残クレの名義変更:サムネイル

残クレの名義変更:3行まとめ
  • 残クレを払い終わったときの名義変更は、「所有権留保解除」手続きが必要な場合がある
  • 所有権の関係は車検証の「車所有者の氏名又は名称」の欄で確認できる
  • 残クレ中の車を売る場合には残りの残クレを一気に返す必要があるが買取業者が間に入って手続きが進められる

残クレを利用している場合には、所有者がローン会社ということがあります。

車検証で車の所有者を確認
車検証で車の所有者を確認

所有権がローン会社にあるとしたら、残クレを払い終えたら所有権を移す必要があり、これを所有権留保解除手続きと言います。

所有権留保とは

所有権留保とは、車をクレジット契約で購入した場合において、所有権は実質的に車の使用権や支配権がある者が保有するべきであるが、その保有権を「車購入者ではなく信販会社など」が留保することをいう。

この点において、車購入者は使用者として登録されることで、自動車税課税などの問題をうまく解決している。

なお、この所有権留保状態を解除する手続きを「所有権留保解除手続き」といい、残クレ終了時や車処分をする場合に行われる。

これをしておかないと車を売ったり、廃車したりすることができません。

いずれは行う作業なので、残クレを払い終わったら速やかに行うべきです。

とはいえ多くの場合、ローン会社主導で名義変更になると思いますので問題はありません。

ここでは、残クレの返済が終わったときに、所有権をあなたに変更するための名義変更方法についてみていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

残クレ名義変更のやり方

残クレを払い終わったら所有権留保解除後に名義変更を行います。

手順は以下のようになります。

車名義変更の手順
  1. 車の残クレを払い終える
  2. ローン会社から所有権留保解除の書類があなたの元へ届く
  3. 書類に記入・必要書類を同封してローン会社へ返送する
  4. ローン会社から新しい車検証が届く

なお、ディーラーの残クレの場合には、ディーラーが代行してくれる場合があり、そのときあなたは最低限の手続きで済みます。

また、残クレを使った場合以外ではローンが終わっても連絡がないこともあるようで、その時には自分で手続きを開始する必要がありますね。

基本はローン会社から手紙が来る

ローン会社においても、こちらからなにかをするというよりも相手から来たものを指示通り返すという作業で問題ありません。

場合によっては、ローン会社から連絡が無いなんていうケースもあるかもしれませんので、返済が終わったら所有権留保解除の手続きはどうなっているのか、電話でもメールでも良いので確認することでトラブルは少なくなります。

残クレが終わった時に信販会社から連絡があるかどうかは状況次第にもよりますが、あまりにも連絡がない場合は自分から連絡するのが一番確実ですね。

次にこの所有権留保解除の手続きに必要な書類についてみていきます。

名義変更に必要な書類

所有権留保解除に必要な書類は主にこの4つなります。

所有権留保解除に必要な種類
  • 印鑑証明書
  • 車検証のコピー
  • 自動車税の納税証明書
  • 住所変更があった場合住民票

住民票については住所変更がなければ必要ありません。

住民票が必要な場合に関しては、印鑑証明書を役所に取得するときに同時に取るようにして、二度手間にならないようにしましょう。

納税証明書を紛失してしまった場合

納税証明書については、自動車税を払ったときの領収書なのですが、これを紛失してしまうと再発行をしなければいけません。

もし、自動車税納税証明書を紛失してしまったならば、いつかは絶対に必要になりますので、速やかに再発行をするようにしましょう。

なお、これの再発行は陸運局近くの税事務所か管轄の税事務所のいずれかで行います。

残クレ中の車を売りたい場合

あなたの車検証を確認してみてください。

所有者があなたですか?それとも融資会社ですか?

借入の種類によって変わってきます。

所有権留保がないローンの場合には特に制約はありません。

この場合にはある意味で、ローンが終わって無くても車を売ってしまっても問題はありません。

クレジットで車を買った場合の車所有者

問題があるのはクレジット利用で所有者が融資会社となっている場合です。

融資会社が所有権を持っていますので、勝手に売るわけにはいきませんね。

クレジットを返済しても、所有権留保解除手続きを行わないといけません。

所有権留保解除手続きをしてようやくあなたのものになるわけです。

1、自動車税を払う

まずは自動車税を払う必要があります。

なぜかというと、未納状態では名義変更が出来ないからです。

最終的に名義変更を行うために、自動車税納税証明書が必要になります。

とはいっても、自動車税を払い込みをした用紙の半券がそれであり、多くの方は領収書のように考えているものになります。

紛失してしまったと考えたら領収書をまとめてある場所を確認すると意外に入っているもので、車を長く乗っている方ならば車検証と一緒にファイリングしているでしょう。

なお、紛失してしまったとしても再発行の費用は400円ほどであり、車検証と印鑑を持って陸運局に行ってください。

2、所有権留保解除手続きの書類を用意する

所有権留保解除手続きを行う必要があり、これには書類を用意する必要があります。

所有権留保解除手続きに必要な書類
  • 委任状(実印による押印)
  • 印鑑証明書
  • 車検証のコピー
  • 納税証明書
  • 融資会社の承諾書
  • 完済が証明できる書類
  • 住民票(住所が変わったときに必要)

    なお、委任状や印鑑証明書はディーラーや融資会社から得る必要があります。

    車検証のコピーと納税証明書、完済したことを証明できる書類を持参か郵送をすると自動車登録用の委任状と印鑑証明書がもらえます。

    3、名義変更手続きを行う

    最後に名義変更を行います。

    これは陸運支局によって行われます。

    住所変更が行われた場合には、車庫証明も必要になるでしょう。

    また旧住所から新住所への変更を証明できるような、多くの場合には住民票が必要になるでしょう。

    なお、これは借入を行った本人が新しい所有者になる場合で、他の第三者へ譲渡する、つまりは売るような場合には直接売った相手に名義変更出来ます。

    そのため、一度あなたに名義を変える必要もありません。

    特に個人を相手にする車譲渡の場合には、相手には借入を払い終わった、完済した車両であることを証明すべきです。

    そうでなければ、名義変更が出来ないいわゆる「金融車」となってしまいますので、大変なクレームや賠償を請求される可能性があるでしょう。

    車買取業者に車を売るときにはそれほど複雑なものにはならいないでしょうけれども、個人売買では気をつけてください。

    もちろん、あなたが買う場合も金融車には気をつけてください。

    ということで、まとめると債務を完済して自動車税納税証明書を用意し、融資会社に必要な書類を取り寄せ、名義変更を行う、という流れになります。

    残クレが終わったときに車を売るときには参考にしてください。