車査定を匿名で営業連絡なしでしたい

 

車査定相場を匿名で調べる方法:3行要約

だいたいの車査定相場で良いならば匿名・個人情報なしで調べられるもので問題なく、データ発信元がわかる「トヨタ公式サイト」で調べるのが良い

車を売る場合や下取り査定の交渉に使う相場情報を調べるのは、中古車相場から逆算する方法が最も確実

車を売るときに大量の電話連絡などを受けないやり方や、業者連絡を受けてくれるサービスもあるので、昔ほど査定サービスを警戒する必要はない

 

車査定依頼すると電話連絡など営業行為が発生して、ただ車価値を知りたいだけなのにめんどくさい、ということが起こりますよね。

 

それならば、インターネットで検索すると「この査定サイトが匿名で使える」といいながら、「結局精度を出すなら実際に査定を受けるしかない」と多くのサイトでも営業されてしまいます。

 

これってあなたが求めていることではなく、車査定相場を匿名でしかも連絡なし、個人情報なしで見たいというのが本当のところでしょう。

 

こちらで見ることが出来る情報は次の3つです。

 

  • 個人情報の入力や登録なしの匿名で行う方法
  • 買取相場との関係
  • 実際に車を見てもらうにしても面倒が少なくなる方法

 

車を売りたいときになったら売るデータを見ればよいですし、興味本位で車価値を知りたいということもありますが、それはデータをどこから持ってきたのかを把握できることが大前提で、その考え方がない場合には結局時間の無駄になります。

 

そのため、この車査定の相場データ自体の出所についてもお話します。

 

まずは、匿名でだいたいの査定相場を知りたい場合についてお話していきますね。

車査定を匿名で行う方法

車査定を匿名で行うなら概算の相場が分かるメーカーの公式サイトで確認すれば今すぐ無料でできます。

 

toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報
出典:toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

 

トヨタの公式ページですが、トヨタ以外の車も相場を調べることができます。

 

だいたいの車査定相場を知るのであればこちらで十分です。

車査定額の精度に注意!

ただし、こちらで出てくる相場は本当にとりあえずの精度しかないので、車の売却を考えるための資料としては役に立ちません。

 

その最大の理由は入力してみた方なら分かると思いますが、走行距離を入力する場面が無かったことを確認できますか?

 

車の価値としてどのぐらい使われているのかを見るためには走行距離がひとつの指標であり、また走行距離は車価値に与える影響が大きい要素なのです。

 

これを入力しないということは、「精度なんて気にしないデータでも良い」と開き直っているようなもので、「むしろ正確なデータではありませんので使わないでください」、と告知しているのかもしれません。

トヨタ下取り参考価格の精度について

後にも話をしていますが、匿名でわかる車査定相場の精度について実験をしたところ、トヨタの下取り参考価格は高めに出てくることが分かりました。

 

下取り・買取価格 コメント
トヨタ公式:下取り参考価格 60万円 下取り査定ではここまでの金額は出ないでしょう
情報サイト:車査定のトリセツ 46.04万円から62.2万円 業者オークションデータから作成しています
中古車販売サイト:カーセンサー 利益など引いたら53.8万円から63.8万円 元価格から20万円から30万円引いています

 

これはトヨタの下取り参考価格と車買取で使うオークションデータの解析価格、そして中古車販売価格で、出てきた相場情報の精度を検証した結果です。

 

見てわかるように、なぜか下取り参考価格が60万円と高水準であり、これが事実ならば特に質が悪い車については、車を売るときにはディーラーに売ることで最も高く売れることになってしまいます。

 

なお、この相場情報の検証については次のページで詳しく解説していますので、気になる方は見てください。

 

 

この数字を持ってディーラーに下取りをしても、おそらくは満額の下取り額とはならず、何かしらの理由をつけて減額されるものと考えています。

匿名で得られる車相場情報の欠点

匿名で車価値を確認しても、データの出所が分からない場合には、結局使えるのか分からないものになり、他も同様であればただ時間を無駄にするだけです。

 

ここで出される情報については、同じような条件の車について、過去に取引された価格での提示となりますから、多少の期間のずれもあります。

 

本当に時間をつぶしたいだけならまだしも、あなたは根拠もない適当なデータで満足などしないはずです!

 

匿名で知った情報を使って車を売ろうとした場合には、不正確な情報で利用することによって損をしてしまうことを頭に入れておきましょう。

 

なお、当サイトでどのぐらい不正確なのかを実際の相場と比べた実験調査がありますので、良かったら匿名でわかる査定方法の精度をご確認ください。

 

匿名で分かる精度の良い車価値情報

ここまでみてきたように、時間つぶしで自分の車価値を調べるならまだしも、相場データを使って何かをしたいならば、むしろ相場データを見ないほうが良いのではないか?と思えるような傾向が分かってもらえたはずです。

 

ですが、匿名であっても全ての査定相場データが使えないというわけではありません。

 

一般に匿名で見られる車価値情報というのは次の2つの発信元と傾向があります。

 

匿名で分かる車価値情報の発信元と傾向

  • 運営が大手業者で詳細な車情報を出せない場合
  • 運営が個人・零細企業で車情報が他のサイトから持ってきただけの場合

 

運営が大手業者で詳細な車情報が出せない理由

見てわかるようにいずれの場合も車価値情報は詳細に出すことは出来ません。

 

例えば中古車情報誌で知名度がある「Goo」ですが、本元は「株式会社プロトコーポレーション」といって、対業者に対する中古車情報サービスを取り扱っている会社です。

 

このような会社が業界の利益元になる、中古車情報を詳しく言えるはずがなく、もし言ってしまったらお客さんである車買取業者などからもうバッシングがあるでしょう。

 

事実過去にGooでは車査定アプリを出していて、この情報制度が恐ろしく良かったために、すぐにリリースを下げられてしまいました。

 

おそらくは業界からアプリを差し止めるように圧力がかかったものとみています。

 

このように大手業者が車価値情報を詳細に出すことは、関係会社の利益をつぶすことになるので、だれでも自由に公表するということは出来ないのです。

運営が個人・零細企業の車価値情報が使えない理由

ネットで車査定相場を匿名で調べようとすると、出どころの良く分からないサイトに行きつくと思います。(自分でいうのは残念ですが当サイトも同様によくわからないサイトです)

 

実はこういったサイトは、ネットで公開されている大手業者の相場情報をただまとめているにすぎず、さらに問題なのはそのデータが古いことです。

 

情報を個別に調べるのは確かに時間が掛かりますので、データがまとめられているというのは有用性がありますが、情報が古いということだけはどうすることもできません。

 

その古い情報を過ぎた時間分だけ再計算できるような人が、そもそもネットで出どころ不明の情報を見ようとしませんから、実質的にそんなことは不可能であると考えています。

業者オークションの開催ごとに車価値が変動

車価値は全国で行われている業者オークションの価格で決まっていて、業者オークションは週に5日以上行われているので、ほぼ毎日価格情報が更新されているという状況です。

 

このような状況なのに、例えば良くても半年前、悪いサイトになると1年も前のデータを見せて、「だいたいこのぐらいの車価値です」という掲載方法をとっているのです。

 

つまり、運営が個人や零細企業の場合には、相手もある程度匿名性があるために、データについて最低限の責任を取っていないということになります。

あなたも相手も匿名:誰も責任を取らないのでそれなりの情報

もちろん、無料かつ匿名で見れる情報ですので、そのぐらいの価値しかないといえば当然なのですが、やはりそれでも最低限情報の更新ぐらいはしてほしいものですよね。

 

それならば、匿名で見られる車価値情報は意味のないものなのでしょうか?

 

実は次の2つの点が分かっていれば、ある程度安心して情報を利用することが出来ると考えています。

匿名で分かる車査定相場でも利用価値がある要因

匿名で分かる車査定相場情報であっても、利用価値があると見れる要因は次の2つがしっかりと明示されている情報です。

 

匿名で見れる車査定相場情報の裏付け

  • 相場データがしっかりと更新されていること
  • 相場データの出所と根拠が解説されていること

 

この2点では、データが古くて使えないということを避けることに加えて、その信頼性も見なければいけないということが分かると思います。

ネットで手に入る匿名車相場情報が使えない理由

インターネットで相場情報を探すと簡単にたくさん出てきますが、実際には個人情報を登録や入力しない匿名で得られる査定相場データ同様に、時間つぶし以上の価値がないものが多いからです。

 

また、査定サービスを提供する会社のものはある程度信頼できますが、クライアントに買取業者がいることもあって、多少遠慮したデータを出さざるを得ない状況になっています。

 

このことは、先ほども話したように昔Gooがアプリで業者オークションのデータに基づいた査定金額を詳細に出していたところ、新規アプリ廃止をやめてしまった事情からも分かってもらえるはずです。

 

それほど本当に使える車買取相場情報というのは、貴重で外に出ないものである、ということなのです。

 

本当に役立つ情報は本来お金がかかるものであり、「情報は無料」というのは今だからこそよく考える必要があるのですね。

車を売るときの査定相場を知りたい場合

ここまでは匿名で車価値を調べる方法についてみてきましたが、実際に車を売る段階や車買い替え計画のために車価値を見る人もいるでしょう。

 

ここで初めて実際に車を見て査定したらよいのでは?ということが言えるのではないでしょうか。

 

とはいえ、匿名で車価値を知りたいと考えるぐらいですから、業者からの電話連絡など営業行為が嫌だったという経験があることもあって、「できれば静かに、でも車を高く売りたい」、ということができる方法を見ていきます。

嫌な一括査定を連絡なしで行う方法

車を売る予定がある場合には、買取業者の査定を受けることは、実際に将来必要になりますので、あなたとしても受けておくべきなのですが、やはり前にもお話した電話での連絡がとても面倒ですよね。

 

この問題を解決するためには、電話連絡を減らすことができればよいのです!

 

2018年の歳はじめに一括査定を使う機会があったのですが、古くて買い手が付かないような車にも関わらず、ものすごい量の電話に驚きました。

 

一括査定後の電話着信
一括査定を利用したときの電話の量:10分ほどガリバーと話していたら不在着信が恐ろしいことに!

 

そこで車は売らなかったのですが、半年後に車検前に車を売ることを検討したので、再度査定に出すことにしたのですが、前回の一括査定でこりごりしたので今回は対策をもって申し込みをすることにしたのです。

 

その対策とは極力メールのみの連絡を依頼することで一括査定でかかってくる電話の量を減らすというものです。

 

そして実験の結果、一括査定を申し込んで72時間でなった電話は1本のみでした。

 

カーセブンから来たメール
連絡をメール指定した一括査定を使ってカーセブンから来たメール

 

一括査定は多くの業者に連絡を取る手段として優れていますが、電話は1本しか出れないのでメールでの対応はかなり助かります。

電話連絡が減るだけで査定が快適な理由

電話での営業連絡とメールでの営業連絡は時間が縛られないばかりか、同時に対応できるのでかなり助かります。

 

電話での連絡が困る理由は多くの場合次の2つによるもので嫌がられているものと思います。

 

一括査定の電話が嫌な理由

  • 電話は相手から積極的に営業されること
  • メールならこちらから連絡を取らなければ営業されないこと

 

電話連絡を減らすために重要なのは、業者からメールで連絡を受けるようにすることです。

 

今回、連絡をメール指定して一括査定を利用したことで分かったことは、電話連絡なし、もしくは電話連絡が少ないだけでこれだけ快適に車査定を利用できる点です。

 

このことは別ページで詳しく説明していますので、興味がある方は見てください。

 

業者からの連絡をメールで受ける利点

業者からの連絡をメールで受けることによって、主導権がこちらに移りますので、必要なときに連絡するということが可能になりますし、以後についてもそのような対応が可能になりますからね。

 

あなたが車を売る計画があって、でも業者との多い連絡が嫌ならばメールで査定依頼が出来る方法を見てください。

 

 

極力電話を減らすとしても、担当者次第では電話をかけてくることがありますし、実際に電話連絡を0にすることはできないでしょう。

 

そんな中にしつこく電話が掛かってくるような場合の対処法を見ていきます。

電話連絡がしつこいときの対処

電話については、防ごうと思えば多少は何とかなるものです。

 

意外かもしれませんが、しつこい電話を防ぐ方法はちゃんと電話対応をすることなのです。

 

つまり、車買取業者も業務で電話連絡を行っているだけで、あなたのリストが未確定になっているから電話が来るだけということになります。

 

これを解消する方法がただ対応するだけという当たり前のことになります。

 

ですから、しつこい電話に出るのは大変面倒という気持ちもわかりますが、対応してしまえば電話はすっきり止まるでしょう。

メールのみ指定で査定依頼した結果

実験の結果、メール連絡だけで車を売ることは不可能でしたが、極力電話を減らすことは可能です。

 

電話については、私が実験したときには申し込み時にいわゆる「ワン切り」が1回、その後に1回かかってきたのみです。

 

これは車査定を依頼したならばかなり少ないほうですから、もし車の査定に出したいけど電話連絡が嫌なんだ!ということであれば、極力電話を減らせる方法を試してください。

メールのみで査定依頼する方法

メールのみで査定依頼するならばカーセンサーが有利で、申込みをしたときの動画を掲載しておきます。

 

上がメールで連絡を希望するための方法で、下がカーセンサーで査定を申し込んだときの流れです。

 

どちらも音が出ないので安心して確認してください。

 

メールのみで査定依頼する動画

 

カーセンサーで査定依頼する動画

 

カーセンサー査定についてはこちらから確認することが出来ます。

 

⇒カーセンサー査定のサービス詳細はこちら【利用無料】

 

方法次第でいくらでも営業や電話を避けることが出来るので、実際に車を見てもらう必要がある方は試してみてください。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者