過去にはヤフーオークション、現在はメルカリなどで車の個人売買が盛んですね。

 

確かに個人売買では、業者が間に入らない分だけ利益を取られることがないために、売り手は車を高く売ることができますし、買い手は車を安く買うことができます。

 

そのため、業者を仲介するのが当たり前の状況からするとまさに夢の取引のように思えますが、実際のところは使ってみてトラブルに巻き込まれることが少なくありません。

 

車を個人売買で売る場合には売主も買主もハイリスクな取引になる場合が多いからこそ、車買取業者などが仲介するわけですからね。

 

ただし、それではただの当たり前のことをいって終わりになってしまってつまらないですから、車を少しでも高く売るということで個人売買を選んだのであれば法律関係と金銭関係、そして車両関係を注意して出来るように、こちらでは個人売買におけるトラブルと注意点をみていきます。

 

まずは、一番トラブルになりやすい現金関連のお話です。

基本的に現金一括払い

個人間において分割払いなどをしてはいけません。

 

基本的に車両と引き換えに代金を全額もらう方法が良いでしょう。

 

ただし、売主としては買主の信用状況を担保できないことが多いですから、先に半額振り込んだ後に車両を輸送して、その後にあと半額振り込んだら書類を送るなどの方法はとっても良いでしょう。

 

いずれにしても、基本的には車両と同時に代金支払いは必須であり、遅れさせるなどについては自分側が有利であってもやめておいたほうが無難です。

瑕疵担保責任について

売主の瑕疵担保責任とは売主は買主に対して、売った物品についての隠れた・隠された欠陥について担保責任を負うものです。

 

オークションなどで、実動するような文言が書いてあったのに実際に動かなかったということで瑕疵担保責任を追及された例があります。

 

⇒国民生活センター インターネットオークションの車売買

 

オークションでは「ノンクレーム・ノンリターン」を書いたならば大丈夫と思っている方が多いですが、実際にはそれと異なる場合もありますので注意が必要です。

 

訴えられて一番大変なのは時間的な苦労と弁護士費用でしょう。

 

法的に穴が無いように記述や契約書を作るのは大変ですが、特に売主においては大切だと思います。

 

このことから特に車を売る場合に、あまり法律が詳しくない人や、トラブルが怖いという方は個人間売買をオススメできません。

現物引渡しが望ましい

現物を見て納得した上で車を売ることが最も望ましいでしょう。

 

その時に、代金の支払いは現金一括でもらうことができればさらに良いでしょう。

 

これが難しいときには、車両引渡しまでに半額振込を要求して、その次に半額が振り込まれたら書類を送るという段階的に取引を進める方法があります。

 

多少面倒ではありますが、注意しすぎて困ることはありませんから、このように注意深く取引を進めるのは悪いことではないのです。

 

たいてい後悔するのは、手続きを簡略化してしまったときなのです。

現状渡しなどは有効か

ヤフーオークションなどに見られるノンクレームノンリターン特約、いわゆる現状渡しについてですが、車の場合には全面的に有効にならない点は注意してください。

 

というのも、車の主な機能である、「走る・曲がる・止まる」が不能である場合には、この特約は機能しない場合があります。

 

例外として、ジャンク扱いや部品取りであれば問題ありませんが、走る車として販売していた場合にこれらが不良ならば、機能回復まで求められる場合がありますので注意しなければいけません。

 

このようにどちらかというと買主よりも売主のほうが、車の個人売買については不利な点が多いですね。

名義変更には注意!

売主は買主の名義変更に特別な条件を盛り込むほうが良いでしょう。

 

例えば2週間以内に変更し、その報告を書面で行うこと等です。

 

実際に、私は過去においてバイクを個人間売買したときに名義変更がされていなかったので納税請求が私の元へ来ました。

 

知り合いだったので、そのまま納税請求書を渡して事なきを得ましたが、基本的に買主は名義変更などどうでも良いのかもしれません。

 

ただし、車を売るときに所有者が変更されていないと面倒が多いですから買主としても可及的速やかに名義変更することにはメリットがあります。

 

後々、問題に発展し易いので売主は確実に契約に盛り込んで起きましょう。

よく起こるトラブルを確認

最後に車の個人間売買で問題ないなりやすい部分を確認していきます。

 

基本的には売主はトラブルを起こされないように注意し、買主はトラブルを持ち込ませないために注意という点が多いです。

 

  1. 車の引渡し方法
  2. 代金の受け取り方法
  3. 名義変更
  4. 隠れた・隠された瑕疵
  5. 契約内容

 

唯一、売主が注意しなければいけないのは名義変更が適切に行われるかどうかという点でしょうか。

 

他にも問題というものは細かく発生しますが、大きくはこの5項目を守ることで個人間売買を争い無く終えることができるでしょう。

 

個人間売買で面倒なのが、売ったときには訴えられたときの時間的な労力と弁護士費用です。

 

また買ったときには、訴えて賠償される範囲や額が思ったより広くなく高くないところに注意が必要です。

 

先ほどの国民生活センターの例では78万円の請求に対して3万円だけ認められました。

 

訴えた買主の気分はいくらか晴れたかもしれませんが、全く意味がなかったのではないかと思っています。

 

せっかく車を高く売ったり、安く買うことができてもその後に面倒があればよい取引とはいえません。

 

こういったハイリスクでも少しでも高く売りたい・安く買いたいと考えるなら良いですが、嫌な方は業者を使うべきでしょう。

 

以上、「車個人売買のトラブル:名義変更は必ず注意する理由」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス