最近はミニバンブームでセダンはあまり人気がないですね。

 

日本のメーカーは欧州向けにセダンを作り始めてだんだんと仕様も欧州モデルばかりになりました。

 

欧州モデルは基本的にボディーサイズが日本のものよりも大きいです。

 

日本のナンバー基準においてはいわゆる「3ナンバー」という税金が高い区分のものになりますね。

 

そういった欧州向けのモデルは走行性能が高いものが多いです。

 

今回はボディーの大きさが運転に与える影響について考えていきましょう。

 

⇒エンジン排気量の大きさと車体の重さとの関係はこちら

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

ボディーの大きさは走行性能と運転のしやすさのトレードオフ

私は欧州向けのモデルが好きです。車は綺麗に走らせるものであると思っていますので、コーナリングでロールしているミニバンは運転したくありません。

 

トラックにおいてはまた話は別ですが、乗用車でふわふわしたフィーリングは嫌いです。

 

欧州向けのモデルには高い走行性能があります。というより欧州の車というのは走行性能が高いものがブームであるといえるのではないでしょうか。

 

もともと、日本でもセダンは車の基本形だったのですが前途のように街ではミニバンばかり見かけるようになりました。

 

確かにミニバンの居住性と輸送能力はすばらしいものがあります。

 

ただ、スポーツ走行するわけではありませんがやはり車は気持ちよく走らせたくないですか?

 

そういった車を選ぶ基準として全長が長い車は走行性能が高い車である可能性があります。

 

反面、ボディーの大きさは運転のしやすさに悪い影響を与えるでしょう。

 

小さい車のほうが運転は楽ということですね。

 

日本にはいわゆる「5ナンバー」の制限があり、基準内であれば税金などが安くなるというものがあります。

 

3ナンバーよりも5ナンバーのほうが経済的に優れていますから、5ナンバーのほうが流通していますし実際に多いでしょう。

 

運転のしやすさも基本的には5ナンバー車のほうが運転し易いことが多いですね。

日本と海外にみる運転が楽な車の違い

日本において車の運転とは、短距離の運転や、狭い道、混み合う市街地を走ることが多い状況です。

 

つまり、泊りがけのレジャーで車を利用するケースでなければ、車を複雑な地形で操作する必要性があり、陸上スポーツで例えるならば短距離や障害物走に似ています。

 

対して、海外では主に長距離を走ることが多く、陸上スポーツに例えるならば持久走であり、このようなときには楽に運転できる車の定義が異なってきます。

 

日本では、周りを見ながら操作をしなければいけないために、視界が確保されているかどうかや、車は大きすぎないほうが運転しやすいはずです。

 

海外では、長距離間をほとんど止まることなく走るようなケースが多いので、例えば高速安定性が必要であったり、車の部分でいえばホイールベースが長いほうが、快適に走れることも多いのです。

 

ドイツ車を見てみると、直進安定性が高い車が多く、車体も比較的日本の車よりも大きいですね。

 

もちろん日本でも、高速道路のようなロングドライブをするならば当然、海外と同じ条件のほうが有利ですが、結局どこかで市街地を走るのでなかなか運転が楽な車選びが難しいです。

 

余談ですが日本ではドイツ車というと、メルセデス・ベンツやBMW、アウディーなど高級車のイメージですが、本国では日本におけるトヨタのような大衆車メーカーで、フォルクスワーゲンなどはそのままの意味で「大衆車」というメーカー名です。

 

そして、海外メーカーは日本では高い価格設定をしているだけなので、確かに高価格で高性能というイメージですが、一概に高級車とは言えない部分もあるかもしれませんね。

走行する地形も重要

運転のしやすさはシチュエーションも考える必要があります。

 

例えば雪道であれば、4WDの車でなければ運転が面倒ですし、最悪FFの車が望ましいでしょう。

 

また、起伏が激しい山林遅滞であれば、ターボ車などのパワーがあるか、ディーゼル車のようなトルクがある車のほうがよいです。

 

他方、大人数を乗せて運転するならば、3列目シートが使いやすいミニバンが望ましいなど、車を楽に使うというのもシーンによってかなり別れてくるものなのです。

 

そのため、先ほどの長距離・短距離の運転にあわせて、あなたが車を利用するシーンを想定して車を選ぶ必要があるのです。

 

そのうえで運転が楽な車とは何かを考えることが出来るでしょう。

運転が楽な車の条件とは

私は過去に4tトラックの運転手を1年間やったことがあります。

 

そのときの自家用車がスポーティーカーだったのでお世辞にも運転し易いといえない車からトラックの運転は後者のほうが非常に楽でした。

 

ボディーの大きさでいえばもちろんトラックのほうが数倍大きいでしょうけど、注目して欲しいのはポジションです。

 

自家用車のスポーティーカーはスカイラインという日産の車で車高が低く、バケットシートという特殊なシートをつけていたのであまり視界がよくありませんでした。

 

対してトラックはほとんど全ての場所を見渡すことが出来ます。

 

私のトラックは1世代前か2世代前のものでしたが、後方カメラがついていたのでほとんど死角はありませんでした。

 

視界が良いのと悪いのとではボディーのサイズ以上に運転のしやすさに影響を及ぼします。

 

だから運転が苦手だという方はぜひポジションが楽な車を選ぶことをオススメします。もちろんボディーサイズが小さいほうが運転はしやすいです。

 

あと、座るポジションも楽すぎる姿勢は運転しづらい印象です。

 

しっかりと視界が取れるポジションで運転するほうが最終的にも体のためになります。

 

シートのポジションも見直してみるとかなり変わってくるのではないでしょうか?

 

特に運転が苦手な方は、視界をしっかり確保できるようにチェックしてみるとよいでしょう。

 

思わぬ発見に車を運転するのが楽しくなりますよ。

 

教習所を終えて免許を取得したときのように^^

 

以上、「運転が楽な車の選び方」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス