車をうまく動かすには重量以上のパワーが無ければいけないので、排気量と重量のバランスというのはとても重要です。

 

基本的には車体の重量が増えればエンジンも大きくなり適切なパワーが得られる状態にありますが、スポーツカーなどは軽くハイパワーなんていうこともありますので、一概に全て同じようには言えません。

 

ただし、近年のエコカーがらみで燃料消費量を減らすためにエンジンを小さくして、結果として力不足になってしまったという車も少なからずあります。

 

そういった状況を避けるためにある程度の目安をあげておきたいとおもいます。

燃費と車両重量

ここにあげるのはある一定の目安としてください。

排気量車両重量
1300cc1100kgまで
1500cc1200kgまで
1800cc1350kgまで
2000cc1600kgまで
2500cc1700kgまで

はっきり申し上げますが、これだけ見ても納得できるものではないかもしれません。

 

ここで私が言いたいのは重さに対して出力がないと車を動かすのが大変であることを申し上げたいということです。

 

ハイブリッドカーの場合には、モーターで駆動しますのでいくらかマシですがそうでない普通のガソリン車などはパワー不足を感じることが多いです。

 

欧州ではエンジンサイズを小さくしてターボをつけるというダウンサイジングターボ技術が確立されていますが、日本ではまだまだ限定的でどちらかというとハイブリッドカーを推している印象です。

 

次にターボを使って出力を補う例についてお話します。

ターボは燃料を食う原因の一つ

過給機とはターボのことで、過給するのは空気です。

つまり、大雑把な言い方をするならば、無理やりエンジンルームに空気を送り込んで燃焼室以上の出力を稼ぐというのがターボ技術というわけです。

 

過給機にはターボ以外にもスーパーチャージャーというものがありますが、今回説明するのはターボになります。

 

このターボ技術がなぜエコになるかといえば、同じ燃料から得られる出力を最大限に活用することが出来るからです。

 

先ほどお話した、エンジンを小さくしてパワー不足になるというのは、このターボ技術で補うことが出来るのです。

現在のターボ技術は省燃費寄り

欧州などではエコカーをといえば先ほどお話したダウンサイジングターボエンジンというものか、クリーンディーゼルエンジンを搭載した車を指します

 

近年、日本でも導入されるのではないかと話題になっていますが、お話が出てすでに1年以上の月日が流れています。

 

2016年にホンダフリードがダウンサイジングターボエンジンで登場するといわれています。

 

日本の車メーカーはハイブリッドエンジン派と電気自動車派、そしてディーゼルエンジン派に別れていますが、ホンダはハイブリッドエンジン派でした。

 

通常、異なる技術をいくつも採用することは採算上好ましくないので、避けるところですがダウンサイジングターボについても採用されることになりそうです。

 

ダウンサイジングターボについての詳細は別ページにて確認することが出来ます。

ターボ付きでも燃費が良い車もある

どうしても気がかりなのがやはりホンダがハイブリッド車以外にもダウンサイジングターボに手を出しているところです。

 

確かにホンダのハイブリッド技術はトヨタより劣るものの、それでも良い技術であることはかわりません。

 

ここで私が思うのはホンダはトヨタに対してハイブリッド技術で対抗するのが難しくなってきたので、別の技術にも手を出しているのではないかと考えています。

 

ユーザーにとっては良い車が選べるということについては良いですが、ホンダのダウンサイジングターボが冒頭にあげた、パワー不足のエコカーにならないことを切に祈るばかりです。

 

以上、「燃費を気にしすぎても損をする理由」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。