次のような方におすすめ

  • 車を売るときディーラーが不利と言われているけど本当なのか?
  • すでにディーラーで下取りの手続きが進んでいるけど他に売りたい
  • 一番高く車を査定してくれる業者はどこか?

 

車の買換えを行うときにはディーラーに車を売るという方は多いでしょう。

 

車購入の商談が進んでくると、車を下取に出すことが前提になっているなんて言うケースも多く、いざ車を買い取りに出すなんていうと担当者が驚くなんていうことがあるようです。

 

このように、流れとして下取に出すことが作られていることからも下取で車を処分する方が多いようですが、実際のところは損をしている可能性があることをご存知でしょうか?

 

先に概要を申し上げると下取査定は買取査定に比べて評価額が不利になりがちなのです。

 

そのため、買取査定に出したほうが得なのに、下取査定であきらめてしまって損をしてしまった!なんていうケースがほとんどです。

 

ここでは、ディーラーに車を売る、つまりは下取に出すということについてどのような評価がされるのか、また車を高く評価されるためにはどうしたらよいのか?という点についてお話していきます。

ディーラーに車を売るともったいない理由

ディーラーで車を売るということは、買い替えを前提とした下取りであると思います。

 

しかしながら、ディーラーで車を売ると損をしてしまうことが多く、その理由は次の3つです。

 

ディーラーで車を売ると損な理由

  • 唯一の売却先になりやすいので下取り査定額の交渉がうまくできない
  • わざわざ車を持っていく必要がある
  • 外部で売ったほうが高くなることを言わない

 

上の3つの理由よりディーラーに車を売るともったいないということになります。

 

多くの方が最も気にするのはお金のことであり、少しでも買う車を安くしたいので、下取り評価は高めにしたいところですが、実際は高い評価を付けていると見せかけて、低い評価を付けられていることは多々あります。

唯一の売却先になるとどうして安く買われるのか?

唯一の売却先になりやすいというのは、下取りをするときに他の業者と価格を比較するということをしない場合が多いからです。

 

車を売るときには業者間で比較して競争させることが高く売るコツなのですが、最初からディーラーに持っていくと1社のみでの交渉になりやすいことが問題です。

 

これは、あなたは車の価値情報や車相場について交渉する経験が少ないので、あなたと業者との交渉立場が業者有利になるというわけで、このことは車を売るうえでかなり不利になります。

 

今はどうなのか分かりませんが、基本的にディーラーは新車販売しか興味がありませんので、あなたから車を買う理由も不用品を引き取るぐらいしか考えていません。

 

その理由は、趣味が車という方は家が広いという方以外は何台も車がある理由はなく、むしろ1台の車を保有することを望む方が多いので、新車を売るために下取りしているという形になるのです。

 

このような状況ですから、下取り査定がなかなかうまく伸びないのも当然です。

 

そのため、ディーラーで車を売る場合にはあまり高く売れないことを覚悟するべきでしょう。

基本的に出張査定はしてくれない

今では買取業者で当たり前にしてくれる出張査定ですが、ディーラーに車を売る場合はそれをしてくれません。

 

引き取りは当然してくれますが、査定を受けるときは自分でディーラーに持っていく必要があるのです。

 

このことは都市に住んでいるならばそれほど問題にはなりませんが、郊外に住んでいる場合には車の査定を受けるだけでわざわざ数十キロ先まで行かなければならないということもありますよね。

 

車を高く売るという前に、ガソリン代だけで数千円かかってしまうわけですから、特に古い車の場合は下取り査定を受けるというだけで、先に損をしてしまうということになります。

なぜか買取業者に車を取られるのは嫌がる

ディーラーでは、基本的に新車を販売することで利益を出すわけで、下取りの査定にそれほど興味はありません。

 

しかしながら、なぜかディーラー以外に車を売るとなると、とても嫌な顔をする販売員がいます。

 

これらを簡単に考えてみると次のような構造になっていることが考えられます。

 

まず、ディーラーは車を買うことに消極的なのは査定額からも明らかですが、実はこの安く買った車をどこかに売って差益を出していると考えています。

ディーラーも転売による利益を狙っている

どこかというのはおそらく業者が利用するオークションなのですが、ここには車買取業者も出品して、同様に差益を得ています。

 

つまり、新車販売で得られる利益はかなり大きいこともあり、この業者オークションで出す差益は小さいので、相対的に興味がないということになります。

 

しかしながら、差益はしっかりと得られるものなので、それを取りこぼすことは何かしら業務内で問題が生じるのでしょう。

 

こういったこともあり、実はディーラーでは査定額は低いから外部の業者で売ったほうが高い、と知っていても言ってくれません。

 

なお、これは国産ディーラーの話であり、外車や独立店舗の業者であれば、外部で売ったほうが有利であるとはっきり助言してくれることがあります。

 

この辺は店の経営次第ですが、基本的には儲かることを逃すのは誰でも嫌ですから、その機会を逃すようなことは言わないということになります。

車を他で売却するときディーラーに連絡はする?

前の段落では、ディーラーで車を売る場合は他で売る場合よりも査定額が安くなるという話をしましたが、そんなことを聞けば当然外部の業者に売りますよね。

 

この場合、ディーラーから新車を買い、外部の車買取業者に車を売るということになりますが、車買い替えの商談がある程度進んだ段階でディーラーに、どのように連絡をしたら良いのでしょうか?

 

実は親戚がマツダのディーラーでCX-5を近頃購入しましたが、元々乗っていたトヨタヴォクシーは商談の途中で、外部に売るということを告げました。

 

実はこれ、交渉のカードとして利用して下取り査定額を上げる方法で、逆に連絡をすることで下取りを有利にすることも可能なのです。

 

もちろん、その結果としてディーラーのほうが、買取業者の査定と比べて不利な金額であれば買取業者に売ることも可能です。

 

車売買の契約をしていない状態ならば、確かに下取り車の評価額も車購入額の試算に入っているものですが、交渉中盤になったときに外部で査定を受けることを言えば、下取りをするということを決め込んでいても有利に事を運ぶことが可能です。

 

交渉中盤であれば、交渉が決裂して車を買わないなんて言われる恐怖も相手にはありますから、この方法なかなか使えるのでお勧めですよ。

トヨタの下取り参考価格情報とは

トヨタの下取り参考価格情報とは、トヨタの公式サイトで分かる下取り時の参考価格です。

 

toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報
出典:toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

 

ネット上で登録の必要が無い下取価格検索サービスです。

 

トヨタの公式サイトですから安心して使えますし、3分であなたの車の概算価値を算出することが出来ます。

 

トヨタ以外の車も調べることができますから、下取のときには絶対に確認して欲しいと思います。

トヨタ下取り参考価格情報の欠点

トヨタ下取り参考価格情報は、ネットで登録などしなくても見れる車の相場情報なのですが、一つだけ大きな欠点があります。

 

自分の車を見てみた方ならわかると思いますが、走行距離の入力欄がなかったことに気が付いたはずです。

 

車の価値を算出するうえで走行距離や事故歴などは重要な要素なのになぜ?と考えてしまいますよね。

 

実はここで分かる情報はかなり幅が広く、悪い言い方をすれば売るときにはあまり役に立たない情報です。

 

というのも、トヨタ側でも下取りの参考に使うように、情報の名前が書いてありますよね。

 

さらに買取業者に売る場合を考えて、業者オークションのデータと付き合わせた結果、トヨタ下取り参考価格はかなり高い金額で出ることが多く、これではディーラーで車を売る場合に、相当高い金額を持っていくので、適当にあしらわれてしまいます。

下取り査定が安くなる理由

一般に下取は安くなってしまうといわれています。

 

査定額でいえば、

「ディーラー下取査定=<車買取業者の査定<業者オークション価格<中古車購入価格」

 

この順序で価格が付きます。

 

ディーラー下取り査定額と車買取業者の査定額については、基本的に買取業者のほうが高くなりやすいです。

ディーラー査定額よりも買取業者査定額のほうが高い理由

ディーラー査定額よりも買取業者査定額のほうが高い理由としては、ディーラーは新車を販売することで利益を出し、こちらのほうが効率的なので、わざわざ車を買い取って転売して差益を儲けるというのは、正直面倒なのかもしれません。

 

また、車買取業者とディーラーでは事業の構造が異なるので、かかってくるコストが異なります。

 

基本的には車買取業者のほうがコンパクトであることが多く、その意味でも買取業者のほうが査定額が付きやすいという説明になっています。

 

ただし、ディーラー下取り査定と車買取業者査定については、転売先が業者オークションであるために、基本的に業者オークション価格を超えることはありません。

 

また、中古車販売をする場合には業者オークションから仕入れた車を売っているので、基本的に業者オークション価格が中古車販売価格を超えることはありません。

 

つまり、業者オークション価格の前後には業者の利益が入るので、ここに車評価額の違いについて高い壁があり、そのことでこれらを突破して評価するということがほとんどない理由になります。

ディーラーに車を売るメリット

ここまでディーラーに車を売ると査定額が安くなってしまってよくないと申し上げてきましたが、良い点もあります。

 

ディーラーに車を売るメリット

  • 購入時と売却時の手続きを同時にできて手間がかからない
  • 業者間比較をすることにより必ずしも下取り査定が不利ではない
  • 価値が付かないような車でも数万円の査定額が付くことがある

 

車買換え時に車買取専門店に売った場合には、車を売ったときの手続きと車を買ったときの手続きをしなければいけないということです。

 

しかしながら、下取なら車を売る相手も買う相手も同じなので一括でしてくれることが多いです。

 

ただし、下取と買取では平均して10万円以上価格差が存在するようですから、数時間の手間で平均10万円~20万円の差が得だと思わないなら下取はよい選択です。

 

また買取店で値段が付かないようなときにも、下取ではキャンペーンなどで最低5万円の査定をつけるようなものもやっています。

 

売る車の価値が低いなら、こういったキャンペーンを利用することで少しでも高く売ることができるでしょう。

ディーラーに車を売るときの注意点:まとめ

以上、なにも考えずにディーラーに車を売ると損をする可能性が高くなることをお話してきました。

 

とはいえ、車を売る人が車流通の全般的な知識をつける必要は無く、他の車売却先の査定額を比較をすることで、あなたが不当に損をしていないのかを判断することができるのです。

 

先ほど、あげたトヨタの下取り参考価格情報もそのひとつでしょう。

 

ただし、やはり下取価格がベースとなっていますので、車を売ることを予定しているならもっと現実的な査定額を参考にすべきでしょう。

 

そのため、車を売るということが確定しているのなら、車買取業者の査定と比較すべきです。

 

そのうえで下取の車売却額+値引き額と比較することで、最も高く車を売る業者が判明します。

 

もし車査定業者へ持ち込み査定が面倒であったり、査定額を払いたくないという方は一括査定サービスを確認してください。

 

⇒車の一括査定を比較してあなたに合うサービスを探す

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均18万円査定額UP!(概算価格が分かるから下取り相場とすぐ比較可能!)
相見積もりで業者間の比較
一括査定利用で平均17万円査定額UP!(実例で13万円から60万円も上昇!)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者