都市部に住むドライバーにとって雪道はなじみが無いものでしょう。

 

雪が降って積もったときはできれば運転したくないもの。

でも、どうしても車を出さなければいけない用事ならチェーンをつけることになります。

 

こちらではタイヤチェーンの付け方、外し方と注意事項を見ていきたいと思います。

慣れないと装着が難しいタイヤチェーン

実は慣れていても結構難しいタイヤチェーンの取り付けですが、その原因はチェーンをつける経験の差ではないでしょうか。

 

普段から付けなれている積雪がある地域に住んでいる方にとっては日常的なものでも、都市部に住んでいる方にとってはかなりの重労働になります。

 

特にチェーン装着が難しいと感じる理由は、大きく重い車パーツに慣れていない方や装着がうまく出来ないときには命の危険があること、そして車を傷めてしまうということだと思います。

 

実はチェーンによって付け方がかなり変わってきます。

 

タイヤチェーンといっても金属製のものからプラスチック製のものまで現在では様々な種類があるのです。

 

こちらでは最も一般的される金属製のものについて説明していきます。

タイヤチェーン装着で一番初めにすること

まずご自身の車の駆動方式を確認してください。

 

基本的には駆動するタイヤにチェーンを取り付けます。

 

つまりは動くタイヤにチェーンをつけることによって、「走る・止まる・曲がる」という機能を積雪状態でも発揮させるわけですが、駆動方式次第では前後全てにつける場合もあります。

 

駆動方式とは動力伝達部分のこと

駆動方式とは、車の動力を伝える車輪がどこなのかというものです。正確にはエンジンの位置と駆動するタイヤの種類を言いますが、今回は割愛します。

表記など 駆動するタイヤ
FR 後輪(状況により全て)
FF 前輪
4WD 全て(前輪だけでも可)
MR 後輪(状況により全て)

4WDはどこにチェーンをつけるかという疑問があると思いますが、お勧めは前輪です。

 

チェーンを付けなければいけない状況は安全走行が第一ですから止まるにもハンドルを切るにも有利な前輪がオススメとなります。

 

なお、FRやMRに関しては後輪が駆動輪になるわけですが、積雪が激しいときには前にも装着したほうが良い場合もあります。

 

ただし、一番良いのはそのような厳しい積雪のときにはFRやMRは運転しないというのが一番でしょう。

 

それほど雪道では、これらの駆動方式は不利なのです。

 

チェーン装着時のちょっとしたコツ

ここで前輪に取り付ける場合にはハンドルを切ることで、タイヤ裏側が見やすくなりますので装着が簡単になります。

 

右に切ったときは右タイヤを、左に切ったときには左タイヤを行いましょう。

 

このように、タイヤを動かしながら装着するのは積雪がある地方に住む方にとっては常識かもしれませんが、都市部で普段チェーンをつけない方にとって画期的な方法になるのではないでしょうか。

 

いずれにしてもチェーンをつけるスペースが狭いと感じたときには、このような方法があることを覚えておいてください。

チェーンをタイヤの横に広げて向きを確認する

チェーンには表と裏があります。

広げてもらうとわかりますが、左右には金具があり、折り返しがあるほうがタイヤ外側に使われます。

 

この後にタイヤにチェーンを上からかぶせますので、折り返しがある外側を上向きにしておけば良いでしょう。

 

向きを間違えると、タイヤやその周辺・チェーンを故障させてしまう可能性があり、大変危険なのでここは注意が必要な部分になります。

タイヤの上からチェーンをかぶせる

寒いときにはここからが一番大変でしょうけど頑張りましょう。

 

何度も注意させていただきますが、チェーン横の金具が外側を向いていることを確認してください。

 

タイヤやタイヤ周辺の故障のみならず、チェーンやタイヤを壊してしまうと車を放棄しなければいけない状況や事故に発展しかねません。

 

何度も確認して絶対に間違えないようにしましょう。

タイヤチェーンの内側・外側の金具を止める

タイヤの内側なので、作業するのが大変ですがここを越えれば半分終わりなので頑張りましょう。

 

チェーンの種類によって、フックでとめるものなどの個性がありますので、説明書を確認してください。

 

どうしてもうまくいかないときはかぶせた後、30cmほど車を前進・もしくは後退させることでうまくいく場合があります。

チェーンにたるみが出ないようにゴムやスプリングをかけます

このままではチェーンがたるんでしまいますので、しっかりとタイヤに装着させるため、ゴムやスプリングをかけます。

 

ここでもタイヤを痛めないように注意が必要です。

金具部分などがある場合には、先ほど同様に外側に向けて利用してください。

 

緩み・たるみが無いか確認してから走行してみてまたチェックしましょう。

ここで問題があれば、再び調整を行ってください。

 

鎖が余ってしまったときは、タイヤ外側のパーツなどが痛まないように針金などで留めておきましょう。

 

以上でタイヤチェーンの取り付けは終了です。

タイヤチェーンの外し方

 

  1. 付けた順番から逆に行えば大丈夫です。
  2. タイヤ横のゴムスプリングを外す
  3. 内側・外側の金具を外す
  4. タイヤがチェーンを踏んでいる場合はチェーンやタイヤを壊さないか注意して少し車を走らせる
  5. チェーンを回収する

タイヤチェーンは水を多く含んでいますので、専用のケースがあればそちらに入れるようにしましょう。

たいていは買った場合についているプラスチックケースで問題ありません。

チェーンは消耗品であることを理解する

タイヤチェーンは消耗品です。

 

プラスチック製のものは金属製のものよりも耐久性が低いため、比較的すぐに切れてしまいます。

 

そのため、雪道でない場所を多く走った場合には消耗していないか確認しましょう。

 

消耗したチェーンは無いよりはマシかもしれませんし、実際に全く機能しないということはないでしょう。

 

ただし、走行中に切れてしまった場合には、運転自体も危険になりますし車にダメージを与えてしまう恐れもあります。

 

出来れば、チェーンをよく使うシーズンでは1回交換、そうでなくても3シーズンに1回は交換を検討したいものです。

タイヤチェーンを暖めておくと装着が楽

雪道で冷えたチェーンを巻くのは大変苦痛です。

 

そのため、あらかじめチェーンを使う可能性があると分かっているときは助手席の足元にチェーンを置いて暖めておくと、チェーンを巻くときに楽になります。

 

私はトラックでこれを痛感しました。

 

ただでさえ、手がかじかんでしまうような寒い状況下でのチェーン装着を行うわけですから、チェーンを少しでも暖めておくと作業がとてもはかどります。

 

とはいえ、いつも準備しておくというのは現実的ではないかもしれませんので、スノーボードなどに行くなんていうときには準備しておけばよいのではないでしょうか。

 

もちろん、タイヤチェーンをつんでいるかどうか、または消耗していないかを確認することも忘れずに行ってくださいね。

タイヤチェーンの絶対にやってはいけないミス

タイヤチェーンには表と裏がありますので、絶対に間違えないようにしてください。

 

タイヤ破損・周りのパーツ破損やチェーン自体の破損にもつながります。

 

また走行中に破損した場合には事故にもつながりかねませんので、何度も何度も注意して確認しましょう。

 

見分け方はチェーンによって異なるのですが、タイヤに覆いかぶさるように出来ているので、かぶせたときに違和感を感じるもの、または余った部分をとめる留め金が変な位置にある場合はチェーンの前後が逆なのではないかと疑ってください。

タイヤチェーン装着時の運転方法

タイヤチェーンを装着するようなときは、ある意味で日常と異なると再認識してください。

 

普段から雪道運転を慣れている人ほど慎重に運転します。

そのため、周りに合わせて頑張ろうとせずに雪道に慣れる、慣れてもまだいつもより安全に運転しないといけないという心構えを持ってください。

 

基本的にオーバースピードのブレーキは間に合わないことが多く、車を走らせるときから調整が必要という認識を持ちましょう。

 

  1. エンジンブレーキを多用して走らせる
  2. フットブレーキは小さく踏んで速度を全区間で落としていく
  3. コーナリング中はブレーキの制御が難しい(強く踏むとスピンする)

アクセルワークも徐々に調整を行うような運転になるでしょう。

 

雪国では当然に皆さん安全運転をすると思いますが、都市部では周りが理解していないためにオーバースピードで走ることが多いです。

 

環境に合わせることも大事ですが、雪道ではマイペースが良いでしょう。

雪道を普段慣れていない人は絶対に無理はしない!

最後にチェーンの装着ではないのですが、特に雪道に慣れていない方はスピードを出しすぎないでください。

 

都市部ではゆっくり走っているとあおられるようなシーンは少なくありませんが、積雪状態にあっては緊急事態ですから現地の人ほどゆっくり走ります。

 

ですので、一部例外的な人がいるかもしれませんが、雪道でゆっくり走ることはそれほど問題ではありません。

 

むしろ、雪道で事故が起こってしまうほうが問題でしょう。

 

このように、タイヤにチェーンを巻いて走ったことが無い人は絶対に無理してはいけません。

 

車の制御がいつもと異なりますので、特にスピードは出さないように気をつけてください。

 

チェーンの装着は簡単とは言いませんが、慣れると5分程度で終わることですから向きだけ間違えないように注意して装着を行いましょう。

 

なれない雪道ですが安全に運転できるように勤めてくださいね。

 

以上、「車タイヤチェーンの付け方・手順を解説します」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス