発炎筒の期限切れで罰則はある?:サムネイル

皆さん、発炎筒はご存知でしょうか?

まず、発炎筒とは助手席の左下に搭載している赤い筒で、事故や故障などをしたときに後方などに危険を知らせるために利用します。

また、三角表示板は組み立てると三角の看板が出来上がるキットで、目的としては発炎筒と同じですが、こちらは設置して利用します。

このように、発炎筒と三角表示板については、後方へ危険を知らせるものとして役立ち、保安基準などによって車内に搭載する必要があります。

車に搭載してすぐ使える状態でなければいけませんが、特に発炎筒については多くの車ユーザーにとって、車検時に必要なものという認識が強いのではないでしょうか。

こちらでは、車検に関連した発炎筒のこと、そして三角表示板のことについてお話していきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車検時の発炎筒有効期限

発炎筒には、使用期限や有効期限が定められているわけですが、この期限を迎えていても車検自体は通ります。

よく、車検時に発炎筒が原因で通らないというのは、そもそも搭載していなかったり、規定として定められた発炎筒を搭載していないことが原因でしょう。

よく懐中電灯でも良いのか?ということも聞きますが、それではダメです!しっかりと規定に従った発炎筒を用意することが求められます。(基準については後に説明)

つまり、車検のときにおいても車載してあれば問題なく使用期限については過ぎていても車検は通過します。

発炎筒の使用期限・有効期限

発炎筒は使用期限または、有効期限がついています。

有事のときに、使えないとなると困りますのでそのための使用期限でしょう。

とはいえ、水をかぶったなどならまだしも簡単に使えなくなることはありません。

車検時に必要な発炎筒と三角表示板

先に結論を申し上げておくと、発炎筒は車検のときにチェックされますが三角表示板は推奨しているだけです。

そのため、三角表示板に関しては搭載していなくても法的に問題はありませんが、高速道路で自動車を駐停車するときには必要となります。

もし、その時に設置していなかった場合には故障車両表示義務違反で違反点数が1点、反則金が6000円課される可能性があります。

違反になりたくないというよりも安全のために搭載しておきましょう。

なお、カーショップなどで1000円程度から購入することができます。

LEDタイプの発炎筒も登場!

なお、最近出てきたLEDタイプの発炎筒は、車検に対応した発炎筒を探すように気をつけてください。

日本で作られたありふれたメーカーが出すLED発炎筒には、しっかりと車検に対応しているかどうか書いてあるはずですので、それを確認したら確実でしょう。

車検時にLED発炎筒を利用するときは電池切れも気をつけてくださいね。

まあ、コンビニなどで買ってきて、再度通せば特に問題はないのですが・・・^^;

発炎筒と発煙筒はどちらが正しい?

意外に車に詳しい人でも知らないことですが、車載道具としては「発炎筒」を搭載しています。

古い発炎筒は煙が多く出るものが多く、そのために発煙筒と思われがちです。

確かに煙を出すことで後方に危険を知らせる効果もありますが、炎の光によって後方に危険を知らせるのが本来の使い方です。

煙が出て困る場面

最近は煙が少ないタイプも多いですから、トンネル内であっても使うことで安全が確保できるなら使っても良いと思います。

古いものだと煙が滞留して逆に危険になるので、通期が悪い空間での利用は気を付けてください。

なお、最近はLEDタイプのものも発売されていることを説明しましたが、電池さえ気をつければ使用期限が長めとなりますし、使いきりではないので簡単に試すことができますね。

ちなみに「LED発煙筒」なんて言葉もありますが、さすがにこれはなかなか起こらないことで、もしLED発炎筒が煙を出したら、危険な故障なのでその発炎筒を捨てたほうがよいかもしれません(笑)。

発炎筒の呼び方について

発炎筒を保安基準にあわせていうと、呼び名が多くあります。

 

  • 発炎筒
  • 非常信号用具
  • 発煙筒(間違った使われ方)
  • 非常信号灯
  • 自動車用緊急保安炎筒
  • セーフティーフレア(safety flare)

 

このように呼び名は多いですが、基本的に発炎筒を指す言葉となっています。

商品名としては、堅苦しい言い方をする場合や、○○フレアなどの場合もありますが、それぞれ発炎筒を指します。

自動車の車検時に気になる発炎筒ですが、正式には自動車用緊急保安炎筒といい、道路運送車両法第3章の規定に基づいて定められる、道路運送車両の保安基準・第2章・自動車の保安基準・ 第43条の2によって道路運送車両の保安基準が定められています。

ここでは、平たく言うと非常時に非常信号を出せる非常信号用具を搭載することを定めています。

更に、道路運送車両の保安基準の細則を定める告示・第64条によって非常信号用品、つまり発炎筒の内容等について具体的に定められています。

これは日本保安炎筒工業会のホームページを見ることで詳細に確認することが出来ます。

⇒日本保安炎筒工業会ホームページ:緊急保安炎筒(非常信号)とは?

発炎筒の使い方

発炎筒の使用方法については、次の三行程で利用することができ、平たく言うと発炎筒を発火させて後方に危険を知らせることで利用することになります。

 

  1. キャップを外す
  2. マッチのようにこすって着荷する
  3. 車の後方に配置して後方に危険を知らせる

 

発炎筒を利用するときには、炎が出ることで気をつけなければいけません。

これは交通事故などの有事の際に利用する機会が多い発炎筒にとって重要なことで、ガソリンやオイルなどに引火する可能性がありますので、試しに使う場合でも実際に使用する場合でも気をつけて利用してください。

後方に危険を知らせるものですが、高速道路の場合には車外に出るのは危ないので十分に注意して設置しましょう。

なお、発炎筒は再利用できません。

一度きりの使用となりますので、試しに使ってみる場合には新しいものを買ってきたときに行うと良いでしょう。

高速道路三角表示板を設置する注意点

三角表示板についても同様です。

高速道路での危険を知らせる行為は、危険を伴いますので細心の注意を払って行ってください。

近年においても、高速道路へ飛び出してひかれて死亡してしまったケースが少なくありません。

三角表示板はトランクルームに入れている人が多いですが、できる限り車内からアクセスできる位置においておくのが適切でしょう。

発炎筒は最近登場しているLEDタイプでなければ消耗してしまうためになかなか難しいですが、三角表示板などはいざというときに使えるように、一度組み立てなどをしてみてはいかがでしょうか?