冬場に暖房が故障してしまうと、快適では無いというレベルを超えて車を利用することを考えてしまうほどですね。

 

症状としてもすぐに温まらないなんていうものから、ずっと冷たい風が出てくるなんていうものまで様々で、近年の車電子制御によるオートエアコンの故障によっても変わってくるでしょう。

 

さて、DIYで出来る人はさておき、そうで無い方をこちらではお話の対象にしています。

 

そのため、なんだか最近暖房が効かなくなった気がする程度から明らかに暖房が使えないが原因がつかめないという方は、こちらでその原因を確認してください。

 

まずは、修理金額の確認からどうぞ。

修理費の幅は5000円から100000円

調査した結果、結構な出費を覚悟しなければいけないような状況でした。

 

というのも、1個だけの不具合ならばもう少しリーズナブルなわけですが、複合的に問題が発生していたとしたら、多くの修理費用がかかるからです。

 

業者や部品の状況によって、修理費は大きき変わってくるので、目安としてご利用ください。

故障箇所

修理費目安(円)

サーモスタット

1万

ラジエーター

4万

ヒーターコア

7万

ヒーターファン

2万

ヒーターバルブ

1万

ウォーターポンプ

3万

水温センサー

5千

ヒーターホース

3万

冷却水循環系

2万

冷却水(クーラント)

5千

カーヒーターの診断

1万

このように、パーツ単位での不具合が個別に、または複合的に発生することから、車の暖房が効かなくなります。

 

ただ、カーエアコンとに比べて暖房はそれほど複雑な機構になっていないことを考えると、うまくすればそれほどお金がかからなくて済みます。

 

しかも、エアコンの場合にはエアコンガスなどの影響もあって割りと不具合が多いのですが、暖房はそれほど不具合が起きない仕組みとなっています。

 

そのため、故障はどちらかというと起こりにくく、故障がわかったときには5千円ほどで修理できるような場合と10万円近くかかる場合があるように、ちょっと両極端な性格を持っています。

そもそも暖房はどういった仕組みで動いているのか

車の暖房システムはエアコンに比べるととても簡素な作りになっています。

 

詳しくいうのはここの趣旨ではないので、簡単に説明するとエアコンが熱を奪うことによって空気を冷やし、それを車内に送り込んでいるのにたいして、暖房はエンジンの熱を冷やすついでに車内に風を送り込んでいるのです。

 

電気自動車やハイブリッド車についてはまた少し変わってくるわけですが、一般的なエンジンは稼働によって当然に発熱しますので、暖房はエアコンに比べてとても都合がいいシステムなのです。

 

ここまでみてきたように暖房は車を使うことによって、必然的に出てきた熱を利用しているので、壊れるということはめったに無いし、壊れてもたいしたことが無い場合が多いのはこれが理由です。

 

つまり、熱するという機能ではなく、その他の補助機能について故障していることが暖房が効かない、または故障する理由となります。

最近の暖房故障の原因で多いのは?

こんな状況ならばなぜ高く付くケースがあるのか疑問に思う方も少なくないはず。

 

しかしながら、高く付く原因は確かに存在します。

 

その最たる原因は近年のハイテク化によるものです。

 

ただエンジンから送風しているだけならいいのですが、オートエアコンなどのセンサーやコンピュータを使ったものについてはこの誤作動や故障が時として大きな欠陥を招きます。

 

しかも、意外にこのコンピュータがよく故障するために、ただエンジンの熱を送ればいいのにそうしない状況で故障してしまうわけです。

 

これが近年でよく暖房が故障する理由で、しかも修理費が高く付く原因です。

 

その他の理由としては、ただワイヤーや配線の不備があってつなぐだけど直るケースや、そもそもエンジンが冷えすぎて暖房機能が働かないなんていうこともあるでしょう。

 

とはいえ、近年の車暖房故障ケースで困るのはオートエアコン関連です。

意外に安く済むことも多いのでまずは専門家に見てもらう

さきほどいったようにただ配線の都合で、つなぐだけで直ったりするのも暖房故障の原因のひとつです。

 

そうなると、簡単にすぐに安く、修理することが可能なので、悩むよりはカー用品店やディーラーで暖房が効かないことについて相談したほうが良いでしょう。

 

また、オートエアコン関連については暖房はもちろんのこと、冷房についても影響が出てきますから高く付きますが修理が必要です。

 

ただし、気をつけて欲しいのがここまで見てきたように修理費に結構な幅がありますので、高い費用を請求する業者というのは残念ですが存在するようです。

 

ですので、心配な方はディーラーで、ほどほどに心配する方はカー用品店を依頼するのが安全なのかもしれません。

 

もちろん、これらにしても高いと感じるならば他の店舗で見積りを取ってみると驚くほどに安かったりしますので、高額な修理費を吹っかけられないように気をつけてください。

 

以上、「車の暖房が効かないと感じたときはこちらで原因を確認」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

あなたは、毎月余計にお金を払って
損をしているかもしれません!

自動車保険は、補償内容は同じでも会社やタイミングによって保険料が異なることをご存知でしょうか?

 

払いすぎている保険料は、見直しすることで節約することができ、平均3万円ほど、また5万円以上節約できる場合もあるから驚きですよね!

 

あなたが自動車保険料について節約したいと考えるならば、定期的な試算をすることをオススメします。

 

試算方法を確認する【利用無料】

自動車保険バナー

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<