廃車をしたときは重量税や自賠責保険料が戻ってきます!

 

ただし、これには複数の条件があるのでひとつずつ確認していきたいと思います。

 

なお、車検関連について自動車重量税にあわせて自賠責保険の還付について確認する方はこちらからどうぞ。

 

⇒廃車したときの自賠責保険の還付手続きと注意点

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

廃車の種類は2つあります!還付があるのは永久抹消だけ!

実は廃車には一時抹消と永久抹消の2種類の方法があることをご存知でしょうか?

 

このうち還付を受けられるのは永久抹消だけです。

 

しかも永久抹消を行うと同時に自動車重量税の還付請求を行わないといけません。

 

つまり、後からはできませんので確実に同時に行うようにしてください!

 

一時抹消を行った後に永久抹消を行うこともあります。いずれにおいても解体したという記録が必要になります。

永久抹消手続きに際して自動車を解体した証明が必要

永久抹消手続きには解体をしたという記録が必要で、残存物処理業者から自動車リサイクル促進センター、さらに陸運局にデータの移動が必要となります。

 

リサイクル情報の移動には5日から10日かかります。

 

そのため、永久抹消手続きまでは時間がかかり、長い場合では2週間ほど時間がかかるでしょう。

解体を業者に頼んだ場合の注意点

どこまでを業者に依頼するかによりますが、ここでは廃車自体を業者に任せた場合とします。

 

なお、注意して欲しいのが自動車重量税などの還付についての取り扱いです。

 

業者に依頼したときには、このほかの還付も含めて、契約によって業者側に還付の権利を移譲している場合があります。

 

少しでも内訳や税金関連の還付について分かりにくい点があったときは業者に納得いくまで質問すべきでしょう。

自動車重量税還付までの流れ

 

  1. 車の解体を依頼する
  2. 陸運局に一時抹消手続きを行う
  3. 「移動報告番号」と「解体報告日」を知る
  4. 陸運局に永久抹消手続きを行う
  5. 3ヶ月から4ヵ月後に国税局から自動車重量税の還付金が指定口座に振り込まれる

 

なお、一時抹消手続きを省略して一気に永久抹消手続きを行うことも可能です。

 

一時抹消を利用するときの利点は先に廃車手続きを済ませることで還付期間が迫っているときに有利に処理することができるでしょう。

自動車重量税還付のトラブル

振込みまで時間がかかることから忘れた頃に振り込まれるのが還付金のようですが、いつまでたっても振り込まれないということもあるようです。

 

これは主に国税局のミスといわれています。部署が細分化されていることから、根気良く問い合わせすることになります。

 

ここまできたらしっかりと還付金を受け取れるように頑張りましょう。

 

また廃車手続き関連を業者に丸投げした場合には、還付関連のことに対する契約内容をしっかりとチェックしましょう。

 

委任状などがある場合には、業者が還付金を受け取っている場合もあります。

 

もちろん、買取などによってその代金に含まれているということで同意しているのなら問題ありませんが、そうでないなら必ず確認するようにしてください。

 

還付を受けることを考えていて、業者が勝手に取得していたなど後々にトラブルになることが多いようです。

 

自動車重量税の還付についてはお金がかかわってくるだけに特に気をつけないといけませんね。

 

以上、「廃車で重量税が還付される手順を丁寧に解説します!」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。