軽自動車の寿命は何年?:サムネイル

軽自動車の寿命は何年で到来して、耐久性は走行距離何万キロぐらいまでなのでしょうか?

先に結論:軽自動車の寿命は何年?
  • 車を走らせる寿命なら20年超は可能
  • メンテナンス費用などを考えると節目は10年
  • 走行距離も10万キロが目安

軽自動車の「10年・10万キロ付近で整備しなければいけない箇所パーツ一覧」を表にしました。

交換時期・耐久性メンテナンス費用
タイミングベルト7万キロ~10万キロ前後3万円から5万円
オルタネーター10万キロ超2万円から
ディスクローター10万キロ前後1万円から
ディスクキャリパー10万キロ前後1万円から
燃料フィルタ10万キロ前後5千円から
ウォーターポンプ10万キロ前後2万円から

見てわかるようにパーツごとに見ることで、軽自動車の寿命を考えるうえで「10万キロ」というのは妥当な判断です。

そして、軽自動車の寿命に関して言えばこれは一例であることです。

つまり、軽自動車の寿命を考えるうえで、ここに挙げたパーツ交換は全てではないといういうこと。

よく起こるのが「タイミングベルト」を交換しに行ったら、必要メンテナンス項目で数十万円を超えてしまった!という状況になって、初めて寿命だったということに気が付きます。

「それならば乗り換えればよかった」と考える場合も少なくありません。

そこで、軽自動車の寿命についてはメンテナンス費用も考えたうえで見る必要があります。

これはメンテナンスをすれば軽自動車は相当長い期間乗れるということを意味しますが、反面お金がかかりますのでそれなら新しい車を買ったほうが良いという、損益分岐点が来た場面が軽自動車の経済的な寿命と見ることが出来るでしょう。

こちらではその点について詳しく見ていきますので、軽自動車の寿命や耐久性について理解を深めてもらえたらと幸いです。

知っていましたか?査定額での有利不利が大きい軽自動車は特に相見積もりが重要!
下取り査定と比べて平均18万円も有利になります。
⇒なぜ相見積もりで査定額が上がるのかを詳しく見る

軽自動車の寿命は何年か?

ここまで見てきたように軽自動車の寿命は10年で区切りを付けるべきです。

このことは消耗品の交換時期到来や定期メンテナンスの頻度が多くなり、保守費用が高くなることが予想されるためです。

車は整備しながら乗る必要があり、このことは義務付けられていることに加えて、機械の性能を発揮するためには必要なことです。

しかしながら、長く乗っているとその分だけ整備にお金がかかるようになってきて、「それなら車を買い替えたほうが良いのでは?」というタイミングが10年で到来するということになります。

そのため、軽自動車の寿命は何年かと言われれば、10年を節目に考えて欲しいというのが回答になります。

「軽自動車10万キロ寿命」の理由

軽自動車の10万キロ寿命説については、軽自動車の耐久性と故障などのリスクを考える必要があります。

冒頭にも書きましたが、機械部品である以上はいつでも壊れるリスクを負っています。

新車と10万キロ走った車なら確かに後者のほうが壊れやすいでしょうが、すぐに壊れるというわけではありません。

逆に新車が明日壊れるリスクというのも少なからず存在しています。

走行距離10万キロで寿命と考えるのはあまり良い判断とはいえないのはすでにお話したとおりです。

前の段落で話した軽自動車の寿命は何年か?ということに加えて走行距離についても言うとしたら、10万キロで車のパーツ交換が始まることで、メンテナンスコストが増えるということがあります。

軽自動車の寿命を気にする方は、出来る限りお金をかけることなく長く乗れる軽自動車が欲しい、という思惑が強いために、この考え方からすれば走行距離10万キロで車の買い替え時期が到来すると考えることが出来ます。

そのため、軽自動車の走行距離での寿命は10万キロを節目に考えると良いといえるでしょう。

軽自動車の進化

ここまで軽自動車の寿命は10万キロを節目にするということで説明してきましたが、新型と旧型の軽自動車でこれを分けて考える必要があります。

というのも、軽自動車については近年の技術革新を考えると、年式による陳腐化が大きく、具体的には燃費面や車内空間の広さについて差が大きく、新旧の軽自動車では物自体が違うというレベルなっています。

そのため、軽自動車は新旧の型で分けるべきであり、おおよその目安としては2010年前後以前か以後かで見ることが一つのラインで、これはコンパクトカーと軽自動車の覇権争いで軽自動車が優勢になったときに時期です。

コンパクトカーよりも軽自動車が選考されるようになって、軽自動車の車体価格を上げられることによって製造にお金をかけられるようになったこと、またCVTなどの技術革新による燃費向上などの時期になります。

ダイハツミラで見る:軽自動車の近年の進化

軽自動車のロングセラーといえば、スズキアルトかダイハツミラなのですが、こちらでは2000年代のダイハツミラの外観を3モデルで比べてみます。

Daihatsu_Mira_601
ミラ(前期型)2002年12月 – 2005年8月:Tennen-Gas [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
2000年初頭のミラはまだまだ我慢の軽自動車という属性の車で、他に乗る車がないから仕方なく乗るまで言わなくても、積極的に選ぶには乏しい車と言えました。

このときの軽自動車寿命は確かに10年ほどで、外装を含むパーツの耐久性も不十分なものでした。

7th_generation_Daihatsu_Mira
ミラ2006年12月 – 2013年2月:TTTNIS [Public domain], via Wikimedia Commons
この状況が変わってきたのは2010年付近であり、軽自動車の選考理由が我慢の車から利用の選択肢に加わった時期でもあります。

これは車の進化が先なのか、市場で選ばれるようになったのが先かは難しいところですが、いずれにしても積極的に選ばれる理由がある車になったのは事実です。

とはいえ、特に2010年よりも前では燃費が悪い軽自動車も多いために、市場での選択可能性から寿命は10年ほどと言えます。

Daihatsu_Mira_e-S_X_SA_III__(DBA-LA350S)_front
ミライース2017年5月9日-:Tokumeigakarinoaoshima [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons
そして現行型ではミラはミライースに事実的に引き継がれ、車の形こそ変わっていないものの、風貌は明らかに異なることが確認できます。

ドラム缶に折り目を付けるのは強度を増すために行われていることですが、軽自動車においても折り目を付けることによって剛性を高めるとともに、室内空間も従来よりも広く確保できている状況です。

またCVT採用によって、小さいエンジンから無理やり出力を取ることでかつて燃費が悪い代名詞だった軽自動車も、リッターあたり30kmを超えるカタログ値を出すに至りました。

このように、技術革新と市場での支持によって、大きく進化した軽自動車は従来の基準で寿命を考えるべきではありません。

しかしながら、どんなに技術革新をしても軽自動車という区分には限界があることも知っておくべきです。

普通車と比べたときの軽自動車の規格による寿命の限界

普通車に比べると使っている部品がどうしても軽自動車規格内での制限もあって、どうしても車利用による消耗は避けられないでしょう。

例えばホイールの剛性を上げるために、大きさを変えるとしてもやはり軽自動車の制限がかかわってきますし、良い素材を利用すれば車体価格が上昇して、軽自動車として売れる車ではなくなります。

お金をかければ何とかなるという課題も、新車販売価格での制約があるために、その解決方法をとることすらできないのです。

これは普通車でも同様なわけですが、先ほど言ったお金をかけないで改良するという点で、大きさの制約も関わってきますので、軽自動車は本質的に制限が多く、このことが耐久性に影響を与えているということなのですね。

このことは機械部分以外にも、軽自動車のフレームなど構造的な部分に大きく影響を及ぼし、具体的には車内での車がきしむ音がうるさくなった気がするというような影響があります。

軽自動車:新旧の型による違い

そして現在では、これらの問題も多少の軽自動車規制緩和に加えて技術革新で、例えば燃費の問題はCVTの実装によってかなり改善されましたし、ボディ剛性問題もダイハツタントのような大きな軽自動車を見ると、相当改善してきたことが分かります。

昔はダイハツミラのような小型車しかなかったのが、現在ではダイハツタントのような大型軽自動車を作れるぐらいにボディ剛性を向上させることが出来ている点を考えてください。

軽自動車に疑似的なハイブリッドシステムや自動ブレーキなどの安全装備が付く時代になりました。

このことは軽自動車の技術的進歩に加えて、市場での支持を得ることが出来たので多少車体価格を高くしても売ることが出来るという点で、軽自動車にもお金をかけて車を作ることが出来るようになったとも言えます。

技術の点、そして経済性の点で、軽自動車は近年進化を遂げたことは、一昔前の軽自動車と比べると分かりやすいことだと思います。

軽自動車の耐久性と走行距離

普通車と比べてどうしても制約が多い軽自動車ですから、普通車と比べるとトラブルも発生しやすくなっています。

軽自動車の寿命を感じる場合には、何かしらの故障などトラブルが発生することになります。

軽自動車の主なトラブル箇所としては主に次の4つがあります。

軽自動車の主なトラブル箇所
  • エンジン
  • ボディ骨格
  • 足回り
  • ターボ

CVTが実装されてからは燃費がマシになりましたが、それまでは燃費が悪いということ、つまりはエンジンを回転させるわけで、その分だけエンジン周りが消耗しやすく、特に古い軽自動車ではエンジンの消耗が原因のトラブルが多かったです。

また、エンジン出力が限られる中での重量は当然軽くしなければいけないこともあり、そのことが剛性へ影響を及ばしています。

特に屋根が高いタイプについては、普通車と比べると骨格部分が消耗してしまう、体感でいえば内装がギシギシうるさいという状況になります。

ここまでは、軽自動車の新旧で大分変わってきていて、改善されているのですが、普段から大人数を載せるときには、限られた出力で動かすので、足回りなどに負担がかかります。

セカンドカーとして軽自動車を利用していた場合はまだしも、メインの車で利用している場合には、なかなか消耗も大きくなっていて、こちらも音で分かる場合もありますし、体感的に足回りが硬くなったということで分かる場合もあります。

10万キロで交換したい重要なパーツ

走行距離10万キロを超えると車にガタが来る、とまではいいませんが消耗品の交換は必要で、交換できるパーツ部分は耐久性の更新ができます。

このことが軽自動車の寿命を10年・10万キロと言われている理由でしたね。

そこで、軽自動車の寿命を考えるときに、特に気にしなければいけないパーツは次の6つです。

10万キロで交換するべきパーツ
  • タイミングベルト(重要)
  • 燃料フィルター
  • ウォーターポンプ
  • バッテリー
  • プラグ
  • ミッション関連(クラッチ・ATF)

    タイミングベルトはとても重要で、他は問題が出ていないなら良しとしても、タイミングベルトは問題が出た場合に即エンジンを壊します。

    当然ですがこれを交換するということは軽自動車の寿命を考えるうえで大切なので良く覚えておいてください。

    他にも故障すると破滅的な被害が及びそうなものとなっています。

    プラグは重要ではないかもしれませんが、古いときに交換すると非常にパフォーマンスがあがります。

    あわせてバッテリーも交換することで、電気関連のメンテナンスパフォーマンスを確認することができるのではないでしょうか。

    なお、現在では登場からそれほど経っていないこともあってまだ問題がない場合が多いですが、CVTもベルトを利用しているために、後々に交換が必要になるでしょう。

    また、オルタネーターなどの電気系はいきなり壊れることがあるので注意が必要です。

    壊れると高くつく軽自動車パーツ一例

    軽自動車を買う理由が車購入予算が少ないことや、そもそも車についてそこまで気にしないような場合でしょうから、急に故障してお金がかかるなんて最悪ですよね?

    そんな最悪の状況に追いこまれる部品についてのお話です。

    軽自動車は限られた予算で製造することが求められるので、どうしてもサスペンションやショックアブソーバー周りが弱くなっているケースがあります。

    これらのパーツは消耗交換を予定していないこともあって、機械部品一式を交換することになった場合には、10万円を越すような、とても高い修理費用が必要になります。

    また、機械部品一式で共通しているのが、電気関連の部品であり、オルタネーターやセルモーター・ダイナモが寿命を迎えたときなども安くない金額の修理費用を覚悟してください。

    軽自動車で安い中古価格の車体を買うと後々になって困るのは、このような機械部品が壊れた場合で、だからこそ車体価格が安いなんてことも良くある話です。

    安かろう悪かろうではありませんが、市場の価格バランスは割りと正直なことが多いのも事実ですね。

    ターボの軽自動車はやはり消耗が早い

    最後にこれは車によりますが、ターボ搭載の軽自動車はどうしても消耗は早くなります。

    またターボ車ではエンジンを強固な造りにして耐久性を高めるべきですが、軽自動車の規格上で制約があるために、耐久性の改善については難しい現状です。

    これは、最初にあげたエンジンと同じですが、660ccのエンジンから普通車の1Lクラスの出力が出るために、当然エンジンの負担は大きいということです。

    これを防ぐには乗り方を工夫して、急激に回転数を上げたりしないことや、こちらは特に大切ですがメンテナンスを怠らないことです。

    おそらくメンテナンスについては、購入した車屋から言われるものと思いますが、エンジンを壊すとたいてい廃車になりますので、特に注意が必要なメンテナンス項目であることを意識してください。

    軽ターボの寿命を長くするための方法

    軽自動車のターボ車はどうしてもエンジンに負担が掛かりますから、それを考慮したうえで乗るということが大切になります。

    一番大切なのはやはりエンジンオイル交換であり、エンジンオイルは鉱物油(品質が低いエンジンオイル)であれば短い期間で交換しなければならず、それが難しい場合は化学合成油(品質が高いエンジンオイル)を使うことはエンジンを大切にするうえで重要になります。

    また、車の乗り方についても常にターボエンジンのスペックを使うことをせずに、ここぞというところだけターボを効かせるのはエンジンを保守するうえでも重要ですが、燃費も節約できますので丁寧なアクセルワークを心がけるようにしましょう。

    ただ、これだけしてもやはりNAエンジン(ターボでないエンジンのこと)の耐久性のほうが優秀なので、どうしてもターボ車を買うという方は、無理せずに1リッタークラスの普通車を安く買ったほうが良い場合が多いですので、逆に必要以上に気にするのはせっかくターボを買ったのにもったいないとも言えます。

    このように軽ターボの寿命を長くするというのは、車購入の目的などと矛盾してしまうので、どこかで折り合いをつけて乗る必要があります。

    軽自動車10年落ちは買い替え時?

    軽自動車で10年落ちは買い替え時なのか?ということを走行距離の側面から考えてみましょう。

    なぜ軽自動車の寿命が10年なのかというと、1年で1万キロ走ると仮定する場合が多いからです。

    そのため、10万キロ=10年ということですが、年数で古くなるのは見た目と技術でしょう。

    さすがに10年前の車とその時の最新技術が搭載されている車では、燃費も全く違いますし室内の広さも異なるでしょう。

    いずれにしても年数での区切りはあまり意味がなく、大きくは製造規格が異なるような場合や、搭載技術が異なるかどうかです。

    強いて言えば後に説明する税制による軽自動車登録から13年と18年は年数的な寿命なのかもしれません。

    メンテナンスの頻度と質が大切

    よく言われるのがノーメンテ1万キロの車よりもメンテしている10万キロの車のほうが良いということ。

    重要なのはメンテナンスの頻度と質のようです。

    そのため、確かに10年経っていたり10万キロ走っている軽自動車は古く使いつぶされていますが、メンテナンスをしっかりしていればある程度問題は無いでしょう。

    なお、軽自動車のターボ車については、小さいエンジンに対して1リッターほどの出力性能を無理やり出すような状況です。

    当然、ターボ車でない車よりもターボ車のほうが消耗は激しく、その分だけメンテナンス頻度も増やす必要があります。

    多くは、エンジンに負担がかかるので、オイル交換のメンテナンスは欠かせないものになるでしょう。

    同様に、軽自動車であっても4人の人を乗せるような状況が続く利用をしているならば、普通車と比べてエンジンの負担が大きいために、ターボエンジンの軽自動車同様にエンジンオイル交換のメンテナンスはしっかり行うことが重要です。

    あわせて、過酷に軽自動車を使用しているならば、ブレーキパットやタイヤも寿命を迎えるのが早くなりますので、注意してください。

    軽自動車で20万キロ超も可能

    なかなかずっと乗り続けるのは大変でしょうけど、現代の軽自動車は非常に耐久性が高いですからメンテをすれば20万キロ以上走ると思います。

    ただし、10万キロのときに特に重要なパーツは交換してください。

    次に説明するのは走行距離10万キロを超えたら交換したいパーツです。

    これは、車を乗りつぶすと決めた方や中古で古い軽自動車を購入した場合には確認したい項目です。

    またメンテナンス費用と買い替えを検討する上でも重要ですので参考にしてください。

    軽自動車の税金増額での寿命

    出典:総務省|地方税制度|平成28年度から軽自動車税の税率が変わります http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/102384.html

    あまり話題にならないことかもしれませんが、軽自動車の寿命には税制上の理由もあります。

    これは軽自動車の登録から13年経過した車は、軽自動車税年額が12900円と2100円割高になります

    そもそも軽自動車の経年や利用によってメンテナンスコストがかかるのに、さらに軽自動車税も高くなるのは勘弁してほしいものですが、国としては車が売れないと困るということになりますので、このような政策をしているものと考えています。

    このような点から、税金上でも軽自動車の寿命は経済的に多少短くなるということを確認できたと思います。

    古い車でも大事に長く乗るというこよりも、車にかかるお金を心配して長く乗るという人が多い中で、古い車に増税するという姿勢はちょっとひどいですよね。

    軽自動車の重量税の割り増し

    さらに軽自動車税だけでなく自動車重量税についても、登録から13年、そしてさらに18年の経年で、重課されることになります。

    自動車重量税の年額
    経年13年未満6600円
    経年13年から8200円
    経年18年から8800円

    ※用途:自家用の軽自動車で1トン以下

    なお、この区分はエコカーにおいては本則税率(年額5000円)が適用されるので変化はありません。

    この表からもわかるように、軽自動車税だけでなく、自動車重量税においても増税がされるということになります。

    さらに上にあげた自動車重量税は1トン以下のものになりますので、最近流行っている大型軽自動車は重量が1トンを超える車もありますので、自動車重量税が普通車並みに高いことに加えて、当然経年による重課も高くなるので注意が必要です。

    寿命の限界だと思えたら買い替えを検討

    メンテナンスをすればある程度乗ることができるという話をしましたが、実際のところにおいてメンテナンスコストが増えてきたら寿命と考えて良いでしょう。

    私の体感では15万キロを超えたあたりからメンテナンスコストが増えてくるように思えます。

    あとは、直すのに非常に大変なエンジンのオイル漏れや動力伝達(ミッション)の故障が酷いようならもう寿命と考えて良いでしょう。

    その他、車体がガタガタで音がするというレベルを超えてうるさいほどになったら、内張を交換することはなかなか行いませんから耐久性の限界と判断できます。

    これはもちろんメーカーによりますが、軽自動車の場合には同じような規格で作られていることもあり、スズキとダイハツではそれほど変わりません。

    (トヨタは古い車でも内装は静か。反対に日産・ホンダは本当にうるさい。トヨタ車がうるさくなったら危険かもしれない。)

    車の買い替えは情報量が大切

    良い車を買えるかどうかは情報の量によって変わってくることをご存知ですか?

    分かりやすい例を挙げると、「限られたお金で最高の車を買ったと思ったのに、実はもっと安くて質の良い車があったことに気がついた!」という状況です。

    こうなるとせっかくした買い物が台無しですし、実は買い物の満足度は自分が納得できるかによってかなり変わってきます。

    さて、多くの情報を見たほうが良い車を買えるということですが、あなたが見ることが出来る情報は全体の3割であることを知っていましたか?

    新車やカーセンサー、グーなど、またネットの情報を入れても3割強といったところで、その裏には7割ほどの非公開流通車があるわけです。

    もちろん、こういったことは一般の人が見れるものではありませんが、実は一部だけならば限定で非公開車両を見ることが可能です。

    あなたが買ったものの良し悪しを考えない人ならまだしも、そうでないならば非公開車両を含めた情報で損をする買い物をしないようにしてください。

    ⇒非公開車両も含めて車選びしたい方はこちら【無料】

    軽自動車の寿命は何年?まとめ

    以上、軽自動車の寿命を考える上ではメンテナンスが重要だということをお話してきました。

    そして軽自動車の実質的な寿命は致命的な故障かメンテナンスコストが増大したときということでした。

    現代の軽自動車は簡単に壊れませんし、仮に壊れてもJAFや保険のロードサービスが充実しているのでそこまで致命的なことにはならないでしょう。

    壊れることで大変なことになるような足回りのメンテはきちんとしておくことは重要です。

    あとは10万キロに到達したらタイミングベルトは絶対に交換しておきましょう!

    もしさすがに古くて乗り換えや廃車を考えているならば少しでも車を高く売ることで次につなげられるようにしましょう

    お役立ていただけたら幸いです。