近年は低燃費の車が製造販売されるようになった一方、思ったよりも燃費が良くない!なんていうケースも多いようです。

 

それもそのはず、発表されている燃費は特定状況下において計測した燃費で、実際の燃費とは異なるのです。(現在、主流の燃費計測はJC08モードというもの)

 

そのため、この特定状況下において計測された燃費を実燃費で考えるならば、これに6割掛けをしたぐらいで考えておくと良いでしょう。

 

このように、低燃費の車を買って「よし!リッター35キロを目指すぞ!」と思っていたところがっかりなわけですが、この燃費を少しでもよくするための、もしくは悪くしないための運転方法があることをご存知ですか?

 

そう、ちょっと車の運転の仕方を気をつけるだけで燃費はよくなるのです。

 

今回はそんな、運転方法を改善することで燃費向上をするための方法をお話していきます。

大前提はアクセルを踏みすぎないこと

論理的にいえばもっと色々あるのですが、アクセルを踏みすぎないことが大切です。

 

多くの場合、アクセルを踏むことに比例して燃料消費量が増えます

 

そのため、アクセルを不必要に踏みすぎないことが燃費向上へ貢献します。

 

最も簡単かつ効果的なのは、速度が乗ったときにアクセルを少し戻すということです。

 

時速60km制限の道路なら、時速60kmまで加速した後は速度が保てるところまでアクセルを戻すのです。

 

こうすることで、無駄にアクセルを踏むことを避けることができ、エネルギーの無駄遣いを無くすことができます。

エンジン回転数をあげるということについて

その時の車が保有するエネルギーや排気量・ギアにもよりますが、エンジン回転数を増やすことによって燃料を多く消費します。

 

そのため、低回転で走るなら最も燃費が良くなるというわけですね。

 

ガソリン車において極論を言えば、バイクでいえば原付・車でいえば軽自動車で回転数を上げずに走れば燃費がよくなるでしょう。

 

ただし、原付は良いとしても軽自動車の場合には車体の重量がありますので、そうは言っていられないでしょう。

 

結局のところ、小さなエンジンで出力を出すには回転数を上げるしかない場合がほとんどで、一昔前の軽自動車が燃費が悪かったのはこういった事情があったのです。

ハイブリッド車の優位性について

ハイブリッド車はこの発進時を力の強いモーターで動かすことによって、燃料消費量を抑えています。

 

しかしながら、ハイブリッド車は車体が重いですし車体価格も高いのでどちらが良いのか今のところ結論は出ていません。

 

私が思うには、ハイブリッド車は日本の車体重量に対する燃費基準を達成させるために売りに出されているのではないかと思うぐらい、経済的にはエコではありません(本来は減速時のエネルギーを効率的に使うという思惑がある)。

 

というのも世間が大騒ぎするような維持費がとても安いということも無いですし、確かに燃費についてはガソリン車よりも良いのですが、高い車体価格とバッテリーの交換費用なども考えると甲乙付けがたいところがあります。

 

つまり、車の維持費を安くするためにハイブリッド車に乗るというのはそれほど賢い選択とはいえないということです。

 

詳細については関連ページをご確認ください。

 

⇒関連ページ:ハイブリッド車は財布にはエコじゃない?実は維持費がそれほど安くない理由

ゆっくりスタートが果たしてよいのか?

よく標語などで、ふんわりアクセルでゆっくりスタートというものがあります。

 

発進時にアクセルを踏み込むことで燃料消費量が多くなるので、それを解消するためにゆっくり発進しましょうというものです。

 

しかしながら、車を動かすうえで重要なのは早く目的地へ着くことです。

 

ゆっくりスタートしていては信号待ちなどで後ろの車への影響も大きいですし、なにより早く目的地へ着くことに悪い影響が出ます。

 

過度なエコドライブは実は意味がないことが多いので、無理なく実行できる範囲で行うようにしましょう。

エネルギーの無駄遣いに注意

車を走らせるということは、車体等の質量と速度に応じたエネルギーを発生させているとも言い換えることができます。

 

エネルギーは、様々なものに変換できます。

止まるときにはブレーキとタイヤの摩擦によって熱エネルギーに変換しています。

 

このエネルギー変換をできる限り少なくすることは燃費向上に貢献します。

 

止まるなというわけではありません。

 

無駄に加速して無駄に減速することがもったいないということです。

 

そのため、車間距離を保つことが一定のペースで車を走らせる秘訣となるでしょう。

オススメは発進に気をつけすぎず速度が乗ってきたらアクセルを戻す

以上、誰でも簡単にできる車の燃費を上げる方法でした。

 

重要な点をまとめると、

 

  • 速度が乗ったらアクセルを少し戻す
  • 無理にエコドライブをする必要は無い
  • 車間距離をとることで一定のペースで走れる

 

これだけで確実に燃料の消費量を減らすことができるでしょう。

 

原理を知ることで、ちょっとした工夫ができあなたのカーライフも楽しいものになるのではないでしょうか?

 

以上、「誰でも簡単にできる車の燃費を上げる方法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。