軽自動車は機械部品の集まりで、いつかは消耗して壊れる運命にあります。

 

世間一般の認識では、車の寿命といえば製造から10年や走行距離10万kmといわれていますね。

 

10年落ちの車や走行距離が10万kmを越えた車は売りに出しても値段がつかない車として、多くの方がイメージをしていると思います。

 

ただ、現代の車は昔に比べて長持ちになり、10年落ちや走行距離10万kmほどでは、適切なメンテナンスが行われていることを条件に、しっかりと動きます。

 

つまり、10年落ちや走行距離10万kmを超えたら壊れるだろうというのは、一昔前の基準なのです。

 

むろん、このような車については、価値の面についてかなり厳しいといわざるを得ませんが、車の品質での話は別です。

 

では、現代の軽自動車寿命はどの程度なのでしょうか?

 

こちらでは、軽自動車の寿命を様々な角度から見ていきたいと思います。

 

低金利ローンの予約が始まりました!

事前に仮審査をしておくことで、何ヶ月も審査が通るかどうか待つ必要がなくなります。

 

仮審査の有効期限は1年間ですから申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

もしあなたがローンの審査で待たされるのが嫌なら、事前に車ローンを予約しておきましょう!

 

車ローン予約について詳しく見る

↓ ↓ ↓

軽自動車の寿命:10年落ち・走行距離10万kmで無価値?

冒頭にも書きましたが、機械部品である以上はいつでも壊れるリスクを負っています。

 

新車と10万km走った車なら確かに後者のほうが壊れやすいでしょうが、すぐに壊れるというわけではありません。

 

逆に新車が明日壊れるリスクというのも少なからず存在しています。

 

走行距離10万kmで寿命と考えるのはあまり良い判断とはいえないのはすでにお話したとおりです。

軽自動車の進化

ただし、軽自動車については近年の技術革新を考えると、年式による陳腐化が大きく、具体的には燃費面や車内空間の広さについて差が大きいです。

 

また、普通車に比べると使っている部品がどうしても軽自動車規格内での制限もあって、どうしても車利用による消耗は避けられないでしょう。

 

このことは機械部分以外にも、軽自動車のフレームなど構造的な部分に大きく影響を及ぼし、具体的には車内での車がきしむ音がうるさくなった気がするというような影響があります。

軽自動車の主なトラブル

普通車と比べてどうしても制約が多い軽自動車ですから、普通車と比べるとトラブルも発生しやすくなっています。

 

軽自動車の主なトラブルとしては主に次の4つがあります。

 

  • エンジン
  • ボディ骨格
  • 足回り
  • ターボ

 

CVTが実装されてからは燃費がマシになりましたが、それまでは燃費が悪いということ、つまりはエンジンを回転させるわけで、その分だけエンジン周りが消耗しやすく、特に古い軽自動車ではエンジンの消耗が原因のトラブルが多かったです。

 

また、エンジン出力が限られる中での重量は当然軽くしなければいけないこともあり、そのことが剛性へ影響を及ばしています。

 

特に屋根が高いタイプについては、普通車と比べると骨格部分が消耗してしまう、体感でいえば内装がギシギシうるさいという状況になります。

 

ここまでは、軽自動車の新旧で大分変わってきていて、改善されているのですが、普段から大人数を載せるときには、限られた出力で動かすので、足回りなどに負担がかかります。

 

セカンドカーとして軽自動車を利用していた場合はまだしも、メインの車で利用している場合には、なかなか消耗も大きくなっていて、こちらも音で分かる場合もありますし、体感的に足回りが硬くなったということで分かる場合もあります。

ターボの軽自動車はやはり消耗が早い

最後にこれは車によりますが、ターボ搭載の軽自動車はどうしても消耗は早くなります。

 

これは、最初にあげたエンジンと同じですが、660ccのエンジンから普通車の1Lクラスの出力が出るために、当然エンジンの負担は大きいということです。

 

これを防ぐには乗り方を工夫して、急激に回転数を上げたりしないことや、こちらは特に大切ですがメンテナンスを怠らないことです。

 

おそらくメンテナンスについては、購入した車屋から言われるものと思いますが、エンジンを壊すとたいてい廃車になりますので、特に注意が必要なメンテナンス項目であることを意識してください。

軽自動車10年落ちの考え方

なぜ10年が寿命なのかというと、1年で1万km走ると仮定する場合が多いからです。

 

そのため、10万km=10年ということですが、年数で古くなるのは見た目と技術でしょう。

 

さすがに10年前の車とその時の最新技術が搭載されている車では、燃費も全く違いますし室内の広さも異なるでしょう。

 

いずれにしても年数での区切りはあまり意味がなく、大きくは製造規格が異なるような場合や、搭載技術が異なるかどうかです。

 

強いて言えば後に説明する税制による軽自動車登録から13年と18年は年数的な寿命なのかもしれません。

メンテナンスの頻度と質が大切

よく言われるのがノーメンテ1万kmの車よりもメンテしている10万kmの車のほうが良いということ。

重要なのはメンテナンスの頻度と質のようです。

 

そのため、確かに10年経っていたり10万km走っている軽自動車は古く使いつぶされていますが、メンテナンスをしっかりしていればある程度問題は無いでしょう。

 

なお、軽自動車のターボ車については、小さいエンジンに対して1リッターほどの出力性能を無理やり出すような状況です。

 

当然、ターボ車でない車よりもターボ車のほうが消耗は激しく、その分だけメンテナンス頻度も増やす必要があります。

 

多くは、エンジンに負担がかかるので、オイル交換のメンテナンスは欠かせないものになるでしょう。

 

同様に、軽自動車であっても4人の人を乗せるような状況が続く利用をしているならば、普通車と比べてエンジンの負担が大きいために、ターボエンジンの軽自動車同様にエンジンオイル交換のメンテナンスはしっかり行うことが重要です。

 

あわせて、過酷に軽自動車を使用しているならば、ブレーキパットやタイヤも寿命を迎えるのが早くなりますので、注意してください。

現代の軽自動車はメンテすれば20万km以上走る

なかなかずっと乗り続けるのは大変でしょうけど、現代の軽自動車は非常に耐久性が高いですからメンテをすれば20万km以上走ると思います。

 

ただし、10万kmのときに特に重要なパーツは交換してください。

 

次に説明するのは走行距離10万kmを超えたら交換したいパーツです。

 

これは、車を乗りつぶすと決めた方や中古で古い軽自動車を購入した場合には確認したい項目です。

 

またメンテナンス費用と買い替えを検討する上でも重要ですので参考にしてください。

10万kmで交換したい重要なパーツ

走行距離10万kmを超えると車にガタが来る、とまではいいませんが消耗品の交換は必要です。

 

特に気にしなければいけないパーツは次の6つです。

 

  • タイミングベルト(重要)
  • 燃料フィルター
  • ウォーターポンプ
  • バッテリー
  • プラグ
  • ミッション関連(クラッチ・ATF)

 

タイミングベルトはとても重要で、他は問題が出ていないなら良しとしても、タイミングベルトは問題が出た場合に即エンジンを壊します。

 

当然ですがこれを交換するということは軽自動車の寿命を考えるうえで大切なので良く覚えておいてください。

他にも故障すると破滅的な被害が及びそうなものとなっています。

 

プラグは重要ではないかもしれませんが、古いときに交換すると非常にパフォーマンスがあがります。

 

あわせてバッテリーも交換することで、電気関連のメンテナンスパフォーマンスを確認することができるのではないでしょうか。

 

なお、現在では登場からそれほど経っていないこともあってまだ問題がない場合が多いですが、CVTもベルトを利用しているために、後々に交換が必要になるでしょう。

 

また、オルタネーターなどの電気系はいきなり壊れることがあるので、注意が必要です。

壊れると高くつく軽自動車パーツ一例

軽自動車を買う理由が車購入予算が少ないことや、そもそも車についてそこまで気にしないような場合でしょうから、急に故障してお金がかかるなんて最悪ですよね?

 

そんな最悪の状況に追いこまれる部品についてのお話です。

 

軽自動車は限られた予算で製造することが求められるので、どうしてもサスペンションやショックアブソーバー周りが弱くなっているケースがあります。

 

これらのパーツは消耗交換を予定していないこともあって、機械部品一式を交換することになった場合には、10万円を越すような、とても高い修理費用が必要になります。

 

また、機械部品一式で共通しているのが、電気関連の部品であり、オルタネーターやセルモーター・ダイナモが寿命を迎えたときなども安くない金額の修理費用を覚悟してください。

 

軽自動車で安い中古価格の車体を買うと後々になって困るのは、このような機械部品が壊れた場合で、だからこそ車体価格が安いなんてことも良くある話です。

 

安かろう悪かろうではありませんが、市場の価格バランスは割りと正直なことが多いのも事実ですね。

軽自動車の税金増額での寿命

あまり話題にならないことかもしれませんが、税制上の寿命もあると思います。

 

これは軽自動車の登録から13年経過した車は税金が割高になるというものによる基準です。

 

別に車的には問題なくても国としては買換えを推奨しているのでしょう。

それが国策の産業刺激だとしてもひとつのシグナルになるのではないでしょうか?

登録から18年経過した軽自動車の税金

ちなみにさらに18年経過の軽自動車についてはさらに重い税金が課されます。

 

新車登録から13年目と18年目は税制上の寿命と考えても良いでしょう。

 

もちろん、機械的な寿命ではありませんから走れるなら全く問題なく使うのも良いでしょう。

私は軽自動車ではないですが、平成元年登録のスカイラインに乗っていました。

 

古い日産車は内装はぎしぎしうるさいですが、全然乗れましたね!(古いホンダ車も内装がうるさい)

寿命の限界だと思えたら買い替えを検討

メンテナンスをすればある程度乗ることができるという話をしましたが、実際のところにおいてメンテナンスコストが増えてきたら寿命と考えて良いでしょう。

 

私の体感では15万kmを超えたあたりからメンテナンスコストが増えてくるように思えます。

 

あとは、直すのに非常に大変なエンジンのオイル漏れや動力伝達(ミッション)の故障が酷いようならもう寿命と考えて良いでしょう。

 

その他、車体がガタガタで音がするというレベルを超えてうるさいほどになったら限界なのではないでしょうか。

 

これはもちろんメーカーによると思います。

(トヨタは古い車でも内装は静か。反対に日産・ホンダは本当にうるさい。トヨタ車がうるさくなったら危険かもしれない。)

車の買い替えは情報量が大切

良い車を買えるかどうかは情報の量によって変わってくることをご存知ですか?

 

分かりやすい例を挙げると、「限られたお金で最高の車を買ったと思ったのに、実はもっと安くて質の良い車があったことに気がついた!」という状況です。

 

こうなるとせっかくした買い物が台無しですし、実は買い物の満足度は自分が納得できるかによってかなり変わってきます。

 

さて、多くの情報を見たほうが良い車を買えるということですが、あなたが見ることが出来る情報は全体の3割であることを知っていましたか?

 

新車やカーセンサー、グーなど、またネットの情報を入れても3割強といったところで、その裏には7割ほどの非公開流通車があるわけです。

 

もちろん、こういったことは一般の人が見れるものではありませんが、実は一部だけならば限定で非公開車両を見ることが可能です。

 

あなたが買ったものの良し悪しを考えない人ならまだしも、そうでないならば非公開車両を含めた情報で損をする買い物をしないようにしてください。

 

⇒非公開車両も含めて車選びしたい方はこちら【無料】

軽自動車の寿命はメンテナンスで変わる

以上、軽自動車の寿命を考える上ではメンテナンスが重要だということをお話してきました。

 

そして軽自動車の実質的な寿命は致命的な故障かメンテナンスコストが増大したときということでした。

 

現代の軽自動車は簡単に壊れませんし、仮に壊れてもJAFや保険のロードサービスが充実しているのでそこまで致命的なことにはならないでしょう。

 

壊れることで大変なことになるような足回りのメンテはきちんとしておくことは重要です。

 

あとは10万kmに到達したらタイミングベルトは絶対に交換しておきましょう!

 

もしさすがに古くて乗り換えや廃車を考えているならば少しでも車を高く売ることで次につなげられるようにしましょう

 

以上、「軽自動車の寿命と耐久性・走行距離何万キロまで?」でした。

お役立ていただけたら幸いです。

関連記事

車査定のトリセツ

車を高く売りたいときに限って低い査定額に驚きますよね?

実は、出される査定額をそのまま信じてはいけません!

 

⇒車査定額を信じてはいけない理由はこちら

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。