車は短く乗り換えるよりも長く乗っていたほうが経済的には得です。

 

⇒車買い替えは短いほうが良い?長いほうが良い?

 

そのため、車保有で一番得をするには、中古車でよい車を購入してそれを乗りつぶすことでしょう。

 

買い替えのたびに業者に利益を払ったりすることで、車を利用するという意味では無駄なコストを払ってしまいますからね。

 

とはいえ、これは実質的ではありません。

 

車というのは乗っていると飽きてくるものですし、整備費用も当然に新しい車よりも古い車のほうがかかります。

 

このことを考えてみると、実質的に車は何年乗ることができるのかということを考える必要があります。

 

こちらでは、金額的な面や耐久性、その他気分がもつかどうかについてお話していきたいと思います。

車は何年乗ると価値0になる?

まず考えてみたいのは、新車登録から10年経過で車の価値はなくなってしまうのかということです。

 

車を売るのなら10年経過すると査定額が0円となっていますが、価値が0ではありません!査定が0円です。

 

つまり、価値はあるのです。

 

よくよく考えれば分かることですが、動く車について価値がないというのはちょっと言い過ぎであり、廃棄処分の費用をリサイクル料金で払っている以上、価値がないということは考えづらいことです。

 

とはいえ、査定を行うのは中古車買取業者であり、彼らは車を転売することで利益を得ているわけですから、市場価値がない車を高く査定することはできません。

 

転売するとしても大きく利益を上げるのが絶望的なので、買取を行う査定額としては0円なわけですね。

 

もちろん、これは車種によって変わってくるのは言うまでもありません。

車種によって古い車も価値あり

スカイラインGT-Rなどの車は古くても一定の人気がありますので、相場が安定しています。

 

対して、軽自動車やコンパクトカーなどは市場価値が時の経過などの影響を受けやすく、古い車よりも新しい車のほうが良いのでしょう。

 

車種によって相場が異なるのは仕方ないとしても、10年で一律査定0円のような区切り方はどうにかならないかな・・・と思います。

 

というのも輸出などを考えると価値を付けることが可能だからです。

外国で人気の日本車

国内では残念な結果ですが、海外では日本車は古くても動かなくても人気があります。

 

家の近所にある車スクラップ広場を見るとなんていうと思いますか?

 

日本の人は、

 

「ゴミ捨て場を近所に作らないでくれよ・・・」

 

海外の人は、

 

「うわー、お宝の山だ!」

 

この差は車をパーツ単位で価値を見出すか、それとも一体としての価値を見るかによって変わってくるのでしょうけれども、それ以外にもありますよね?

 

そんなわけで、日本では乗らなくなった、売れなくなった車は海外へ輸出して再利用されています。

 

特に東南アジアとロシアで人気があります。

整備すれば10万km以後も余裕!

車は10年経過もしくは10万kmを超えたらもうダメ!みたいな風潮がありますが、実はそんなことはありません。

 

先ほども申し上げように査定が0円になるだけで、価値が0になるわけではありません。

 

ただ、10万kmを迎えたら普段交換しないようなパーツのメンテナンスが必要になります。

 

タイミングベルトであったりウォーターポンプであったり。

 

ブレーキ類もチェックしたいところですね。

整備の際に特に見たいところ

これらに共通することは大きな事故や故障に発展しそうなところを重点的にチェックするということ。

 

タイミングベルトやウォーターポンプが故障するとエンジンが壊れます。

 

ブレーキ類がダメになると致命的な事故が起こる可能性があがってしまいます。

 

致命的なリスクについてカバーしなければいけないので、メンテナンスコストも割高になるというわけです。

 

このメンテナンスコスト増大と、車買い替えのコストを比べるというのがある意味で、車が何年乗れるかということを考えるうえで重要です。

故障が増えたら買い替えを検討する

古くなってくるとメンテナンス場所が増えてくるのも事実。

 

人間と一緒です。

 

最終的には交換するのが面倒だったり、困難なパーツが故障すると買い替えとなります。

 

これも人間と一緒ですね。(あんまり考えたくないですが^^;)

 

エンジンが故障したら載せ換えてもよいですが、50万円以上の費用となりますので大体の方は乗り換えます。

 

また大きな事故をしても買い替えのタイミングとなるでしょう。

事故が買い替えのきっかけに

なぜ事故が原因になるかといえば、車のパーツで唯一交換できないところがボディーの骨組みなのです。

 

現代の車はモノコック構造という骨組みを採用しています。

 

これは特定のフレームを持たずに、ボディー全体で車を支える構造です。

 

このモノコック構造、一度故障すると完全に元に戻せません。

 

つまり交換が出来ないのです。

 

対してラダーフレーム構造という、骨組み自体が別に有る場合には、その外側を交換したり、フレームごと交換したりすることが出来ます。

 

中古車情報に「修復暦」という項目があるのは、このモノコック構造に損傷があるかどうかというものです。

 

一生直せないわけですから、価格低下してしまうのは当然ですね。

 

そのため、モノコック構造を大きく破損してしまうと車がまっすぐ走らなかったり、音がうるさくなったりします。

 

車の買い替えのタイミングになりますね。

7年乗っていると乗りつぶすことが多い

車を買い替える要因は何もハード面だけではありません。

 

あなたの気分も重要なのです。

 

例えば、職場で昇進によって外車に乗り換えたなんていわれて、見せ付けられたらどうでしょうか?

 

そのときにお金が無いならばまだしも、あなたも昇進してお金があった、もしくはローンを組む余裕が出来たときには車が欲しくなるものです。

 

これも7年を超えると収まるといわれています。

 

なぜかといえば、車を売ってもそれほど価格が付かなくなるからです。

 

10年で査定額が0円ということですが、7年が最終ラインです。

 

ここを超えると10年0円査定にまっしぐらですね^^;

 

最後の分岐点が7年というわけです。

車は何年乗ることが出来るのか:まとめ

最後に私から意見を申し上げます。

 

乗り換えは登録後、3年か7年がオススメです。

 

なぜかといえば、まずこの時期に車検を受けなければいけないこと。

 

そしてこの時期が一番、車の価値が敏感になります。

 

登録後3年以内が最も車が高く売るのに適しています。

 

反面、7年目は車を売るならここが最後のラインとなります。

 

これを超えるともう乗りつぶしたほうが良いでしょう。

 

高く売れる可能性が高い3年、最後の車を売るチャンス7年。

 

じゃあ5年は?という疑問があるでしょう。

 

5年って中途半端なのですよね^^;

 

むしろ、5年でイライラしてくるのは買い替えたいという気持ちのほうが強いのではないですか?

 

人は理屈でどうにもならないときがありますから、買い替えたいという衝動が抑えられないなら5年も良いと思いますよ。

 

まあ、そんな衝動があるなら3年目で買い換えるほうが良いですけれどもね^^;

 

お役立ていただけたら幸いです。