事故を起こしている車は車を売るときには値段が下がりますし、買うときにはなにか不具合が起こるのではないかと心配です。

 

このように、中古車で事故歴があると価値が下がってしまいます。

 

車を買うときには、事故状態の車を意図してわざと安く買うならまだしも、そうでないならば事故を経験している車は出来れば避けたいものです。

 

今回はこの事故を起こしている車を見分ける方法をお伝えしていきたいと思います。

 

まずは事故車と修復暦の違いを確認してください。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

修復暦と事故車の違い

事故車と修復暦のある車とは厳密に区別したほうが良いでしょう。

 

ちょっとバンパーをつぶしてしまったとしたらこれは事故車ですが修復暦のある車ではありません。

 

対して、車後部を追突されて大きくつぶしてしまった場合に、完璧に修理してもこれは修復暦のある車となってしまいます。

 

事故車と修復暦の違いは、車の骨組み構造(モノコック構造:全体で支えるフレームのような骨格部分)に損傷があるかどうかが重要であって、修理暦と修復暦も似ているようで厳密には分けて欲しい言葉です。

 

モノコック構造は完璧に修復することができませんので、これが恒久的な価値低下となってしまうのです。

 

そのため、ユーザー側においても事故車と修復暦のある車の認識を区別したほうが紛らわしくないので良いかと思います。

横転した場合などのガラス交換チェック

自動車のガラスには、実は多くの情報を取得できることをご存知でしょうか?

 

分かり易いところでは後方ガラスの角にどこのメーカーがいつ作ったのか書いてあります。

 

この情報を見ると事故があったのか判断する材料になるでしょう。

 

他のガラスと比べて製造年月日やメーカーが異なる場合において、全く事故が無いという主張をしている業者がいたら要注意です。

 

またドアなどを購入して交換するなどのあとがあるならば、大きな事故を経験している可能性があります。

 

似たように実はタイヤにも同様の刻印がありますので、よかったら確認してみてください。

分かる人はロッカーパネルをチェック!

ロッカーパネルとは、前後タイヤの間に強い骨組み部分です。

 

ロッカーパネルを固定して、モノコック構造を修正するのですが、ここに固定した形跡があれば多くの場合修復暦のある車ということです。

 

車査定業者はまずここを見て修復暦のある車かどうかをチェックすると思います。

 

それぐらい、ロッカーパネルによる確認は、修復暦を確認するときには良い部分ですから、気になる方は修理跡を確認してみましょう。

車を売るときは事故などを嘘偽り無く伝える

車を売るときには修復暦がある車よりも無い車のほうが高く売れるでしょう。

 

そのため、修復暦がある車を無いと偽った場合には、詐欺罪に問われる場合があります。

 

さらに、車買取業者から瑕疵担保責任を主張されるケースが多いです。

 

瑕疵担保責任を簡単に説明すると、売主(あなた)は買主に対して売却した車体に対して大きな責任を負うです。

 

売った車両についてなにかしら不具合があった場合に、売主は買主に損害を賠償しなければいけないというものです。

 

消費者は基本的に強い立場であることが多いですが、車買取においては実は弱い立場にあります。

 

偽りの情報によってせっかく車を高く売っても、いつ損害賠償されるかわかりませんから嘘偽り無く修復暦についてはお話しましょう。

 

多くの場合には、その場で判明しますが技術力のある査定士でも0.2%~2%は見逃してしまうそうです。

 

もちろん、見逃したことを売主が主張しても効力に影響しません。

 

瑕疵担保責任というのはこのようにユーザー不利なものなのです。

 

⇒瑕疵担保責任についてもう少し確認

中古車を買うときはある程度妥協が肝心

以上、修復暦の調べ方でした。

 

ただ、調べることも十分に可能なことをお伝えしましたが、素人が確実に調べるのは実際問題として難しいでしょう。

 

そのため、中古車を買うとしたときに完全に見破るのは難しいと思います。

 

中古車を買うときにはある程度は妥協すべきでしょう。

 

そういったリスクもあっての中古車価格ですから、自分の取れる範囲のリスクで車選びをすることが精神性正常も良いのではないかと思います。

 

修復暦を発見できたら良いぐらいの姿勢で挑むのが一番です。

 

確実に調べたい方は、お金がかかりますが外部の専門家に依頼するのが確実です。

 

⇒一般財団法人 日本自動車査定協会

 

地区を選んで査定を申し込めばOKです。

 

以上、「中古車修復暦の確認方法」でした。

 

なにかの役に立てたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。