都市部に住む方は電車で通勤して、休みの日になにかしないなら車を持っていても使わないことはよくあることでしょう。

 

「最近、車乗ってないな」と思うことは多いと思います。

 

ここで気になるのが車の維持費ですね。年間ベースで考えると結構高いのです。

 

⇒関連ページ:車の年間維持費

 

そこで車を売ってレンタカーを使うことについて考えると思いますが、今回は車を売ってしまう前にレンタカー利用に向いているかどうかをあなたに考えて欲しいと思います。

 

まずはレンタカー利用に向いている人、向いていない人はこちらになります。

車維持費は住んでいる場所で異なる

持っている車を売ってレンタカー利用に向いている人や向いていない人はいます。

 

利用頻度や利用目的によって分けると非常に分かり易いでしょう。

 

当たり前ですが、郊外に住んでいて日常的に車を使うのにレンタカーを使って大丈夫?というのはほとんどの場合ダメでしょう^^;

 

つまり、重要なのは住んでいる場所によってかなり変わってくるということになります。

 

次に具体的に見ていくことにします。

レンタカー利用に向いていない方

週に3回以上車を使う方や介護のためにいつ車を使うか分からない人です。

 

当然ですがいつも使う人はレンタカー利用に向いていません。

毎回車を確保するのも大変ですし費用自体も高くなります。これでは本末転倒ですね。

 

また介護者などがいていつ車を使うのか分からないという方も向いていないでしょう。

いつ使うかわからないのにいきなり必要になり、すぐにレンタカーが手配できるか分からないからです。

レンタカー利用が向いている人

都市部に住んでいてレジャーに利用する人・どうしてもお金の工面をしなければいけない人です。

 

レジャー利用の方は最もレンタカー利用検討すべきです。

車の保有というものはそれだけで年間50万円ぐらいお金がかかるのです。

 

また結婚を考えていてお金をためないといけないという方は非常に効果的な節約になるでしょう。

 

年間50万円節約できる部分は他には無いはずです。

駐車場代と車維持費

駐車場の費用って変なのです。よく考えてください。車をよく使う人は駐車場に車はありません。

 

つまりほとんど利用していない土地に対してお金を払っています。

対して、ずっと使わない場合には駐車場は車によって利用されています。しかしながら、車を使っていないのでこの車の維持費というのは少ない機会に対して掛けていることになりますね。

 

結局駐車場代はどうすれば有意義に使うことができるのか。考えてしまいませんか?

 

たぶん、介護などに利用している方は恩恵が最も受けることができるのではないかと思っていますがどうでしょうか。

 

レンタカーの仕組み

レンタカーを使ったことをない方もいらっしゃると思いますので簡単に説明します。

  • レンタカーは時間単位で借りることができますが、多くは一日単位で借りることになります。
  • ガソリンは車を返却時に満タンにして返すということがレンタル料金以外にかかるものとなります。
  • 車の事故などがあって車体を修理しないといけない場合は、多くの場合5万円の支払いで済む場合が多いです。これは業者や保険によって変わってくるのですが、多くはこの形態をとっているでしょう。運転が不慣れな方にはありがたいものですね。
  • 任意保険には大体加入しているはずです。こちらも業者によって異なるのでしっかりと確認してください。
  • ナンバーは「わ」

車を売ってレンタカーにしたらこんなにも面倒だった!

私の実体験になります。

 

私は都市部と郊外部の中間に住んでいるので、郊外部へ用事があるときは車が必要。

都市部に用事があるときは電車で十分という生活地区になります。

 

趣味でスポーツカーを持っていたのですが、将来に向けてお金を工面することなりました。

 

趣味で持っていただけあって愛着もありました。

しかし、他に費用を大幅に節約できるものがなかったので思い切って処分することにしました。

 

最初はなくなったことで郊外部へいくときは非常に面倒でした。

というのもやはり車を持っていることで郊外部へ乗っていくことが楽しみの一つだったからです。

 

そのため、なにかとレンタカーを使うことが多かったのと、ちょっとした用事だったら友人に車を手配してもらうことも多かったです。

 

そのうちに、郊外部への用事が面倒になりそちら側の用事はほとんど取らなくなりました。

 

レンタカーを借りるという面倒があって分かったのですが、実は車保有というのは私にとってあまり必要ではなかったのかもしれません。

 

そのことに気がついてから大きな用事があるときはレンタカー、無いときは都市部で用事を済ますというスタイルに変わりました。

 

どちらが良かったかわかりませんが、お金はある程度工面することができましたので面倒はありましたが今では良かったと思っています。

 

あなたもお金の工面や家計の整理を目的とするなら一番良い方法なので検討してみてはいかがでしょうか?

車の維持費以外に年間50万円以上整理できる費用ってなかなかありませんからね。

 

郊外部の方はちょっと大変かもしれませんけどね。

 

いずれにしても大丈夫かどうかは、意味も無くお金がかかって実質的に見たらよいことではないかもしれませんが、車を売る前にレンタカーを利用して確認してみるのが一番お手軽に試すことが出来ます。

 

維持費の節約効果も大きいわけですから、気になる方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

以上、「中古車とレンタカー:どっちが得?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】