自動ブレーキの性能比較【軽自動車と普通自動車】

最近の車には標準装備であったりグレードによって選択できる安全装備として自動ブレーキ機能を備えて衝突回避支援機能がありますよね。

 

あの装備について少し考えて欲しいのですが、自動ブレーキはちゃんと止まれるのでしょうか?

 

次の動画を見てもらうと少し驚く結果が見て取れると思います。

 

もちろん、計測条件などを詳細に表示していませんから、あてになるかどうかはわかりませんが少なくとも不安にはなります^^;

そして重要なことは、安全装備にも安価なものと高価なものがあることです。

 

動画でいえば、スバルのアイサイトなんていうのは高価な自動ブレーキ機能になりますね。

 

アイサイトはすばらしいにしても、止まれていない自動ブレーキに意味はあるのか、ちょっと疑問に感じてしまいます。

 

今回は、自動ブレーキ機能について安価なものと高価なもの、値段によって相当変わってくるということをみていきます。

安価な自動ブレーキ機能の場合

安価なものですから、そこまで性能が高くないのは想像通りです。

 

とはいってもユーザーが気にするのは使える場面が限られているということでしょう。

 

実際に性能も高いものと比較したら低いとなりますが、機能的な側面以上に気になることはありません。

 

さて、安価な自動ブレーキの衝突回避支援機能は赤外線レーザー方式を採用しています。

 

これは時速30km以下で機能するもので、値段としては2万円~4万円ぐらいのものとなっています。

 

最近では軽自動車にこのような安全装備が搭載されますが、そのときのシステムが赤外線レーザー方式のものとなります。

 

高価なものは高いので、安価なもののほうがユーザーも助かることでしょう。

 

それにどんな限られた場面であっても実際に危険なときに支援してもらえるのは嬉しいことです。

 

ここでは、発動条件が限られていることと低コストでつけることが出来ることを確認できればよいでしょう。

高価な自動ブレーキ機能の場合

次に高価なものです。

まず機能する範囲ですが、高速域までカバーすることが出来、前方の監視・または併走する車両も検知できるタイプもあります。

 

高価な自動ブレーキ機能にはミリ波レーダー方式またはカメラ方式が採用されています。

 

価格は前方を検知できるものが8万円~15万円、併走する車も検知できるものが20万円~35万円となります。

 

このようにかなり高額になるため、軽自動車のような車には搭載されずもっぱらミドルクラス以上の車に搭載される安全装備となります。

 

いつでもどこでも人間をアシストしてくれる高価な自動ブレーキ機能はある程度の車に搭載されるものとしてステータス性とともに安心を届けてくれることでしょう。

自動ブレーキ安全装備に対する私の私見

私は高速域で機能されるとスピンしたりするのではないかと思ってしまいますね。

 

しかしながらそういった心配も問題ないのでしょう。

 

そんなことが起こる機能なら安全装備といえませんしね。

 

いつなんどき何が起こるかわかりませんから、安全装備が搭載されていないよりもされているほうがよいでしょう。

 

運転をよくする私でも危うく感じることはたびたびあります。

 

運よく何事もなく過ごせていますが少し間違えばいつでも事故を経験するとしてもおかしくありません。

 

そんななか安全装備があるということだけで少し安心できそうな気がします。

 

ただし、一度機能しているところを経験しないといけませんけどね。

 

赤外線レーダー方式のテストならまだしも、ミリ波レーダーやカメラタイプのもので高速域でテストするのは少し怖いですよね^^;

 

どうなってしまうのでしょうか?

自動ブレーキ安全装備まとめ

まず付いているならついているでやはり安心できますね。

 

人間はいつ間違った操作をするかわかりませんから機会がアシストしてくれるとなるとなんだか安心です。

 

ただし、どのような形で動作するのかチェックできるならしたほうがよいでしょう。

 

意図しない状態になってしまうことは非常に危険です。

 

自分の車についている安全装備がどちらのタイプか確認して、使える場面を想定することが本当の安全につながるのではないでしょうか。

 

赤外線レーダー方式のものでも駐車場の中を走るときなどは非常に重宝しそうです。

 

ただ誤作動とかなければよさそうですね^^;

 

こういった機能は誤作動がどうしても気になりますよね。

 

その場合の責任とは一体どなたにいくのでしょうか。

 

まだまだ誰もが自動運転などの未来を見るのは技術的にも法律的にも難しそうです。

 

以上、「自動ブレーキの性能比較【軽自動車と普通自動車】」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 自動ブレーキ比較と事故責任について
    自動ブレーキはそれほど信頼してよいシステムではないということは既にあなたもご存知ですね。   これは必ず止まるものではなく、「運転補助装置」という扱いなので動画を見たら分かると思いますが全…
  • 車ブレーキの効きが悪いとき
    「あれ、最近ブレーキ踏んだ感覚がおかしいぞ!」   車に長く乗っているとそんな感覚を覚えるときがあるでしょう。   実は私、しょっちゅうあります^^;   多くは勘違いな…
  • 車査定のときに影響するグレードの選び方
    「買いたい車は決まって後はどのグレードにするか・・・えっ!グレードってこんなにあるのか!」   車によってですがグレードは非常にたくさん設定していることが多いです。   それはさま…
  • 車オプション種類と値引き
    あなたは車のオプションをどのように選んだらよいか、悩んだことはありませんか?   車を買うときにはオプションのほかにもグレードだったり、色だったり選ばないといけないことはたくさんあります。 …
  • ブレーキが効かない故障車を売ってもよいか?
    よくある質問シリーズで、今回は故障車の売却になります。   まずは、質問本文からみてみましょう。   [su_note note_color="#f2f2d6"]   Q…