでの使えるお金を考えたうえで、車を買うの選択目安は年収の半分程度といわれています。

つまり、年収400万円の方ならば、200万円前後の車が年収における車を買う目安になります。

このことはローンの返済を考えるとかなり現実的に理解できます。

年収400万円で200万円のローンを組む場合

年収400万円で200万円のローンを組む場合には、金利や支払い期間は次のような例で説明します。

年収400万円で200万円ローンを組む例
  • ローン総額:200万円
  • 期間:5年
  • 年利:5%複利
  • ボーナス払い:無し

この条件では、総額で約250万円支払うことになり、均等的に払うとしたら乱暴な計算ですが、月間4万2千円ほどの支出です。

次に年収400万円の方が使えるお金について考えます。

年収400万円で月間使えるお金

次に年収400万円の方が月間に使えるお金を計算してみると、次のような状況になります。

年収400万円で月に使えるお金
  • 年収:400万円
  • ボーナス:考慮しない
  • 月給:30万円ほど
  • 手取:25万円ほど

先ほどのローン返済は月間4万2千円ほどでしたから、給料の2割ほどを5年間支払い続けるわけです。

車が娯楽、趣味というならばよいとして、そうでないならこの金額はとても安いとはいえませんよね。

ここで金額についてみてもらったのは、月間の予算で考えるとこれほど厳しいということになります。

車維持費などを考えるとさらに厳しい

先ほど計算したのは年収400万円の人がローンの支払いに月間4万2千円掛かるということでした。

月々のローン支払いに車のメンテナンス費用や車検、駐車場や燃料代が掛かりますので、場合によっては車関連の支払いは3割ほどまで負担が増えると考えるべきです。

車維持費は平均で年間50万円ほど月間4万1千円ほどで、ローン支払いと合わせると月間8万3千円ほどになります。

年収400万円であれば手取りで月間30万円を下回るあたりなので、約1/3を車に5年間回すことになります。

このように計算するとかなり厳しい車の保有計画であることが分かりますね。

ならば、車を購入しないほうが良いのか?

それもひとつの考え方でしょう。

重要なのは、これほどお金が掛かるからこそ失敗しない車選びをしなければいけないのです!

貯金から一括現金で車を購入するという場合はまだしも、ローンで購入する場合には返済計画は立てないと破産まで行かなくても車を手放す羽目になります。

次にここまで見てきたローンですが、利率が総支払い額に与える影響は強く、できれば低金利ローンを使いたいところですが、審査の関係でうまくいかないのでは?という声がありますので、その部分を解説していきます。

車を買う時期前にローン審査をする重要性

現在は借り入れ無しで車を購入できる人は珍しいわけですが、そのようなときだからこそ、どこからお金を借りるのかを見なければいけません。

しかしながら、借り入れには次のようなジレンマが存在します。

車ローン:金利と審査
  • 金利が低ければ審査が厳しい
  • 審査がゆるいならば金利は高い
  • 一般に厳しい審査ほど期間が長い

全てがきれいにこのようになるとは言いませんが、事実上ローンが返済できなくなる方ほど金利が高くせざるを得ないという状況がありますから、多くの方は低金利でローンを組みたくても程ほどに高いところで組んでいる現状があります。

でも待ってください!

実は低金利でもローンが通るのにもかかわらず、それ以上の金利で借り入れを行っているケースがあとを絶たないのです。

これについては、ローンを組むときの時間的な都合が大きな理由です。

どうして低金利ローンを使わないのか?

銀行ローンなどは車を買うあなたにお金を貸すわけですが、これは多少審査に時間が掛かります。

しかしながら、ディーラーではすぐにローンやクレジットの審査をすることが出来ますので、話が進みやすいディーラーで組むことが多いわけです。

もちろん、銀行ローンで落ちてしまってディーラーでのローンやクレジットを受ける場合もありますが、多くの場合では言われるがままに、話が進むがままに、ローンやクレジットを組んでしまうことが多いのです。

この場合に、もし銀行ローンが組めるなら低金利で済んだのにもかかわらずそれを知らずに高い利息を払うことになる!ということで、このような方は多いからこそ説明しています。

審査を通過できるかできないかは試してみないと分からないことも多いですから、一度も試さずにあきらめることはお金を無駄にしているといってもよく、お金が余っている方ならばまだしも、そうでないなら絶対にやめましょう。

つまり、本来払わなくても良い利息を払った上で節約や貯金などをすることは全くの意味の無いことで、まずは本当に無駄な支出をとめるべきだと思いませんか?

もし、あなたが車を買うときに出来る限り低金利でローンを使いたい場合は、事前に通せるのかを予約しておくことで有利に車を買うことに役立ちますので、買う前から仮審査を通して置ける銀行ローンを試してみてください。

有効期限は1年もあり、審査もキャンセルも無料で出来ます。

⇒車を買う前から低金利ローンの仮審査を通しておきたい方はこちら

 

次に年収別でどのような車選びが出来るのかを見ていきます。

 

年収250万円は軽か中古

「年収250万円なら軽自動車が良いです!」というのは新車の話であって、実は軽自動車じゃなくても良いです。

軽自動車を悪く言うつもりはありませんけれども、予算であきらめて軽自動車を買うということはないということを言いたいということです。

というよりも現在は軽自動車はそれなりのものを買おうとすると普通車のコンパクトカーよりも高くつく場合が多く、中古車市場でもそのような傾向がありますので、一概に軽自動車は安いという時代ではなくなりました。

新車を買うなら軽自動車、普通車なら中古で買うことが望ましいでしょうけれども、必ずしも軽自動車が安いということはありませんので注意が必要です。

年収が250万円では上で話したことを考えると車体価格100万円程度の車を選ぶことになりますので、中古車を買う時のリスクについてお話したいと思います。

中古車を買うリスク

中古車は確かに新車を買うよりもリスクがあるといわれていますが、新車もノーリスクであるとは言えません。

つまり、新車を購入してもその代金は高く、せっかくローンを組んだ車が事故や盗難で無駄になる可能性も存在します。

そのため、中古車を選ぶということは故障の確率が新車を買った場合と比較して高くなることや、質の低い車をつかまされることを除けばそれほど変わらないことが分かると思います。

そういったリスクをとることで車を安く買うことができるなら中古車という選択も有りですよね。

私は軽自動車が好きではないので、新車で軽自動車を買うなら中古車でよい普通車を探します。

なお、取得価額が50万円以下の中古車なら自動車取得税はかかりません。

年収250万円前後だと中古車しか選べないのか?

このように年収250万円前後では、購入できる車は限られてくるのでおのずと中古車がメインになりますが、買い方によっては良い車を探すことが出来る反面、リスクも存在するのでそれを考慮して選択することが求められるでしょう。

とはいえ、全く保証も無いものを購入するのはとても危険な賭けになります。

そこで店舗ではなくネットだからできる最長10年保証の中古車検索サービスを利用してください。

こちらは非公開情報も含めて検索できて便利ですので、限られた予算で最高の車選びをするならば、使えるものは使っておきましょう。

⇒限られた予算で最も良い中古車を探す【利用無料】

年収250万円の車ローン

年収250万円で大きく借り入れがある場合には銀行系ローンが通りにくい場合があります。

しかし、審査は年収の多さも見られますが、勤続年数や住居に何年住んでいるか、また家族を扶養しているかなど、お金が返せなくなる属性の判断をしているという形になります。

つまり、年収250万円であっても金額的な必要条件はクリアできる場合もあります。

そのうえで、不利な条件が付くとお金を借りにくいとなりますが、実際はまずは審査しなければ分からないということになります。

年収に対しての借金などは簡単な診断がネット上からできますので、まだ試してない方はやってみましょう。

⇒個人情報無しで借りられるか試す方はこちら

 

⇒ワンランク上の車を買う方法

年収400万円では車が選べる

年収400万円なら予算は200万円前後まで車を買う予算に出来るという目安です。

200万円もあれば多くの車を選ぶことができますが、これは中古車も含めての選択です。

予算区分で新車・中古車に分けて買える車の例を表にします。

年収400万円で買える車例

年収400万円であれば買える車の幅はかなり広いのが特徴で、無難に買おうと思えば200万円台の車を買えますし、少し頑張れば300万台の車が買えます。

予算新車中古車
200万円アクアヴォクシー
250万円プリウスCX-5
300万円ヴォクシーハリアー

予算300万円はちょっと背伸びしすぎているような気がしますし、グレードオプションなどによって変わってきますから目安としてみてください。

トヨタアルファードやトヨタヴェルファイアなどの大型ミニバンは新車で買うとなると、予算300万円でもちょっと厳しく、中古車でもそれなりの妥協が必要になります。

ここで新車価格300万円級の車を買うなら中古車で探すのが賢明です。

年収400万円で選ぶべき車ランク

本当の車好きやどうしても必要であれば予算300万円の中古でアルファードやヴェルファイアを買えるのですが、維持を考えると少し難しくなります。

このことから、ミニバンでいうならば、年収400万円ほどの予算では、中古では中型のヴォクシーやノア、セレナやステップワゴンあたりが選びどころです。

新車であれば、年収400万円ほどの予算ではエコカーのアクアやちょっと予算をはみ出してプリウスというところになるでしょう。

なお、良い中古車が買えるかどうかは比較する数が重要です。

というのも、調べた中で一番良い条件の中古車を購入したとしても、後でそれよりも良い中古車がしかも安い金額であった!なんてことはよくあることです。

つまり、知りえる状況の中古車を増やすことが良い中古車を買う秘訣となります。

比較できる中古車情報を増やす方法

あなたが知ることができる情報は全体の3割ほどであることを知っていましたか?

実は流通段階の車が残りの7割もあるのです!

でも実はこの非公開車両の情報、部分的に知ることができるとしたら中古車選びに役立ちますよね。

業者ではありませんから全部を見ることはできませんが、指定した一部を見ることは可能ですので、中古車情報の比較で他の人よりも有利に立てます。

もし、あなたが限られた予算でよい車を探しているならば、非公開車両の情報も含む、中古車検索サービスを利用するようにしてくださいね。

⇒非公開車両も含めて比較したい方はこちら【利用無料】

年収400万円の車ローン

年収400万円でローンを組むとしたら、注意するべきなのが低金利ローンを試さないで高い金利のローンを使うことです。

車ローンの仮審査通過率は、私の持っているデータで4割前後です。

これは明らかに通らないような場合や、いたずらなどが含まれますので、それを除くと5割を超えるものと考えています。

年収400万円の方では、収入条件はおそらくクリアされるものと考えていますので、それ以外の条件で引っかからなければかなり有利であるはずです。

他の借り入れ状況や勤務先など、条件は人それぞれですから、まずは年収と借金の兼ね合いで借りられるかどうかを見てみたうえで、ローンの審査に申し込んでおくと良いでしょう。

途中でも話しましたが、高い利息をわざわざ払う必要はありませんから、手続きをするかしないかで損をするようなことはないようにしたいものですね。

⇒ワンランク上の車を買う方法

年収600万円は国産車選び放題

年収600万円の方ならほとんど全ての国産大衆車なら買うことができるはずです。

ただし、ひとつだけ注意点があります。

年収600万円代の方は車以外にも意外にお金がかかっているものです。

中産階級の年収600万円の方は家族が多かったり、他のローンで家計が圧迫しているような傾向が多いといわれています。

そのため、少しでも節約できるところがあるならしっかりと節約すべきでしょう。

賢い人ほどそうしていますが、無理に新車を購入する必要はありません。

新車は車価値の下落を考えるとコスパが低い

新車は中古車となるだけで、見た目上ではナンバープレートをつけるだけで2割も価値が下がってしまうのです。

私はこの差額のことを新車プレミアムと呼んでいますが、例えば300万円の車を購入した場合、ナンバーを付けたら240万円ほどの価値になり、車の状態は何も変わらないのに60万円価値が減るわけです。

認識として車の状態が変わっていないのに価値が減るなんて普通に考えたらありえないことですが、車流通上ではむしろ普通のことなのです。

私がこれを知ってからは新車は150万円以下の車の場合ならまだしも、300万円を超えるような場合には絶対に買わないと決意しています。

私にとって60万円節約できるならば、新車から中古車になったばかりの車で十分だからです。

業者の利益を考えるとこのような車は270万円ほどで売られると考えていますが、それでも30万円を節約できるのは、小市民の私としてはありがたいと考えています。

新車を探す前に新古車を探してみる

もちろん、新車であることは色やグレードが選べるなどよいこともありますが、特別にこだわりもないのに値引きをしたい、でも新車が良い、というのはどちらかにするだけで相当気持ちよく考えられますので、中古車になったばかりの車、通称「新古車」を探してみてはいかがでしょうか。

オススメの探し方については、実際にやってみた画面がありますので、参考にしてみてください。

なびくる+申し込み例
新古車を探すときの画面

300万円の予算でもアルファードやヴェルファイア、エルグランドを購入しようとすると、やはり中古車から選ぶことになりますので、新古車にあわせて中古車選びに役立ててください。

⇒新古車や非公開車両も含む中古車情報を見たい場合はこちら【無料】

年収600万円の車ローン

年収600万円では車ローンもかなり通りやすくなっていますので、審査時間の問題としてディーラーのローンを使わないように気をつけてください。

現在は車を買う前に審査をしておくという流れが主流です。

これをすることでいざ車を買う段階で仮審査の時間を掛けずに済みます。

しかもこの仮審査は有効期限が1年あり、結局必要なくなればキャンセルも無料で簡単にできますので、車を買う予定がある場合は通しておくというのが賢い方法なのです。

何度も言いますが年収600万円では、借金が膨大であるか、勤務先の都合など、大きな問題が無ければ審査が有利であるはずです。

そのため、審査時間的な問題が一番大きくなりますので、手続きに時間が掛からない低金利ローンをオススメします。

⇒ワンランク上の車を買う方法

年収1000万円は無駄に注意

年収1000万円なら車を買う予算の目安としては外車も選ぶことができます。

メルセデスベンツやBMWなど人気欧州車も視野に入ってきますし、ある意味では年収1000万円クラスというと車でステータス性を主張するという方も少なくないはずです。

目安上では、好きな車を買えばよいといえるのは年収1000万円以上からなのかもしれません。

ただし、年収600万円のところでも書きましたが、他のローンとの兼ね合いも注意したいところです。

継続的にかかる固定費は、確実に家計を圧迫しますので少しでも節約できる施策をとるべきでしょう。

収入が高い人ほどお金をしっかり守る必要がありますので、無駄に高い買い物をしないように気をつけましょう。

このことは、新車が無駄に高い価値であることから考えて欲しいと思います。

新車はリセールバリューの面で不利な理由

新車から中古車になる、見た目ではナンバープレートが付いた場合に、車の価値は8割になります。

つまり500万円だった新車は、流通上の価格で中古車として400万円になるのです!

車の状態は何一つ変わっていませんから、実質的な機能は何一つ違いは無いのにもかかわらずこのようなことが起きてしまいます。

これは逆に考えると中古車をうまく買うことがお金の節約になるということです。

新車値引きが難しい場合の小技

展示車や販売店ノルマ達成のために、販売店自ら車を購入してすぐに売る中古車というものがあります。

これらは、新古車や未使用車と呼ばれていますが、新車プレミアムを引いた上での価値になりますので割安になります。

もちろん、色が選べないことやオプションが選べないことはありますし、業者の利益を考えると良くて500万円の新車が新古車となって430万円ですが、この70万円は値引きで引き出せる値引きをはるかに超えています。

お金があれば使うというのは愚かな考えというのは、収入が高い人ほど理解しているので、このことを繰り返して説明するつもりはありませんから、もし少しでもお金を守りたいならば、新古車も車購入の比較に入れてみてください。

なびくる+申し込み例
新古車・未使用車を探したときの画像

新古車以外にも、一般では見ることができない非公開車両情報、条件の厳しい車を探すことができますので、気になる方は詳しく確認してみてください。

⇒新古車など難しい条件を探せるサービス【無料】

年収1000万円のローン

年収1000万円でローンを組む場合には、意外にカードローンも有利だったりします。

カードローンは利率が高く思えますが、実は融資の枠で適用する利率が全然違うのです。

繰上げ返済についてもATMからどんどん返していけるので、特に収入が高い人の場合には、総支払い金額を少なくすることもできるというメリットがあります。

逆に信用を使って低金利でお金を借りておきたいということもあるでしょう。

車ローンは利率が低い目的別ローンであり、その目的がある融資を受けてお金を借りておくという考え方もできるからです。

その場合には、利率の比較も大切ですが、事前に審査を通しておくことが大切です。

いざ車を購入しようとしても、借りるまでに1ヶ月近く掛かるといわれたら、利率関係なしに借りてしまう方もいます。

そのようなことがないように仮審査の予約をしておくことで、車購入をスムーズに行うことができますから、車購入の予定がある場合には事前に審査を通しておくことをオススメします。

結局使わないとなれば、無料で簡単にキャンセルもできるので、気になる方は詳細を確認してみてください。

ワンランク上の車を買う方法

ここまで年収と車代金の目安を見てきました。

「年収で照らし合わせたら軽自動車しかダメだった・・・」

なんていうケースもあると思いますが、重要なのはいかに出費を抑えるかです。

その点で頭金を用意するのかということを説明してきましたが、実は買う車を調整するという方法もあります。

こちらでは、年収基準に照らし合わせたら満足がいかない車だった!という方が、その車ではなくワンランク上の車を買う方法を見ていきます。

ワンランク上の車を買う方法

先に言っておきますが、ワンランク上の車を買うならば、多少無理をするか情報戦で勝つ必要があり、簡単なものではありません。

このことは変な言い方ですが、簡単にワンランク上の車が買えるならば、みんなそうしていますのでもうワンランク上の車とは言えないでしょう。

人と比べるのは愚かなことと考えますが、ただ実際には比べることでしか自分の立ち位置を把握できないのも事実です。

さて、ワンランク上の車を買う方法は次の3つです。

ワンランク上の車を買う方法
  • 中古車で良い条件の車を探す
  • 現金を用意する
  • 長めのローンを利用する

中古車は予算で選ぶことで、予算に対して買える車を選ぶことができます。

現金を用意することで出費を抑え、月々の負担を軽くすることができます。

車は保有と利用を前提としていますので、月々の負担を考えずに購入するということは絶対にやってはいけないこと、ということを話してきました。

つまり、逆に考えると月々の負担を減らすようなことをすればワンランク上の車を狙えるということです。

年収は300万円であっても、現金一括や頭金が用意できるなら外車の選択も悪いものではありません。

もちろん、損傷などをしてパーツを交換するとなれば大きな出費となりますが、メジャーな外車では昔ほど高い維持費は掛からなくなりました。

つまり、いくら車を安くできるか、現金を用意できるかで月々の負担が変わるので、買える車も変わる、ということです!

車を持っている方は下取りの見直し必須

車をローンで購入しようと考えている場合も多いですから、手元にそれほど多くのお金を用意できない場合も少なくありません。

そんなときは下取りの見直しをするべきです。

今、車を持っている場合に古いからそれほど良い評価がされないとあきらめてはいけません。

もし1ランク上の車を買うのなら、下取りの見直しは必須です。

とはいえ、面倒なことは必要なく、査定業者を争わせるという方法で下取りの見直しができますので、少しでも有利に車を買いたい方は今ある車で頭金を作ってください。

⇒下取りの見直しを買取業者に依頼する方はこちら

まとめとして、車好きでない限りは車を購入する場合には年収と予算を月々の収支で見た上で購入する必要があり、知らないことで損をして知っていることで得をするわけですから、あなたが車を買うときに参考にしてください。

お役立ていただけたら幸いです。