車買取は現在、車を売るときに非常に有利なツールとなりました。

 

従来では下取一辺倒だった車の処分について、新しい方法を提示してくれました。

 

下取をするにしても、価値を確認して妥当な交渉を行うこともできますし、買取のほうが得であるならそちらで売ればよいとユーザーが取れる選択肢が増えたことで損をする機会が少なくなったといえるでしょう。

 

しかし、依然として車買取業者には悪徳業者がいることも事実です。

 

一番最悪なのが、車を引き取った後に連絡が途絶えてしまう業者。

 

当然、車の買取代金も支払われることはありません。

 

車を売るなら絶対にこのような業者を避けなければいけません。

 

今回はこういった、車買取の悪徳業者が行う手法と避ける方法を見て行きましょう。

悪徳業者と営業の強い業者との混同

まずは先に知って欲しいこと、それは悪党業者と営業の強い業者との混同はやめてください。

 

先ほど説明した、悪徳業者は明らかにあなたが不利な状態になります。

 

しかし営業の強い業者は、確かに車を出来る限り安く買いたいという思惑はありますが、あなたはうまく使っていくことで車を高く売ることが出来るのです。

 

確かに営業が強い業者というのは、時に迷惑行為に及ぶことはありますが悪徳業者というのは時期尚早です。

 

そのため、悪徳業者と営業が強い業者は明確に分けて考えることが大切です。

悪徳買取業者の行う手法

ここまで悪徳業者の説明と、営業の強い業者とは混同しないことを説明してきました。

 

次に悪徳業者が行う手法について説明していきます。

 

一番最悪なのが、引き渡し後にすぐ逃げられてしまう・倒産してしまうということですが、それ以外にも多々あります。

 

今回は代表的な3つの手法について説明していきます。

 

著しく不当な減額交渉は常套(じょうとう)手段

人によってどこまでが不当な査定額というのは、かなり広い言い方ではありますが例えば確実に価値があるものに対して0円査定をするようなものです。

 

具体的な方法というのは、車体引取り後の振込み前に減額するための要素を交渉してくるような業者です。

 

特に契約書に記載されていない場合には、修復暦のある車を偽って売るなどの過失が無ければ従う必要は無いでしょう。

 

しかしながら、売主に対しては法によって強い責任が課されていますので、確認したほうが良いでしょう。

 

⇒あなたが車を売ったときの瑕疵担保責任とは

 

最悪、法廷での戦いになることもあります。

 

こうなってしまうとせっかく車を楽に高く売ろうと思っても、時間とお金を使ってしまいます。

 

悪徳業者を避けることが一番大切でしょう。

 

なお、車体引取り後の減額は営業力の強い会社も行っていることですが車の売買契約書に記載されている場合には合法となります。

 

車の売買契約を行うときには、絶対に契約書をよく読んでください。

 

税金と保険還付の方法で儲ける手口

これは悪徳業者でなくても行われていることですが、悪徳業者なら確実に狙ってきます。

 

車の処分で還付や返金を受けることが出来るのをご存知ですか?

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • リサイクル料金

これらの還付は安いものではありません。

 

そのため、廃車を無料ですることが出来るというのは街で見たことがあると思いますが、あの業者はほどほどに儲かっているはずでしょう。

 

無料で廃車ができることに疑問を持っていた方は多くいらっしゃると思います。

 

こんなカラクリがあったのですね。

 

実際に税金と保険料の還付については業者に説明義務はありません。

 

ただし、現在の車買取業者においては査定額に含まれているという説明などを適切に行っているようですから、説明が無い場合には必ず質問をするようにしてください。

 

名義変更をしない(もしくは忘れている)

自動車税と軽自動車税は4月1日現在の所有者に対して課税されますので、名義変更をしない場合には車を売ったあなたに税金支払い用紙が送付されるはずです。

 

特に個人間取引に多いですが、悪徳業者はこれも行ってきます。

 

いざ連絡を取ろうとすると架空の業者であったということがそこで判明するとなると結局あなたが税金を払わなければいけない状態になります。

 

いつ確実に名義変更をするのかは、車売買契約時に必ず確認してください。

 

なお、車買取業者においては名義変更が手続き上間に合わないときには査定額に来年の税金額を含めている場合がありますので、利用の際は契約書や領収書などの内訳を確認するようにしましょう。

悪徳業者を避ける方法

現在、車買取業者は大手が寡占するような状況になってきました。

 

テレビCMでは、最大手のガリバーやカーセブンなど車オーナーなら知らないという人のほうが少ないのかもしれません。

 

そういった大手では一定の業務品質基準があるために、特定の法的手続きや支出について説明なく行うことも少なくなりました。

 

そのため、悪徳業者を避けるためには出所がある程度保証されているような業者に査定を依頼することが大切です。

 

小さい業者では、どうしても不透明な部分がありますので信用を担保することが難しくなってきています。

 

中小の業者が悪いわけではありませんが、どうしても大手と比べるとリスクは高くなるという認識は常に持っておくべきです。

 

もしくは、一般社団法人日本自動車流通研究所(通常:JADRI)に加盟している業者なら一定の水準が認められている業者ですので、車を売るときには加盟業者に依頼することが良いでしょう。

 

悪徳業者を避けるなら、JADRI加盟業者に依頼する

以上、「中古車買取の悪徳業者とは」でした。

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。