車の所有者・使用者などは車検証を見て確認できる

車を売ったり廃車にしたりするには所有者の権限が必要です。

 

通常、車を買った場合には使用者も所有者もあなたですが、残価設定型クレジットやローンを利用した場合には信販会社が所有者となっている場合があります。

 

所有者が信販会社の場合には、車を売る・廃車するためには所有者の承諾が必要なので、所有権留保解除の申し出を行わなければいけません。

 

ここでは所有者の確認方法についてみていくとともに、ローンやクレジットが完済したときの所有権留保解除手続き、及び債務が残っている状態で車を売ることについてみていきます。

 

まずは、所有者の確認方法です。

所有者の確認は車検証をチェックする

多くの方は助手席前のグローブボックスというポケットの中に車検証一式が入っているはずです。

 

ここには車検証、自賠責保険証明書やリサイクル料の用紙、そして人によっては自動車税の納税証明書が入っているはずです。

 

これらのファイルの中に車検証はありますので、そちらの所有者欄を確認してください。

 

これがどちらもあなたの名前が記載されていれば車を売ったり廃車に出したりすることは可能です。

 

つまりは、車の所有者はあなたであるということになります。

 

そして次の場合には手続きが必要です。

 

所有者の名義が使用者であるあなたと異なる場合には所有者の承諾が必要になります。

 

所有者が家族の場合には、所有者の委任状や譲渡証明書、印鑑証明書と実印が必要になるでしょう。

 

所有者がローン会社の場合には、所有権留保解除を行う必要があります。

 

次にローンやクレジットを完済したときに行う所有権をあなたに移す方法の説明です。

 

なお、この方法は完済以外にも所有者が許可した状況下で行われることがありますので、全てが完済時に行われるわけではありません。

 

ただ、その方法や効果については同じですから、こちらではあわせて説明をしたいと思います。

所有権留保解除のやり方

所有権留保解除については2つ方法があります。

 

  1. ローンの残額を一括で支払う
  2. 新しくローンを組みなおす

 

また、大手車買取業者であれば信販会社の間に入ってくれることもあるので、残債の一括返済を車買取業者が受け持ってくれることもあります。

 

車の売却額がローン残債より多ければ、売却額の残額はあなたに支払われます。

 

また、ローン残債のほうが車売却額よりも多いなら、余った残債については車買取業者とローンを組んで返すことになるでしょう。

 

この状態をネガティブに捉える人も多いですが、私は残債が少しでも片付くならそれも悪くないと思っています。

 

あなたが納得できる結果が得られるかどうかは車買取業者によって異なりますので、査定の依頼時に質問してみると良いでしょう。

残価設定型クレジットを払い終えたときの名義変更

信販会社へ借入の返済が終わったら、所有権はあなたに移されます。

 

そのときの手順は信販会社主導で行われることが多く、またディーラーなどに完全に任せてしまえる場合があるようです。

 

この場合、最終的にあなたに新しい車検証が送付されて手続き終了となりますので、いつまでたっても所有権が帰ってこないということは無いでしょう。

 

対して、個人売買の場合には所有権を変更しないで税金などのトラブルに発展するケースが多いようですから、特に買主となった場合には可及的速やかに所有権を変更すべきでしょう。

 

なお、売主であれば確実に所有者の変更をする旨の条項を売買契約に盛り込むことをしないと意外に危険なので、必ず実施すると良いでしょう。

 

車を買うときに残価設定型クレジットやローンを利用したときにおいて、所有権の移転などを伴うことをするときには絶対に車検証を確認してください。

 

無用なトラブルに巻き起こすは、良いことではありません。

所有者が信販会社のときに車を売る方法

所有権があなたに無いときには、あなたはただ車の使用権を得ているだけに過ぎませんから、車を勝手に売ることは出来ません。

 

ただし、実質的な問題としてはあなたは部分的に所有している実態を考えると、必ずしも車を売ることが出来ないということではないようです。

 

わかりにくい言い方をして申し訳ないですが、残債がある状態であっても車を売ることは可能であるということです。

 

その方法について、車買取業者が残債について立替払いをすることで解決する方法です。

 

多くの大手車買取業者ではこの方法に対応しているわけですが、一部では対応していないケースもありますので注意が必要です。

 

ですが、残債がある状態であっても車を処分しなければいけないという状況もありますので、そういった状況下においては利用を検討してみてください。

 

なお、地域の車買取業者を探すとなると結構大変なので、インターネットを利用したサービスをご利用ください。

 

⇒車を売るときのネット業者検索サービス【無料】

 

以上、「車の所有者・使用者などは車検証を見て確認」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車検証の所有者と使用者はなぜ違う?
    Q:車を売ろうとしたら大変なことを発見してしまいました。   なんと、車の所有者と使用者が異なるのです!   使用者が私であることは良いとしても、なぜか所有者がクレジット会社になっ…
  • 【返済が終わったら】車ローン名義変更を行う方法
    残価設定型のローン(クレジット)を利用している場合には、所有権がローン会社という状態がほとんどでしょう。   ローンを払い終えたら、所有権を移す必要があります。 これをしておかないと車を売っ…
  • 所有者が海外在住で車を売るためにはどうすればよい?
    例えば親戚が海外にいるときに、家のガレージが狭いので処分するとき。   車を売るときには所有者が集める書類がなければ売ることは出来ません。   でも所有者は海外在住・・・ &nbs…
  • ローンが残っていても事故車を廃車できる?
    ローンが残っている状態で事故をして不動車になってしまうと、その車を廃車できるのでしょうか。   というのも、ローンを使っている場合には所有権がローン会社にある場合があり、所有者がローン会社で…
  • 車ローン完済から名義変更・売るときの手続き
    ローンが払い終わって、   「さて!車を売るか!」   なんて流れはおかしいですけれども、実際は良くある話です。   というのも、ローンがあるとなかなか新しい車を買おうと…