一昔前なら軽自動車に乗るとなれば、多少我慢しなければいけないことも多かったですね。

 

車の室内が狭かったり、燃費が悪かったり、一番大きいのは世間的に肩身が狭いということはあります。

 

例えばトラックが道を譲れば譲った車からお礼をされるけれども、軽自動車が道を譲っても何もありません。(これは私が経験しております)

 

とはいえ、これは人間の本能によるもので、強いものには弱く、弱いものには強くするのは当然です。

 

さて、前置きが長くなりましたが現在でも軽自動車は多少世間的に肩身が狭いわけですが、過去よりもマシにはなっています。

 

過去よりもマシになっている状況で、男が軽自動車を選ぶならば人気なのはどれ?というところをみていきたいと思います。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

人気軽自動車の分類

車の高さ代表される車
スーパーハイト
  • タント
  • N-BOX
ハイトワゴン
  • ムーヴ
  • ワゴンR
スタンダード
  • ミラ
  • アルト
SUV・スポーツ
  • CR-Z
  • ハスラー
ワンボックス
  • バモス
  • N-VAN

 

今の軽自動車が「ある程度マシな車」になってきたのは、室内が大きくなり車の使い勝手が良くなったことが大きな理由です。

 

見た目の判断をするならば、車の高さに注目すれば良いです。

 

なお、SUVやスポーツ、ワンボックスについて、見た目などが気に入ったなら選ぶのもありです。

 

ただし、あまり車に詳しくないならば、SUVやスポーツタイプ、ワンボックスの軽自動車を選ぶ前によく考えるようにしてください。

軽自動車を選ぶときの要素:男性編

男性が軽自動車を選ぶときに絶対に外してはいけないのは、外観であり、つまりは見た目のデザインでしょう。

 

これにあわせて重要な要素を挙げてみます。

 

  • 見た目
  • 乗り心地
  • 積載量
  • 搭乗人数
  • 価格
  • 維持費

 

見た目については、説明したように最重要とするのは、やはり車でデートに出かけたときには、ダサすぎるのは問題です。

やっぱり見た目が大切

現在でも、軽自動車はデートカーとしては嫌!という意見も見ますが、バブル期や高度成長期のように経済的に強くない日本になってしまいましたから、これについてはある程度仕方が無いと女性側も多めに見てくれるものと考えています。

 

そうであっても見た目がダサい旧式の軽自動車では、さすがに不満も出るでしょうから、出来るかぎり新しい軽自動車に乗りたいものです。

 

乗り心地というのは、どちらかというと運転のフィーリングが優先されることが多く、試乗で非力に感じるならばターボ搭載車を購入することも検討するべきでしょう。

 

積載量は、キャンプなどアクティブに活動する方にはとても重要なことで、多くの場合にはシートアレンジによって、荷物を置くスペースを確保するのが一般的です。

 

他方、N-BOX+のように後部スペースがかなり自由にアレンジできる車も登場しています。

 

搭乗人数に関しては普通車と異なり、大人が4人というのはどんなに室内が広くなっても変わらないので、必ず確認するようにしてください。

 

なお、子供は3人で大人2人分であるので、家族で乗る分にはそれほど困らない場合もありますが、シートベルトの量は有事の際に困りますのでしっかりと準備したいものです。

 

ちなみに、家族持ちであれば特にスライドドアがあるかどうかも重要なポイントで、子供の乗り降りの際にはとても重宝するので選ぶ基準にしたいところです。

 

最後にお金がらみの車体価格と維持費についてです。

軽自動車はお金で得?

車体価格が、現在の軽自動車はコンパクトカーと同等か、それよりも高く付くことが多い現実があります。

 

これは、コンパクトカーの座を一部を除いて奪ってしまったために、軽自動車がその市場を獲得してしまったことが原因でしょう。

 

使いやすさはコンパクトカー以上、税金などについては普通車より優遇となれば、当然軽自動車を選ぶ人が多くなります。

 

重要なのは、確かに軽自動車のほうが税金などが安く、維持費の面で貢献してくれますが、車体価格が高いことも考慮に入れるべきです。

 

そのため、普通車であっても中古で買えば安く手に入り、総支出面で考えると実は普通車のほうが安上がりなんていうケースも少なくありません。

 

車体価格と車維持費は対応させて考えるようにしてください。

 

では、次に車体種類ごとに人気軽自動車をみていきたいと思います。

軽自動車が最近マシになってきた理由

近年、男性が軽自動車をファーストカーとして買うケースが増えてきています。

 

新車販売台数の半数程度が軽自動車というときもあったように、現在の日本自動車市場で重要な位置を占めているのは、軽自動車といっても過言では無いでしょう。

 

特に20代から30代にかけて支持を受けている軽自動車ですが、定年後に買う車としても人気があるようです。

 

ここで、過去にはあまり受け入れられなかった軽自動車がなぜ受け入れられるようになったのでしょうか?

軽自動車の歴史

過去においては軽自動車というと、日常の足として適当に乗れるセカンドカー的な位置づけであったり、経済的な理由から安価な軽自動車を選択するような傾向であり、どちらかというと消極的理由から選ばれる車という位置づけでした。

 

これは、軽自動車という規制がある中で、普通車と比べると小さくチープな印象を与える軽自動車は、できるだけ乗りたくない車に位置づけられていたことに起因するでしょう。

 

このように、軽自動車は我慢の車であったわけですが、2000年代に入ってからダイハツムーヴとスズキワゴンRが状況を変えました。

 

軽自動車でも、まだまだ広いとは言いがたいものの、生活に利用する分には問題ないほどの広さになりました。

 

その秘訣は、全高を高くすることで室内空間を広く取ることができるというアイディアでした。

 

現在はその流れがさらに加速して、全高も1700mmほどになっています。

 

こうなると、部分的にはコンパクトカーよりも広く感じることがあり、日常利用については全く問題ないサイズになりました。

 

さらに、外観もオシャレな車が登場して、特に特別仕様車やカスタムモデルなどについては、デザインも凝っている車が多いです。

 

このような背景から、軽自動車は我慢の車から日常の車へ、そしてコンパクトカーと変わらない状況になったことで、男性からも積極的に選択されるようになったのです。

なぜ軽自動車に乗っているとモテないのか?

過去においてはデートカーとして失格の烙印が押されてしまう軽自動車でした。

 

厳しいようですがやはり生活に余裕があるわけでなくてもデートの時ぐらい見栄を張ってほしいというのは、女性として当然の要求なのかもしれません。

 

ただ現在は皆がそのように考える時代でもありません。

 

軽自動車に乗っていても経済的で良いと考える女性も多く、その傾向は若年層ほど多い印象です。

 

というのも、2017年現在において30歳前後から20歳前後までは平成不況世代の人ばかりであり、デートであってもクーポンを使って節約しながら楽しむというのを当たり前に行う世代です。

 

そのため、一部の方を除けば、特に若年層ほど軽自動車に乗っている男とデートしたくないということはなくなっています。

 

ただ、「彼氏 軽自動車 別れたい」という検索キーワードがあることを考えると、依然として軽自動車を乗る男についてあまり良く思っていない女性がいることも事実です。

 

これは人の興味に個人差があるということですから悪く考える必要もなく、逆に気にしない人も増えてきているという点にも着目したいところです。

 

つまり、軽自動車以外の車であるほうがよいわけですが、軽自動車が極端にマイナスになるというわけではなく、むしろ男のスペックが要求されるのかもしれません^^;

 

前置きが長くなりましたが、このような流れを踏まえると男性が軽自動車をどのように選ぶべきかが分かってきます。

人気軽自動車は届出数で見る

人気軽自動車はどれか?というのは、売れた軽自動車を見るのがわかりやすいです。

 

2018年4月~9月軽四輪車通称名別新車販売確報 – 一般社団法人 全国軽
出典:全軽自協 https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushokaku/tushokaku-half-3162

 

これは2018年4月から9月までの軽自動車届出数(ナンバーを取得した数)ですが、人気軽自動車ダントツ1位はホンダN-BOXです。

 

2位はスズキスペーシアで、長所がわかりづらいこともあり近年は売れずにくすぶっていた印象がありますが、ここにきて売れている車となっています。

 

3位はダイハツタントで、大きな軽自動車をここまで有名にした立役者ですね。売れ行きなどは前年比から見てみると変わらないので、1位と2位が売れすぎなのでしょう。

 

それ以下についても前年比を見てそれほど大きな変動とは言えません。

 

実際に売れている車を見ると大きな軽自動車であり、近年の人気がある軽自動車というのはこの大型軽自動車であると言えますね。

ホンダN-BOXは男性向け軽自動車筆頭候補

N-BOX |タイプ・価格|N-BOX|
出典:ホンダN-BOX公式ページ https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/normal/

 

ダイハツタントは主婦層に向けて、主にセカンドカーとして使いやすい車としてのコンセプトが目立ちますが、N-BOXは外観から男性向けに製造販売された車であると言えます。

 

今回、人気軽自動車で男が買うならどれ?という趣旨についても、ある意味でホンダN-BOXが男性向け軽自動車の市場を作っているということもあります。

 

さて、N-BOXの弱点は燃費の悪さで、カタログ燃費であるJC08モード燃費はリッターあたり27kmしか走りません。

 

車体価格が高いということもありますが、人気がある車で強気の価格設定は当然のことです。

 

しかしながら大型軽自動車の他のモデルと比べても、どうしても燃費だけは悪くなってしまうわけです。

 

その点については、続く2位3位の車と比較してほしいと思います。

スズキスペーシアは地味だが欠点がない
スペーシア I スズキ
出典:スズキスペーシア公式 http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

スズキ車はなんといっても燃費が優れています。

 

この車でもカタログ値でリッター30km走ります。

 

また古くから軽自動車を作ってきただけあって、派手さはありませんが非常によく出来ています。

 

昨年以前はあまり売れている車という印象がなく、どちらかというと3番手以降の売れ行きだったのですが、2019年初頭には2位を獲得しました。

 

ハイブリッドモデルなど燃費が良いことに加えて、車体価格も良心的であることが車購入者にも分かった結果なのかもしれません。

 

あわせて多くの方の関心が車維持費にあることを思い出させてくれる結果となっています。

ダイハツタントは女性向け大型軽自動車

tanto
出典:ダイハツタント公式 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/02_grade.htm

 

スーパーハイトタイプの先駆的な存在であり、このクラスを代表する一台でしょう。

 

最大の特徴は横の柱をドアに埋め込んだため、間口の広いスライドドアです。

 

近年のダイハツは女性向けに作っている車が多く、タントもそのうちのひとつであり、N-BOXが登場するまでこのクラスの覇者でした。

 

間口が広いのでベビーカーなども簡単にしまうことが出来ます。

 

なぜ男性向けの記事に女性向けのタントを?と思うかもしれませんが、購入の決定権があるのは女性である場合が多いです。

 

つまり、愛妻家はタントを選んでしまうこともあるわけですね。

 

嫁が怖い?それならなおさらタントなのかもしれませんね!

 

逆に独身男性が買う車ではないといえるのかもしれません。(必ずしもダメというわけではありませんが・・・)

日産デイズは燃費が悪すぎ

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ
出典:日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html

ここまで1位から3位までの人気軽自動車はいわゆる大型軽自動車でしたが、4位はなんと少し大きめの軽自動車クラスである日産デイズです。

 

今までこのクラスの覇者はスズキワゴンRかダイハツムーヴだったのですが、2019年前期には勢力図が変わっていたようです。

 

もちろん日産は安全装備について標準装備であるなど、他のメーカーにはないサービスが特長なので、良い車だから売れたということなのでしょう。

 

ただし、軽自動車ユーザーが最も気にしているであろう燃費は、JC08モード燃費においてリッター23㎞とかなり悪いのが特徴であり、これは重量がある大型軽自動車よりも悪い燃費です。

 

このことは日産側もよくわかっているようで、あまりホームページでは主張してません。

 

軽自動車を選ぶならば維持費を気にするというよりは、そのときの流行りに左右されることも知っておかなければいけませんね。

ダイハツムーヴはバランス良し

【公式】ムーヴの新車価格とグレード|ダイハツ
出典:【公式】ムーヴの新車価格とグレード|ダイハツ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/02_grade.htm

 

ダイハツムーヴはさすが長く作ってきただけあって、総合力では最も完成された軽自動車のワゴンタイプです。

 

ただ、2018年初頭では日産デイズに抜かれている状況であり、ダイハツとしても驚きの結果であったと思います。

 

「ワゴンRならまだしも、まさかデイズに抜かれるとは!?」

 

正直、私もそう思います(笑)。

 

そんなダイハツムーヴは燃費も良く内装も無駄がありません。

 

すでに前のモデルで洗練されつくした印象ですが、逆にそれがつまらないのでしょうか?

 

現在のトレンドとしてはワゴンタイプの軽自動車は2番手人気ですので、積極的に購入しようと考える車ではないのかもしれませんね。

意外に売れてるダイハツミラ

【公式】ミライースの新車価格とグレード|ダイハツ
出典:【公式】ミライースの新車価格とグレード|ダイハツ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/02_grade.htm

 

現在はダイハツミラは「ミライース」という車で販売されています。

 

ミラは軽自動車の最も古い形を踏襲した車で、まさに「足のための車」という印象を持たれると思います。

 

さて、ここで一つ疑問が出ている方もいらっしゃるでしょう。

 

そう、この古い形の車が2018年上期の売れ筋6位というのはなぜか?と・・・

 

普通車でカローラが売れている理由と同じなのですが、おそらく法人需要であると考えています。

 

つまり、会社の営業車がこのミラを利用している状況であるということです。

 

一般の方がこの車を購入しようと考えるのはなかなか稀です。

 

特に新車でミラを買おうという方はほとんどいないはずで、購入しても中古で足として安く買うだけでしょう。

 

特に予算的な理由がない限りは、一般で利用する車はワゴンタイプ以上が、リセールバリューの点でもお得です。

完成されたワゴンタイプ「ワゴンR」

ワゴンR I スズキ
出典:ワゴンR I スズキ http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

 

スズキワゴンRはダイハツムーヴとともに、軽自動車市場を大きくリードしてきました。

 

ワゴンタイプの軽自動車として、ダイハツムーヴとともに、最も完成された軽自動車の一つです。

 

燃費も良く扱いやすい車であるために、足として利用する車では、ワゴンRほど適している車はないとも言えます。

 

ただし近年はあまり売れていない状況にあるようで、スズキとしてはスペーシアが何とか売れている状況で、肩をなでおろしている状況なのではないでしょうか。

 

ワゴンRは車自体悪くないのですが、最近はあまり売れていないようで、ある意味良い車が安く手に入る可能性が出てきます。

 

特に足で使う車として、中古車で安く出回ったときには乗ってもよいのではないでしょうか。

 

まあ、モテる車ではありませんけどね。

アルトがそこそこ売れている理由

アルト I スズキ
出典:アルト I スズキ http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

 

スズキアルトは軽自動車の最も一般的であり古典的な形をした車です。

 

そのため、今更この古い車を購入するというのは、予算的な都合がなければ買う理由はありません。

 

この車が2018年前期の売れ行き8位というのは、ダイハツミラと同じ理由で法人の社用車として使われているためでしょう。

 

燃費はJC08モードでリッターあたり37kmと良いですね。

 

ただし、モテる車ではありませんから積極的に買う車ではないでしょう。

軽自動車で人気なのはN-BOX

冒頭で軽自動車人気の変遷についてお話しましたが、さらにスーパーハイトモデルが登場した近年でいえば、女性がダイハツタントを家のセカンドカーなどで購入するようになり、男性がN-BOXでスーパーハイト市場に参入した背景があります。

 

そのような状況を考えると、カスタムモデルは別としても、N-BOXとタント・スペーシアを比べると外観が異なることが確認できると思います。

 

また、ハイトワゴンについても男性向けのものが多かったのですが、最近は両性に受け入れられるように個性が少ない車体デザインになることが多い印象です。

 

これらを考えると、男性が軽自動車を選ぶならば、ホンダN-BOXがオススメで、さらに人気の色についてですが、N-BOXは黒が人気ですね。

 

以上、「人気軽自動車「男が買うならどれ?」」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。